現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第465回 「当り屋ラリー・ウィリアムズの警鐘と9月相場の見通し」

「外為市場アウトルック」一覧へ

2016年8月25日

第465回 「当り屋ラリー・ウィリアムズの警鐘と9月相場の見通し」

現在の株価堅調(バブル延命)の背景は?

日・欧の金融政策の限界が指摘されるなか、株式市場は表向き堅調な動きを続けている。中央銀行バブルと言われる現在の相場は、追加緩和という流動性をどこかの中央銀行が供給しないと相場の急落が起きかねないが、現在の株価堅調(バブル延命)の背景には、「緩和拡大の日銀と欧州中銀にEU離脱問題を抱える英中銀が加わったことが影響している」と、運用者は口を揃える。

ただ、英中銀が日・欧のようななんでもありの量的緩和再開に動くとみている運用者は少ない。日・欧の量的緩和拡大やマイナス金利政策の限界が露呈しているなか、中央銀行バブルを1~2年延命させるには米国の量的緩和再開(QE4)しかないが、その米国は次の金融危機に利下げで対応したいことから、利上げを模索しているのが現在の状況だ。

ジャクソンホールから9月いっぱいの相場は波乱含み

中央銀行が値付けをしている現在の中央銀行バブル相場では、中央銀行の政策が長くマーケットテーマとして横たわっている。こうしたなか、今週、8月26日(金)に予定されているジャクソンホール(米北西部のワイオミング州)でのイエレンFRB議長の講演に注目が集まっている。ファンドもそれまでの間は様子見だ。海外メディアの報道では、米連銀はジャクソンホールでの討論会で、米日欧の中央銀行の追加緩和余力の低下について議論するという。

米国がQEを止めた今、日・欧の追加緩和がバブルを支えているが、日本がマイナス金利やQEを縮小するのではないかという観測が出ている。日本がQEを縮小すると米国市場も危険が増加する。欧州もドイツの反対でこれ以上の追加緩和が難しくなっている。出口を模索する米国としては利上げを急ぎたいはずだ。

9月利上げはなく12月の利上げは半々というのが市場のコンセンサスである。しかし、ここにきてダドリーNY連銀総裁、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、スタンレーフィッシャーFRB副議長が利上げの観測気球を上げている。イエレンに近いウイリアムズやダドリーが観測気球を上げたことで、玉虫色の発言しかしないとタカをくくっていたファンド勢も、イエレン議長によるジャクソンホール講演(タカ派的だったハーバード大学での講演の再来も・・)に警戒しだしたようだ。あのイエレンだからバブルを延命させる内容になるはずだという楽観報道から、目先はまだ「いいとこ取り相場」が続きそうだ。しかし、9月相場には注意が必要だろう。

最近、ポジショントークにせよ、米国の著名投資家が相次いで相場の下落を予測するようになっている。「この環境下では債券や株式への投資は好ましくない。土地や金のような資産が好まれる」(債券の帝王ビル・グロス)、「全てを売れ。良さそうなことは何もない。投資家は何も間違っていないと催眠にかかっているようだ」(新債券の帝王ジェフリー・ガンドラック)と、かなり悲観的な見通しが多い。

最近、元FRB議長のグリーンスパンが金利上昇の警告を発し始めた。現在のバブル相場はすべてのバブルを異常低金利が支えているが、「Greenspan `Nervous' Bond Prices Too High as Treasuries Sell Off」というブルームバーグの報道では、「現在は、スタグフレーションの極めて初期の状態にあることは間違いない。デフレからスタグフレーションへの劇的な転換が起こる可能性が高い。日本もいずれデフレからスタグフレーションに転換しそうだ」と述べている。グリーンスパンは、「量的緩和は金融崩壊によってしか終わることができない」と言い、ここ数年のうちに金融崩壊がおこると考えているようだ。

グリーンスパンの警鐘と連動するように、ドイツ銀行の空売りで110億円を稼いだと言われるG・ソロスは、ゴールド関連への投資や米国の株価指数に連動するETFのプット(売る権利)の買いに動いていると報道されている。市場参加者の多くが手の届かない情報に接することができ、金融当局のインサイダー情報に精通しているG・ソロスのポジションや警告は傾聴に値するとファンド勢は警戒を強めている。

今日は日銀のETF買いが出るのか?

日本株の市場は開店休業状態だ。夏枯れ相場と市場の自律的な価格形成を歪めるPKO依存の副作用で、海外勢も日本株の上値を買わなくなってしまったので、16500円±300円くらいのレンジでいつもうろうろしている。市場参加者の焦点は、「今日は日銀のETF買いが出るのか?」という一点だけになってしまっている。

日経平均(日足) 相場はエンベロープのど真ん中、日本株の市場は開店休業状態
上段:1日の真の値幅=TR(赤)・14日ATR(青)
下段:25日エンベロープ±5%(赤)・±10%(青)

(出所:石原順)

日経平均の週足は14週修正平均ADXと26週標準偏差ボラティリティがずっと低下傾向を続けている。これは市場が膠着しボラティリティが低下していることを示唆しているが、ここまでボラティリティが低下してくると、そろそろ次のトレンドの発生に注意が必要だろう。相場に強いトレンドが発生する兆候は、標準偏差ボラティリティとADXの2本のラインが低い位置から一緒に上昇する場面である。

日経平均(週足)
上段:14週修正平均ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21週ボリンジャーバンド2シグマ(赤)・3シグマ(緑)

(出所:石原順)

当り屋ラリー・ウィリアムズの株式市場予測

著作権の関係で詳細は延べられないが、米国株に強気で、米国株の予想では非常に精度の高い予測を発信しているラリー・ウィリアムズも、「日本株も米国株も9月はサイクル分析から下げ相場になる可能性が高い」と指摘しており、9月相場には注意が必要であろう。

「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日
日経平均(日足)
*著作権のため画像の一部を隠しています

(出所:「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日)

「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日
日経平均(日足)
*著作権のため画像の一部を隠しています

(出所:「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日)

「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日
日経平均(日足)
*著作権のため画像の一部を隠しています

(出所:「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日)

「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日
S&P500(日足)
*著作権のため画像の一部を隠しています

(出所:「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日)

「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日
NYダウ(日足)と2016年のフォーキャスト
*著作権のため画像の一部を隠しています

(出所:「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析」(ラリーTV)8月22日)

相場が200日指数平滑移動平均線を超えない限りドル/円相場は戻り売り戦略が有効か?

米国がドル安政策を打ち出している2016年のドル/円相場では、相場が200日EMA(指数平滑移動平均線)を超えない限り、ドル/円の戻り売り戦略が有効だと考えている。ドル/円のストキャスティクス5.3.3のフィルター付きシグナルで、7月21日にドル売り(円買い)シグナルが点灯した。その日以来、筆者はドル/円を売りっぱなしにしている。現在は短期的な売られ過ぎで小戻し相場となっているが、相場のトレンドは変わっていない。現在のストップロス(強制利食いポイント)は、102円30銭である。

ドル/円(日足) ストキャスティクス5.3.3のフィルター付き売買シグナル
上段:200日EMA(緑)・52日ボリンジャーバンド±2シグマ(赤)
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

このレポートで取り上げた売買手法の詳細はDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順)で取り上げております。興味のある方はご参照ください。

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

今中能夫

国内株式 2017/05/26

特集:半導体製造装置(東京エレクトロン、アドバンテスト、アドテックプラズマ、平田機工)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/05/26

なぜ減産を延長したのに原油価格が急落したのか?問題は延長の仕方にあり。

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/05/26

外食、金券が充実の6月優待。あの超人気「パンケーキ」も♪

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/26

不確実性を乗り越える?日本の配当貴族に注目(香川睦)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

石原順

FX 2017/05/25

「チャートで為替・株式相場を読む・昨日のドル/円乱高下相場での実践的トレードテクニック」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/05/25

必見!株式投資で成果が出にくい個人投資家の共通項とは?(その1)

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/05/24

フランスの国民議会選挙

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

堀古英司

海外株式 2017/05/24

アップルとグーグル、5年後の検証と今後

堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」

吉田哲

コモディティ 2017/05/24

商品先物取引入門講座「ドル建てと円建て」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)