現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第485回 「現在の相場は<需給要因>で円高になっている」
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2017年1月12日

第485回 「現在の相場は<需給要因>で円高になっている」

ドル/円はドル買いトレンドがピークアウトして調整相場に

2016年12月15日の 「強気相場だが12月は利食いの月か?」に始まって、12月29日の「円相場は調整局面入り、年明け後の米国株式相場は下落を回避できるか?」というレポートまで、筆者は「12月はいったん利食いの月である」と述べ、ラジオ等では「クリスマスまでにいったん利食いを!」と申し上げてきた。

「2017年の1月はトランプ相場が期待から現実に変わる月である。特にドル/円は3年連続で1月に急落(円高転換)しているので警戒は怠れない。1月の相場反転には注意したい」と述べてきたが、やはり、1月は円高になった。ドル/円は1月11日に114円23銭まで下落している。

ドル/円(月足)と1月の相場転換
円安転換=青・円高転換=赤 3年連続円高に転換

(出所:石原順)

ドル/円(日足)の200日エンベロープのカイリ率をみても、ドル/円(月足)のフィボナッチファンラインをみても、「目先は年末相場でいいところまでやったな・・」というのが現在のドル/円相場なのである。

ドル/円(日足) 200日エンベロープ±10%(青)・±15%(赤)

(出所:石原順)

ちなみに、ドル/円(月足)のフィボナッチのファンラインは相場の上げ下げの反転ポイントを明確にとらえてくれているが、これは相場の科学というよりは芸術である。芸術であるがトレンドラインと同様に相場の実践的アプローチとして使えるので、このラインの引き方は、今後、セミナー等で機会があれば紹介したいと思っている。

ドル/円(月足)とフィボナッチのファンライン

(出所:石原順)

トランプの記者会見は肩すかし?むしろ、現在の円高は需給要因であろう

トランプ次期大統領は昨日、昨年 11 月の大統領選の勝利演説以降という久しぶりの記者会見を行った。市場には財政出動・減税・規制緩和といった景気刺激策への言及期待があったようだが、肩すかしに終わったようだ。欧州時間にトランプ期待でドルを買ったイベントドリブンファンドが、NY時間に投げたというのが、昨日の乱高下相場の実態である。1月 20 日に行われるトランプ大統領就任式後の就任演説も同じようなパターンになるかもしれない。

トランプが多少経済政策に言及したところで、具体的な材料でなければ、それらはもう織り込み済みの材料なのである。なぜなら、米長期金利は新債券の帝王ジェフリー・ガンドラックの予測通り、調整に入っているのである。

米10年国債金利(日足) グレートローテーションも調整相場
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

12月22日のレポート「ラリー・ウィリアムズの米国株とドル/円予測」で、ラリー・ウィリアムズの円高予測を紹介したが、彼は1月4日の【ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)】でも、「日本円通貨先物は珍しい状況になっています。黒線の取組高がかなり高く上げてきていますが、日本円は大きく下げてきています。一貫性なく、日本円通貨先物の取組高と価格の動きが不規則になっています。しかし、この状況に惑わされてはいけません。COT レポートの緑線の一般投資家がかなり売り込んでいます。以前もこのように状況が確認されています。一般投資家が大量のポジションを抱えていて、ポジションを抱えたまま吹き飛ばされるとマーケットが転換します」と述べ、円高転換を示唆していた。

シカゴIMM日本円通貨先物(日足)

(出所:ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)1月4日・著作権の関係で画像の一部を隠しています。)

シカゴIMM 投機筋(ノンコマーシャル)の円のポジション (1月3日現在 CFTC発表) 円の売りポジションが溜まっている・・

(出所:石原順)

現在の円高にあれこれ後講釈がされているが、特段のドル売り材料が出ているわけではない。現在の相場は<需給要因>で円高になっているのである。

変動幅に注意したい現在の調整局面

トレンドの有無を判定するという相場認識のテクニカル・ツール(道具)で最も優れているのは、「標準偏差ボラティリティ」と「ADX」という指標である。現在のドル/円の日足相場を観察すると、「標準偏差ボラティリティ」と「ADX」が両方下落基調にあり、円高トレンドが出ているわけではない。

「標準偏差ボラティリティ」や「ADX」がピークアウト(天井をつけ下落)すると、トレンド期とはやや逆方向にバイアスがかかった「横這いレンジ内での乱高下相場」となりやすいが、今のドル/円はそうした調整相場に入っていると思われる。

注意しなければならないのは、調整相場と言っても、その前の買いトレンド相場で101円20銭から118円59銭まで17円39銭も上げた相場なので調整幅が大きくなる可能性があることである。

ドル/円(日足) 調整相場
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

今、投機筋が注目しているのは、ドル/円が調整過程や1月月足の終値(NYクローズ)で20か月移動平均線を維持できるかどうかである。仮に20か月移動平均線を割り込むような相場になると、シカゴ1MMの円のポジションが円売りに傾いているため、思わぬ急落にも注意が必要となろう。

ドル/円(月足) 20か月移動平均線と相場の転換

(出所:石原順)

ドル/円の調整が大きくなるか軽微で済むかは、米国株の行方次第だろう。米国株がそんなに下げないのであれば、大きな調整は回避できるだろう。現在のドル安は短期的な動きで、長くとも2月いっぱいくらいで終了すると思っている。おそらく今年のドル/円相場は、年前半は堅調に推移するのではないだろうか?しかし、年後半の円高反転には注意が必要かもしれない。

NYダウ(日足) 調整相場
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)

(出所:石原順)

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)