現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第400回 危機の案内人の警告とFRBの金融政策・ドル円は160円からの長期抵抗線の攻防へ
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2015年5月21日

第400回 危機の案内人の警告とFRBの金融政策・ドル円は160円からの長期抵抗線の攻防へ

米利上げは何時か?危機の案内人の警告とFRBの金融政策

世界最大のヘッジ・ファンドを主宰するブリッジ・ウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオは、2007年末に米財務省を訪問した。「住宅バブルの崩壊で銀行は経営破たんに追い込まれる可能性がある」と、債務危機の懸念を伝えたと言われている。しかし、米財務省はレイ・ダリオの提言を理解できなかったようだ。それからまもなくして、市場は2008年にリーマンショックという危機を経験することになる。

「経済は機械のように動く」(参照:30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio)

というレイ・ダリオは、信用創造とデレバレッジ(債務圧縮)のサイクル(信用の膨張と収縮)を注視して運用を行っているが、4月2日の「今は1937年と同じというレイ・ダリオの警鐘」というレポートで紹介したように「現在は1937年頃と同じ状況で米国は利上げを急ぐべきではない」「利上げをすれば1937年~1938年の再来になる可能性がある」と警告している。

ブリッジ・ウォーター・アソシエイツが発行するレポートを、FRBで読んでいない人はいない。米国は1980年の金利のピークからずっと金利が低下局面にあったため、所得が拡大しなくても借金の拡大が可能となっていた。異常低金利が可能にしている現在の巨額の借金経済の中で、<米金利をどの程度引き上げると経済混乱が起こるのか>についてはレイ・ダリオもFRBもわからないという。

米利上げに対しては、「早すぎても遅すぎてもいけない」と言われているが、バブル温存スタンス(MITコンセンサス)のイエレンやスタンレー・フィッシャーのFRBは、<ビハインド・ザ・カーブ>で遅きに失する方を選ぶのではないだろうか?

「インフレ率が2%目標に向かって戻るとするだけの合理的な確信が持てるまで利上げはしない」というFRBの見解を移してFFレート先物市場では、FRBが2015年12月に利上げを開始する確率は59%。となっている。ハト派のエバンズ米シカゴ連銀総裁は4月18日のストックホルムでの講演で「引き締めを急ぐ理由は見当たらない」「2016年初めまでは利上げ見送りが望ましい」と述べた。

そうしたなか、FRBは5月20日に4月FOMC議事要旨を公表した。議事録では、多くの参加者が6月の利上げは時期尚早と考えていたことが分かった。早くても9月と言われる米利上げまでに、一部のファンドは株式市場でもう一勝負しようという動きに出ている。明日、5月22日にはイエレンFRB議長が経済見通しを述べる予定になっており、議会の多数を握る共和党の圧力を受けた利上げの地ならし的な発言をするのか、「今後の金融政策はデータ次第」という玉虫色の発言をするのか、ファンド勢は注視している。

NYダウ(日足) 割安とは言えないPER20倍相場のなかでバイバック(自社株買い)とバイアウト(M&A)が上げの原動力に…

上段:18日エンベロープ(移動平均線乖離)±1%乖離(青)・±3%乖離(赤)
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

NYダウの年間変動パターンと6カ月投資のリターン

(出所:石原順)

日本株は2万円台を回復してきたが、25日のエンベロープやRSIの位置をみても過熱感はない。海外市場が下げない限り、日経平均はPKOによる人為的な値付けと投信買いでじわじわ上がっていくという構図になっている。そのため、海外勢は「押し目は拾いたい」という意欲が強いようだ。問題は日銀のETF買いや公的資金の玉が切れた時の反動だが、それはまだ先の話である。

セルインメイ(5月に売れ)についての紹介が増えているが、過去20年ほどの相場をみていても特に5月に大きく下げるというわけではない。ただし、半年間投資をする場合は、「10月末に買って、4月末に売ってしまう」のが確率的にベストである。これを「相場は5月に急落する」というふうに解説する風潮があるらしいが、日経平均の年間変動パターンからは、ボーナスシーズンの6月まで高いというのがアノマリーだ。

日経平均(日足)25日エンベロープと14日RSIのシグナル

上段:25日エンベロープ(移動平均線乖離)±5%(赤)・10%(青)
下段:14日RSI

(出所:石原順)

日経平均の年間変動パターンと6カ月投資のリターン

(出所:石原順)

ファンドは水準感を失ったユーロ/ドルを避けてドル/円の買いに動く

欧州の金利上昇やユーロ高に警戒感もったECBは、ドラギ総裁のQE早期終了否定、ECB のクーレ専務理事のQEの前倒し発言、ノワイエ仏中銀総裁のQE拡大発言などで、欧州金利の上昇やユーロ高の牽制に動いている。

ユーロ/ドル(日足) 調整相場

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

ユーロ圏のイールドカーブ ECB要人の牽制で金利上昇が一服

(出所:フィナンシャルタイムズ)

先週のレポートで、「欧州のマイナスや超低金利水準からの金利上昇で、運用者は金利の適正水準やレベル感を失っている。暗中模索の中で相場のレベル感を探る動きがしばらく続きそうだ」と述べた。

ブローカーの話では、「ファンド勢はドイツ国債の適正な金利水準がわからなくなっている状況のなかで、ユーロを取引するのは危険だという理由から、119円割れで公的資金が出動し、PKO相場で下値の下方硬直性を持っているドル/円に食指を動かしてきた」らしい。

シカゴの投機筋は年初から3週間前まで円売りポジションをずっと減らしてきたが、ドル/円相場が大幅な円高に振れることはなかった。日本の円安PKOが投機筋の手じまい売りを吸収した格好となっている。

シカゴIMM 円のポジション(CFTC発表 5月12日時点)

(出所:石原順)

ドル/円の日足は26日標準偏差ボラティリティが上昇し、相場が21日ボリンジャーバンドの+1シグマを上抜いてきたことから、買いシグナルが点灯している。チャートの型としては124円を目指すパターンだが、122円の節を超えてくるまでは依然レンジ相場の範疇だろう。相場が122円を大きく上回ってくると、1990年の160円から走っている長期抵抗線を上抜けてくるが、シカゴ市場ではどこかのファンドが長期抵抗線抜けを仕掛けるのではないかと噂されている。

ドル/円(月足)と長期抵抗線(青のライン) 160円からの長期抵抗線抜けなるか?

(出所:石原順)

ドル/円(日足) ドル買いシグナル点灯中

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

ドル/円(日足)13日エンベロープと14日RSIのシグナル

上段:±1%乖離(青)・±2%乖離(赤)・±3%乖離(緑)
下段:14日RSI

(出所:石原順)

筆者は周辺のファンド勢を総動員し、ドル/円の119円割れで比較的大きなポジションを持ったが、日足ベースで高いところは買いたくないと思っている。そのかわり、今年の相場では1時間足を使った比較的短いトレードを頻繁に行っている。1時間足のエンベロープ売買では、その時々の状況によって売買する通貨ペアを変えているが、今後も一番安定感がある通貨ペアはドル/円だろう。120円超の相場での押し目買いは、1時間足のエンベロープの位置をみながら行いたい。

ドル/円(1時間足)13時間エンベロープ

±0.3%乖離(黄)・±0.6%乖離(緑)

(出所:楽天FX マーケットスピードFX)

一方、クロス円相場は今週のユーロ相場の失速(ドル高相場)で、軟調になってしまった。先週のレポートで、「クロス円相場は日足ベースでみると、やや買われ過ぎの水準にある通貨ペアが多い。日足ベースの逆張りという意味では、現在のドル安局面で軟調となっているドル/円の押し目買いの方にむしろ興味を持っている」と述べたが、今年の相場は高いところを買うと苦労する。今後も押し目買い一貫という逆張り姿勢で臨みたい。

ユーロ/円(日足)13日エンベロープと14日RSIの売買シグナル

13日移動平均線±1%乖離(青)・±2%乖離(赤)・±3%乖離(緑)

(出所:石原順)

ポンド/円(日足)13日エンベロープと14日RSIの売買シグナル

13日移動平均線±1%乖離(青)・±2%乖離(赤)・±3%乖離(緑)

(出所:石原順)

豪ドル/円(日足)13日エンベロープと14日RSIの売買シグナル

13日移動平均線±1%乖離(青)・±2%乖離(赤)・±3%乖離(緑)

(出所:石原順)

NZドル/円(日足)13日エンベロープと14日RSIの売買シグナル

13日移動平均線±1%乖離(青)・±2%乖離(赤)・±3%乖離(緑)

(出所:石原順)

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/28

ビューティー指数は輝きを取り戻すか(香川)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)