現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第460回 「海外投機筋が仕掛ける賞味期限2カ月の円安株高相場」

「外為市場アウトルック」一覧へ

2016年7月21日

第460回 「海外投機筋が仕掛ける賞味期限2カ月の円安株高相場」

海外投機筋による円売り仕掛け

ヘリコプターマネー観測が浮上して以来、円安が進行し107円台に乗せてきた。海外勢は、「日本は極端から極端に振れやすい国であり、何をするかわからない」と思っているようだ。強烈に円安を仕掛けている投機筋が背後にいると噂されているが、その一人はジョージ・ソロスである。ヘリマネを日本に推奨しているアデア・ターナー(前FSA長官)は現在、「新経済志向研究所」というシンクタンクの上級研究員であり、このシンクタンクの出資者の一人がジョージ・ソロスであることから、ソロスによる円売り仕掛けがマーケット雀の話題となっているようだ。

ヘリコプターマネーは、中央銀行が紙幣を増発して財政赤字を直接ファイナンスするか(日銀引き受け)、中央銀行が既発債を買い入れ、バランスシート上にゼロ金利永久債として計上して事実上両建てで固定するかのいずれかの方法をとることになる。市場ではヘリコプターマネーで日本がいずれ財政規律を失うのではないかという悪い円安観測と、7月29日の日銀金融政策決定会合で日銀が何かやるのではないかという目先の良い円安観測が混在して、短期的な円売りに動く海外投機筋が増えているという。

日本政府が新たにまとめる景気対策の事業規模が20兆円(財投債6兆円程度)に膨らむという毎日新聞の観測や、「永久国債こそが黒田緩和からの撤収策」というブルームバーグの報道を読んだ運用者からは、「もう、なんでもありだな・・」との声が漏れ聞こえる。いずれにせよ、「安倍総理は憲法改正に向けて、バラマキ的な景気対策を相当やりそうだ」(日本株の運用者)との観測が強まっている。日銀の政策で注目されているのは、<財投債>を日銀が買い入れるかどうかである。「日本が財政規律を失うヘリコプターマネーの第一歩になるのではないか」という注目を集めているのである。

ドル/円(日足) 転換点売買のシグナル まだシグナルは反転していない
上段:13日エンベロープ±2%(青)・±3%(赤)
下段:3日修正平均

(出所:石原順)

ドル/円(日足) 円売りトレンドは大きくなるか?
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ

(出所:石原順)

ドル/円(日足) 7月21日現在、まだ売りシグナルは点灯していない
上段:9日RSIの70-30の売買シグナル・52日ボリンジャーバンド±2シグマ(赤)
下段:9日RSI

(出所:石原順)

ドル/円(日足) 200日EMAフィルター付きストキャスティクスの逆張りシグナル
7月21日現在、まだ売りシグナルは点灯していない
上段:200日EMA(紫)・52日ボリンジャーバンド±2シグマ(赤)・フィルター付き売買シグナル
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

ポンド/円(日足) 調整ランダム相場
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ

(出所:石原順)

ユーロ/円(日足) 調整ランダム相場
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ

(出所:石原順)

日経平均(日足) 円安相場と連動
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

日経平均(日足)と9日RSIの売買シグナル
日経平均は強制利食いを考慮してもよい25日エンベロープ+5%水準に到達
上段:25日エンベロープ±5%(青)・±10%(赤)
下段:9日RSI

(出所:石原順)

8月の月初・月末の相場の下落には注意が必要

2016年の株式市場・米国債市場・原油市場の予測では、米著名投資家のラリー・ウィリアムズの予測がずばぬけて精度が高く、筆者も彼の予測は傾聴に値すると思っている。ラリーは基本的に8月末まで米国株の強気を維持しているが、8月の月初・月末の相場の下落には注意が必要と述べている。歴史的に株式相場が下がりやすい月というのは「5月」・「9月」・「10月」である。8月の月初・月末の相場の下落には注意が必要である。

NYダウ(日足)買いトレンド相場
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)

(出所:石原順)

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析7月11日号

(出所:「ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(ラリーTV)」7月11日号)

S&P500(週足)最高値更新!FRBはS&P500が2134を上回れば利上げするし、1800を下回れば利下げする?

(出所:石原順)

このレポートで取り上げた売買手法の詳細はDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順)で取り上げております。興味のある方はご参照ください。

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

楽天証券サービス開始18周年記念投資セミナー

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/06/28

小型成長株と小型割安株、どう使い分けるか?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

出島昇

国内株式 2017/06/27

今週も、手がかり材料不足の中、加計学園問題、都議選を横目にもみあいへ

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/06/27

Nymexの証拠金上げでパラジウム売られる ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/06/27

優待がかなり少ない7月は、人気株に取引が集中しがち。ドリンク、肉、ラーメンなど

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

土信田雅之

国内株式 2017/06/26

後味が良くない日経平均の年初来高値更新

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/06/26

「柴田法則」個別銘柄分析 6月第5週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/06/26

高値を更新するなど上昇トレンドが継続中だが、伸び悩みに要注意

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/06/23

半導体・半導体製造装置セクターコメント:東京エレクトロン、SCREEN、ディスコ、ルネサス

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/06/23

OPECの混迷と石油に強い米国

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

石原順

FX 2017/06/22

「テーパータントラムは8月か・・?」

石原順「外為市場アウトルック」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)