現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第456回 「Brexit(英国の EU 離脱)ポジションは手仕舞い・2016年後半相場の注意点はなにか?」

「外為市場アウトルック」一覧へ

2016年6月23日

第456回 「Brexit(英国の EU 離脱)ポジションは手仕舞い・2016年後半相場の注意点はなにか?」

Brexit(英国の EU 離脱)ポジションは手仕舞い

今週のマーケットは、英国の EU 離脱の是非を問う国民投票のブックメーカー(賭け屋)や世論調査の結果でアルゴリズムなどの一部短期筋が売買しているだけで、基本は様子見のマーケットである。

先週のレポートで、「米投資会社ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は、英国の欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票について、一部の世論調査での離脱派リードにもかかわらず、実際には離脱が否決される可能性が高い」と語っている。(ブルームバーグ 2016年6月15日)」と書いたが、市場は今を時めく当り屋ガンドラックの予想に基づいて、ポンドとユーロを買い戻しに動いた。ドル/円も上値が重いものの、買戻し相場となっている。Brexit(英国の EU 離脱)に向けて構築された売りポジションをとりあえず買戻し、あとは結果をみてから動こうというのが市場参加者の姿勢だろう。

英国民投票は日本時間の 24 日午前 6 時に締め切られ、結果が判明する午後 3 時頃まで続く。筆者が懸念しているのは、日本株の出来高や売買代金をみていればわかるように、昨今の相場は市場参加者が減少し、流動性が大幅に低下していることである。こうした市場環境下では、アルゴリズム売買の相場への影響力が大きいので、選挙情勢をめぐる報道で相場が乱高下する可能性がある。売り方も買い方も振らされやすい環境にあるということである。

日本市場は世界のリスクのヘッジ市場となってしまったようだ。以下のチャートを見ていただきたい。ポンド/ドルはBrexit(英国の EU 離脱)の本命通貨である。そのポンド/ドルは現在、年初来高値を更新して上げている。今週の相場はショートカバー主導とはいえ、当事者の英国人は意外なほどBrexit(英国の EU 離脱)に冷静なのである。

組織というのは敵や仮想的な敵がないとまとまらない。現在はEUを統合する大義名分というのが、見出しにくい状況にある。あるファンドマネージャーは「EUというのはグローバルな拡大を目指しているわけではなく、その反対であるブロック化の流れである。英国にとっては、EUというブロックから出ていこうが留まろうがあまり問題ではない。経済的な問題というより、政治的な問題だ」「多くの投機筋が大儲けを狙っているのは、Brexit(英国の EU 離脱)などではない。中央銀行バブルの崩壊だ」と述べている。

トレンドの発生と消滅

(出所:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~標準偏差ボラティリティトレード~」石原順)

ポンド/ドル(日足)
上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(青)
中段:26日標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

一方、ドル/円はBrexit(英国の EU 離脱)問題で一番軟調な動きとなっている。なぜ、Brexit(英国の EU 離脱)で円が買われなければならないのか、日本人としては腑に落ちないが、海外の運用者から見れば、「日本は相場操縦の限界を露呈しているし、過去数年間のPKOのツケを払う循環が現在到来しているのだ」ということになるらしい。

ドル/円(日足)
上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(青)
中段:26日標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

ポンド/円(日足)
上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(青)
中段:26日標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

ユーロ/円(日足)
上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(青) 
中段:26日標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

日経平均先物(日足)
上段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(青) 
中段:26日標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

日経平均先物(日足)
上段:25日エンベロープ±5%(青)・±10%(赤)
下段:3日修正平均ADX
日足相場では<3日修正平均ADX>が70以上や30以下になった時が相場転換の領域となりやすい。相場の転換ポイントは矢印のポイントである。<3日修正平均ADX>がピークに達した次のローソク足の方向についていくだけの短期売買手法で、ストップロス注文(トレール注文=トレーリングストップ注文)を置いて参入し、失敗すれば直ちに撤退、トレール注文で利益の極大化を狙う売買手法である。

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

ドル/円(日足)
上段:13日エンベロープ±1%(青)・±2%(赤)
下段:3日修正平均ADX

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

筆者はブログ『石原順の日々の泡』でご案内の通り、イベントリスクと流動性リスクを避けるため、大方のポジションを手仕舞ってしまった。後は、英国の EU 離脱の是非を問う国民投票の結果やその他の相場の材料を吟味しながら、次のトレンドについていくだけである。

2016年後半相場の注意点

筆者が2016年の後半相場で一番注目しているのは米国の利上げである。利上げが行われるかどうかについては、S&P500の株価の位置を重視している。FRBはS&P500が2134を上回れば利上げするし、1800を下回れば利下げするとみており、今後、米国株が上がってくれば、逆に利上げへの注意が必要になるのではないか・・と思っている。現在の相場は中央銀行が値付けをおこなっている。そして、すべてのバブルを異常低金利が支えている。

S&P500株価指数(日足)FRBの政策(利上げ)は株価次第?
1,970~2,134ポイントは強烈な抵抗圏

(出所:石原順)

日経225先物 スキルアップキャンペーン

現在、楽天証券では、2016年6月30日(木)まで『日経225先物 スキルアップキャンペーン』
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20160526/

を実施しております。

期間中に3回にわたり、石原順 による<オンデマンドウェブセミナー>を公開しております。
昨日、6月22日に3回目のセミナー

第3回 6月22日(水)公開!
「株価指数先物 短期売買実践(3)」 相場で収益を上げるための分散投資/相場予測と相場実践の違い/マザーズ先物の
利用法は?

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20160526/

が公開されましたので、ぜひご覧ください。

また、このレポートで取り上げた売買手法の詳細はDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順)で取り上げております。興味のある方はご参照ください。

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

ハッサク

FX 2017/05/24

フランスの国民議会選挙

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

堀古英司

海外株式 2017/05/24

アップルとグーグル、5年後の検証と今後

堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」

吉田哲

コモディティ 2017/05/24

商品先物取引入門講座「ドル建てと円建て」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/24

消化不良のロシア疑惑 今後の展開は?(窪田真之)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/05/23

米政治ドラマは続く ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

土信田雅之

国内株式 2017/05/22

「アイランド・リバーサル」と「ブロードニング・フォーメーション」

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/05/22

「柴田法則」個別銘柄分析 5月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/05/22

引き続き5日移動平均線上を回復できるかが持ち直しのカギ

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/05/19

決算コメント:東芝、ルネサス、小野薬品

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)