現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第454回 FRBはS&P500が2,134を上回れば利上げするし、1,800を下回れば利下げする?

「外為市場アウトルック」一覧へ

2016年6月9日

第454回 FRBはS&P500が2,134を上回れば利上げするし、1,800を下回れば利下げする?

またしてもビハインド・ザ・カーブ(利上げ後ずれ)か?

米国の利上げが焦点となるなか、5月の雇用統計は非農業部門の雇用者数が+3万8000人にとどまり、2010年9月以来の低い伸びとなった。また、3月と4月分も合計で5万9000人下方修正されている。

5月の失業率は4.7%と良かったが、労働参加率が低下しているので材料とならなかった。また、時間あたりの賃金も前月比で0.2%の増加となったが、FRBが2%インフレ目標を達成するには賃金が3%増加する必要があると言われており、賃金が上昇しているというには不十分な数字だった。

そもそも何億人も労働者がいる米国で数万人の変化など誤差の範囲内だが、市場は非農業部門雇用者数に反応してドル全面安相場となっている。

米雇用統計の推移(2000年~2016年)

(出所:石原順)

米雇用統計までの相場は、米国の要人の利上げ正当化発言で年央(6月~7月)の米利上げを織り込む動きが続いていた。米国の利上げ観測で、シカゴIMMで史上最高水準まで積み上がった円買いポジションが巻き戻され、これがドル/円の111円台までの上昇に大きく寄与した。しかし、5月31日現在の円買いポジションは激減しており、ポジションの巻き戻しによる円安圧力は大きく減退している。

シカゴ IMM 投機筋の円のポジション(CFTC発表 5月31日時点のデータ)
円買いポジションは激減、ポジション整理は終了

(出所:石原順)

FRBはS&P500が2,134を上回れば利上げするし、1,800を下回れば利下げする?

CMEグループが発表しているFEDWatchは、金利先物市場が織り込む7月利上げの確率は6月8日現在26.7%しかなく、7月の利上げの確率も低下している。ファンド運用者の間では、「米国の利上げは年一回で、早くて9月以降、12月になるのではないか?」と見方が多く、利上げ後ずれによって中央銀行バブルが延命し、米雇用統計以降に株を買っているファンドもある。しかし、米利上げに関する市場やFRBの見方はコロコロ変わっており、注意が必要だろう。

6月6日の講演でイエレンもハト派に変わってしまったが、それでも7月利上げの可能性は排除していない。FEDウォッチャーであるThe Wall Street Journalのジョン・ヒルセンラスは「6月の利上げはなさそうだが、7月利上げの可能性はまだある」と述べている。

FEDWatch  6月8日現在、金利先物市場が織り込む7月利上げの確率は26.7%しかない

(出所:CME)

筆者は米国の利上げに関しては、要人発言よりS&P500の株価の位置を重視している。経済データ次第といいながら、FRBは株価をみて政策を行っていると考えているからだ。

したがって、「FRBはS&P500が2,134を上回れば利上げするし、1,800を下回れば利下げする」という結論になる。S&P500が2,134を超えて大きく上昇すれば、それはバブル相場であり、既に局地バブルとなっている商業用不動産のバブルが暴走する可能性があるだろう。

S&P500株価指数(日足)FRBの政策(利上げ)は株価次第?
1,970~2,134ポイントは強烈な抵抗圏

(出所:石原順)

グリーンストリート商業用不動産価格指数

(出所:The Gloom, Boom & Doom Report 「マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート」パンローリング)

ドル安・原油高・米国株高だが、日本株はドル安円高でさえない

米国の利上げ観測の後ずれで息を吹き返しているのが原油やコモディティ相場である。資源・エネルギー株の多い米国株もドル安や原油高を好感している。一方、ドル安=円高を嫌気して、日本株はさえない動きとなっている。裁定残が一向に増えないのを見ると、海外投資家は日本株に興味を失っているようだ。

米国株は好調と言いながら、市場にカネが入ってきたのは先週からである。それまで、米国株式市場からは7間連続資金が流出していたし、ファンドや機関投資家は18週間連続売り越していた。決して、内容がいいとは言えない市場だが、6月23日の英国のEU離脱を巡る国民投票が予断を許さない状況となっており、積極的なポジションを取る投資主体が少ないのであろう。

原油先物(日足) 転換点売買好調
上段:13日エンベロープ±1%(青)・±2%(赤)
下段:3日修正平均ADX

相場の転換ポイントは矢印のポイントである。<3日修正平均ADX>がピークに達した次のローソク足の方向についていくだけの短期売買手法で、ストップロス注文(トレール注文=トレーリングストップ注文)を置いて参入し、失敗すれば直ちに撤退、トレール注文で利益の極大化を狙う売買手法である。

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

NYダウ先物(日足) 標準偏差のみのトレンド相場
上段:21週ボリンジャーバンド±1シグマ(青)
中段:26週標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14週修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

NYダウ先物(日足) 転換点売買好調
上段:18日エンベロープ±1%(青)・±3%(赤)
下段:3日修正平均ADX

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

日経平均先物(日足) 調整相場
上段:21週ボリンジャーバンド±1シグマ(青)
中段:26週標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14週修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

日経平均先物(日足) 転換点売買好調
上段:25日エンベロープ±5%(青)・±10%(赤)
下段:3日修正平均ADX

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

ドル/円(日足) 14日修正平均ADXのみのトレンド相場
上段:21週ボリンジャーバンド±1シグマ(青)
中段:26週標準偏差ボラティリティ(緑)
下段:14週修正平均ADX(青)

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

ドル/円(日足) 3回連続利益が伸びていない
上段:13日エンベロープ±1%(青)・±2%(赤)
下段:3日修正平均ADX

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

6月23日の英国のEU離脱を巡る国民投票は予断を許さない状況と言われているわりには、ポンド/ドルはしっかりしている。どちらかにポジションを傾ける動きがあるわけではなく、短期筋の投げと踏み(損切り)の応酬相場となっている。いずれにせよ、<EU離脱>は織り込まれていない状況だ。注意が必要だろう。

ポンド/ドル(日足) 転換点売買好調
上段:13日エンベロープ±1%(青)・±2%(赤)
下段:3日修正平均ADX

(出所:MT4 売買手法&インジケータ:『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~短期売買実践編~』石原順)

日経225先物 スキルアップキャンペーン

現在、楽天証券では、2016年5月26日(木)~2016年6月30日(木)まで『日経225先物 スキルアップキャンペーン』
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20160526/

を実施しております。

期間中に3回にわたり、石原順 による<オンデマンドウェブセミナー>を公開する予定です。

昨日、6月8日に

第1回 6月8日(水)公開!
「株価指数先物 短期売買実践(1)」 相場の大局をどうみるか?
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20160526/

が公開されましたので、ぜひご覧ください。

また、このレポートで取り上げた売買手法の詳細はDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順)で取り上げております。興味のある方はご参照ください。

新しいDVD『相場で道をひらく7つの戦略-短期売買実践編』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

ハッサク

FX 2017/05/24

フランスの国民議会選挙

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

堀古英司

海外株式 2017/05/24

アップルとグーグル、5年後の検証と今後

堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」

吉田哲

コモディティ 2017/05/24

商品先物取引入門講座「ドル建てと円建て」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/24

消化不良のロシア疑惑 今後の展開は?(窪田真之)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/05/23

米政治ドラマは続く ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

土信田雅之

国内株式 2017/05/22

「アイランド・リバーサル」と「ブロードニング・フォーメーション」

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/05/22

「柴田法則」個別銘柄分析 5月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/05/22

引き続き5日移動平均線上を回復できるかが持ち直しのカギ

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/05/19

決算コメント:東芝、ルネサス、小野薬品

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)