現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第419回 「相場の転換点の計測-相場が反転するシグナル(予兆)は何か?」
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2015年10月1日

第419回 「相場の転換点の計測-相場が反転するシグナル(予兆)は何か?」

世界の投資家にとって2015年は忘れ去りたい年?

リーマンショックの影響による景気回復に向けた歳出の増大が、世界中で財政赤字の拡大を招いた。政治家は財政再建をしなければならず、その結果、景気対策は中央銀行に押し付けられることになった。中央銀行はマーケットの言うことをずっと聞いてきた(いわゆる市場との対話)結果、株だけは上がってきたのがこれまでの7年間である。しかし、「市場から催促されても打つ手がなくなっている」のが現在の日本の状況であろう。

日経平均(月足) 「10月末買い・4月末売り」 現在の株安は毎年の循環

(出所:石原順)

NYダウ 「10月末買い・4月末売り」 現在の株安は毎年の循環

(出所:石原順)

ブルームバーグの報道によると、「世界の投資家にとって2015年は忘れ去りたい年になりつつある。リターンを見ると、株式や商品、為替ファンドはいずれもマイナスで、若干プラスの債券もインフレ率で打ち消されてしまう状況だ。世界株の指標であるMSCIオールカントリー世界指数(配当含む)は年初来で6.6%低下。7-9月(第3四半期)はこの4年で最大の下落率となった。株価上昇と過去に例がない大規模な金融緩和の好循環が3年続いた後、中国やブラジルなど新興国経済の減速と企業利益の落ち込みで市場は現在冷え込みつつある。アナリストは今年の世界経済成長率見通しを年初時点の3.5%から3%に下方修正。トレーダーが年内の米利上げ見通しを後退させる中、市場の混乱で世界の中銀に刺激策延長を求める圧力は増している」という。

こうした状況の中、日本株に対する照会が増えている。ある欧州系のファンド運用者は、「現在、日本株をオーバーウエイトにしていて、過去数十年間は見向きもしなかった日本株を大量に買っている」という。「なぜ、そんなに買っているのだ?」と聞くと、「日本株は日銀のETF買い(PKO)とバイバック(自社株買い)で上がると思った」らしい。海外の運用者が聞いてくるのは、「黒田日銀は10月に追加の緩和をするのか?」の一点である。

日銀の追加緩和といっても、買う国債がない状況で、これ以上国債の買い入れを増やしても仕方がない。<ツイスト・オペ>も噂されているが、ゼロとゼロの交換をしても意味がないだろう。付利の撤廃もなさそうだ。こんなことは海外投資家も百も承知している。焦点は玉が尽きてきた日銀のETF買い入れ枠の増額の有無であろう。

日銀のETF買い入れ目標は、年間3兆円となっているが、現在の買い入れペースでいくと10月いっぱいで大半を消化してしまう。株式相場が0.4~0.5%下がれば日銀のETF買いを当てにしている日本の株式市場にとって、日本株の下支え要因である日銀の買い入れがなくなることは、売りを誘発する要因となろう。そのため、日銀が10月末にETFの買い入れ枠の増額(1~2兆円程度)に動くのではないかという思惑が市場にはある。

昨年10月末の日銀の追加緩和は2015年10月に消費税を10%にするためのものだったが、消費増税は2017年4月まで1年延期され、追加緩和が無駄うちとなってしまったという苦い経験が日銀(財務省)にはある。次回の消費増税の実現に向けた株高、あるいは来夏の参議院選挙に向けた株高を演出するなら、追加緩和は来春がベストの時期であろう。原油安の影響で統計上の物価指数は下がっているが、対前年比で発表される物価指数やインフレ率は来年は上がってくる可能性が高い。

10月末に日銀が追加緩和を発表するとしたらETFの買い入れ枠の増額だが、露骨な株価PKO策を行うための大義名分が必要になる。筆者が日銀の立場なら、日経平均株価の17000円~18000円、ドル/円の120円は居心地の良い水準であり、追加緩和をしたいと思うようなレベルではない。となると、日銀の追加緩和の有無は海外の株式市場の動向次第となる可能性がある。

もう、打つ手がない状況で、日銀としては追加緩和を温存したいと思われる。しかし、何かの理由で海外の株式市場にパニック色が強まった場合は、パニックを大義名分に追加緩和を実施するだろう。いずれにせよ、10月末に日銀が追加緩和を見送った場合は、その反動に気を付ける必要があるだろう。

相場の転換点の計測-相場転換の予兆のシグナルは?

現在の人為的な中央銀行相場は、株式インデックスも通貨もトレンドを発見するのが大変である。トレンドが発生しない相場なので、いわゆる順張りのブレイクアウト手法の運用者は非常に苦労している。

タートル・ブレイク1(20日高値抜け・10日安値抜け)の売買シグナル
日経平均 2015年相場 

(出所:石原順)

タートル・ブレイク1(20日高値抜け・10日安値抜け)の売買シグナル
日経平均 2010年~2015年相場 順張りは機能していない

(出所:石原順)

順張りが儲からないとなると、逆張りが有効な取引手法として浮上する。以下の話は筆者が関係するファンドで使われている運用手法で、そのファンドのアルゴリズム取引の根幹にかかわるのですべてを話すことはできないが、相場の転換点を模索する手法の一つである。

筆者は「相場の転機のシグナル」としてADXというテクニカル指標を使っている。ADX(Average Directional Movement Index)は Wilderによって開発されたトレンド系の指標で、「トレンドの強さ」を測定するものだ。テクニカル指標DMIのDI+,DI-を使ってDXを計算し、そのX日間のアベレージ(移動平均)を取ったものがADXである。

ここで問題なのは、ADXといってもいろいろなバージョンがあって、移動平均に単純移動平均(SMA)を取るものと指数平滑移動平均(EMA)を取るものがある。筆者は単純移動平均で計算しているが、どちらが良いという話ではなく、計算式が違うのである。同じ3日ADXでも、数値は業者やチャートソフトによって異なるので、注意していただきたい。

結論をいうと、日経平均は3日ADXが70以上や30以下になった時が相場転換の領域で、相場は間もなく反転する確率が高くなる。最近のドル/円相場では3日ADXが60以上や40以下になった時が相場転換の領域となっている。この手法は今まで公開してこなかったが、読者の皆さんの短期から中期のトレードの参考になるのではないかと思われる。

日経平均(日足)2015年4月~2015年10月
上段:3日単純平均ADX(赤)
下段:9日RSI40-70の売買シグナル

上段の3日ADX(赤)が70以上あるいは30以下になると相場が転換しやすい

(出所:石原順)

日経平均(日足)2014年10月~2015年10月
上段:3日単純平均ADX(赤)
下段:9日RSI40-70の売買シグナル

上段の3日ADX(赤)が70以上あるいは30以下になると相場が転換しやすい

(出所:石原順)

ドル/円(日足)2015年3月~2015年10月
上段:3日単純平均ADX(赤)
下段:9日RSI40-70の売買シグナル
上段の3日単純平均ADX(赤)が60以上あるいは40以下になると相場が転換しやすい

(出所:石原順)

上記の手法は、本日10月1日に公開された楽天証券『日経225先物・オプション スキルアップキャンペーン 』
の第3回のWEBセミナー
でも取り上げています。

『日経225先物・オプション スキルアップキャンペーン 』のページ
「勉強会ビデオ再放送」
でご覧ください。

日経225先物・オプション スキルアップキャンペーン

抽選で50名様にDVD「相場で道をひらく7つの戦略」をプレゼント

運用コストの安い日経平均先物(ミニ)で、「10月末買い・4月末売り」を繰り返すのが株式投資の答えです。

今年も株は毎年の循環(10月末買い・4月売り)通りに動いています。いまの下げは、それに株の天井7年サイクルが影響を与えています。株の循環については、DVD『相場で道をひらく7つの戦略 標準偏差ボラティリティトレード』で、説明しています。興味のある方は、ぜひご購入ください。

『DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ──標準偏差ボラティリティトレード』(石原順) の販売が楽天ブックスで発売中です。

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)