現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第438回 「中央銀行という仕手筋の仕手崩れ相場」
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2016年2月10日

第438回 「中央銀行という仕手筋の仕手崩れ相場」

中央銀行という仕手筋の仕手崩れ相場

円安で企業業績に下駄を履かせ、PKO(価格維持操作)と自社株買いだけで上げてきた日本株相場は、大雑把にいうと中央銀行が値付けをしてきた相場と言ってもよいだろう。ここにきて、当局(日銀)に打つ玉がないという陰りが見えてきたことから、一気に日銀という仕手筋の仕手崩れ相場となっている。仕手崩れの下げ相場は大きな値幅が出てスピードも速いため、売りを得意とする投機筋にとっては一番おいしい相場である。

下のチャートを見ていただきたい。標準偏差で相場を観察すると、通常、大きなトレンド相場の後、すぐには大きなトレンドは発生しないものである。しかし、14日修正平均ADXの動きを見ると、日経平均の昨年12月からの売りトレンド相場はまだ終わっていないのだろう。NYダウの動きは、売りトレンドの後の典型的な調整相場となっており、日経平均の動きはやや異色と言えよう。海外の投資家からは、「日経平均はPKOと周回遅れの高速取引推進(高速アルゴリズム売買勢のおもちゃにされている)のツケが回ってきた」との声が聞かれる。

日経平均(日足)
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)・25日エンベロープ±10%(青)

(出所:石原順)

NYダウ(日足)
上段:14日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)・18日エンベロープ±3%(青)

(出所:石原順)

<買いトレンドが出ている中での押し目買い>、<売りトレンドが出ている中での戻り売り>はワークするが、現在の局面では安易な逆張りは厳に慎むべきであろう。トレンド相場時の落ちたナイフを掴むようなカウンターの逆張りは中止するか、ストップロスを置くなどの防御が必要だろう。

日経平均(JP225 日足) 2015年12月2日~2016年2月10日 株安トレンド相場(黄色の部分=標準偏差上昇時)は逆張り停止
上段:3日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:25日エンベロープ±5%(赤)
下段:9日RSI

(出所:Meta Trader4)

日経平均(JP225 日足) 2015年10月13日~2015年12月10日
上段:3日修正平均ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:25日エンベロープ±5%(赤)
下段:9日RSI

(出所:Meta Trader4)

怒涛の円高相場とADX1時間売買

筆者は3時間修正平均ADX(ワイルダーのADX=平均方向性指数)がピークアウトした時の相場の方向性(チャートの矢印)に賭けて、このところずっと1時間足で短期売買を行っている。相場に絶対の法則はないのでいつでもうまくいくわけではないが、今の丁半ばくちのような相場環境でもストップロスさえおけば収益を上げることは可能である。この1時間足売買は、日足チャートでトレンドを確認することと、浅いストップロス注文が必須である。利食いは相場を見ながら適当にやっている。いいかげんだと思われるかもしれないが、あまり厳密にやらないほうがうまくいくのである。

ドル/円(日足)2月8日~9日の急落相場時のチャート
上段:21日ボリンジャーバンド
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

ドル/円(1時間足) 2月8日~9日の急落相場時のチャート
上段:13時間エンベロープ±0.3%(青)・±0.6%(赤)
下段:3時間修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

豪ドル/円(日足)2月8日~9日の急落相場時のチャート
上段:21日ボリンジャーバンド
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

豪ドル/円(1時間足) 2月8日~9日の急落時のチャート
上段:13時間エンベロープ±0.3%(青)・±0.6%(赤)
下段:3時間修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

ユーロ/円(日足)2月8日~9日の急落時のチャート
上段:21日ボリンジャーバンド
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

ユーロ/円(1時間足) 2月8日~9日の急落時のチャート
上段:13時間エンベロープ±0.3%(青)・±0.6%(赤)
下段:3時間修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

ポンド/円(日足)2月8日~9日の急落時のチャート
上段:21日ボリンジャーバンド
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:14日修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

ポンド/円(1時間足) 2月8日~9日の急落時のチャート
上段:13時間エンベロープ±0.3%(青)・±0.6%(赤)
下段:3時間修正平均ADX(青)

(出所:Meta Trader4)

金融システム不安と米大統領選挙年のNYダウのパターン分析

筆者は昨年の8月から流動性パニックの発生を度々指摘してきた。ヌリエル・ルービニNY大学教授が、「驚きが発生した時に、株式や特に債券の再評価は急激で劇的になりうる。同じ混雑した取引に捕まった全てのひとは、われ先にと出口へと向かうだろう。これまでと反対方向への群れる行動が発生する。だが、多くの投資は流動性に欠けるファンドへの投資であり、乱高下を円滑にしてきた伝統的なマーケット・メーカーはどこにも見当たらなくなる。したがって、売り手は投げ売りをせざるを得なくなる」という局面である。

日本の株価PKOが効かないのは、現在の相場は既にミンスキー・モーメント(信用循環または景気循環において、投資家が投機によって生じた債務スパイラルによりキャッシュフロー問題を抱えるポイント)に突入しているからである。

こうした状況で、自己資本の補強を目的に発行した債券への利払いに懸念が生じたドイツ銀行株が急落した。ドイツ銀行の噂は以前から流れていたものである。リーマンショック後の金融機関はどこも多かれ少なかれ<飛ばし>を行っているのは、ある意味で常識である。デリバティブを知っている人は大騒ぎしないが、ドイツ銀行の(ネットではない)想定元本ベースの1兆4000億ユーロという残高が驚きをもって報道されているようだ。

一方、米国では天然ガス掘削会社チェサピークエナジーの株が急落するなど、金融市場の動揺に拍車をかけている。昨年、10月にシェールオイル産業に対する評価が見直され、金融機関は融資金利の引き上げを行った。シュールオイル業界の倒産はまだわずかで、ジャンク債バブル崩壊が金融システム不安をもたらすのではないかと懸念されている。

いずれにせよ、中央銀行バブルが崩壊すれば、リーマンショックをしのぐ危機に発展する可能性がある。中央銀行バブルを延命せせることができるかどうか、今夜のイエレンFRB議長の講演が注目されている。

米国の景気後退色が強くなり、FRBが再び緩和に追い込まれる場合、QE4を発動するよりもマイナス金利を採用するのではないかとみられている。2月1日にスタンレー・フィッシャーが「マイナス金利策は、思っていたより良いものだ」と発言したからだ。

米大統領選挙年のNYダウは、1月~3月(下落)、3月~5月(上昇)、5月~8月(下落)、8月~9月(上昇)、9月~10月(下落)、11月~12月(上昇)というパターンが抽出できる。筆者はNYダウの上昇は3月辺りから始まるのではないかとみている。

『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ──標準偏差ボラティリティトレード』(石原順) が楽天ブックスで好評発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/25

FRBはハト派?タカ派?円高で日経平均下落(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

土信田雅之

国内株式 2017/07/24

さらなる上値追いは、主力バリュー株の動向次第?

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/07/24

「柴田法則」個別銘柄分析 7月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/07/24

もち合いが続くなか、上下いずれかのトレンド発生に要注意

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/07/21

特集:半導体・半導体製造装置セクターの最近の動き(東京エレクトロン、ディスコ、アドテックプラズマなど)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/21

リグ増加が鈍化しても米国の原油生産量が減らない訳

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

石原順

FX 2017/07/20

「相場の急落が起きる時のコンディション・トランプVSメルケルはブラックマンデーの構図か?」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/20

ファンダメンタル分析入門(6)~配当利回りに着目した銘柄の選び方

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

広瀬隆雄

海外株式 2017/07/20

銀行セクターの近況

広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」

ハッサク

FX 2017/07/19

G20と日欧EPA

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)