現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第395回 「円安牽制発言の真意は?ドル/円は第一弾の買い場に接近中」
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2015年4月16日

第395回 「円安牽制発言の真意は?ドル/円は第一弾の買い場に接近中」

円安牽制発言の真意は?

アベノミクスのブレーンから円安相場をけん制する発言が相次ぎ、投資家を混乱させている。安倍政権の経済ブレーンである本田内閣官房参与が「円安のスピードは、想定していたよりも速い」「ドル/円は、130-135円以上には上昇しない見通し」と発言し、13日には浜田内閣官房参与の「購買力平価からすると120円はかなり円安。105円位が妥当」「1ドル=125、130円と思っている人は注意必要」というBSフジでの発言で、ドル/円が急落する場面があった。4月8日の金融政策決定会合では日銀の木内登英審議委員が5兆円ずつ緩やかに増額ペースを落としていくという「出口論」を提案している。

ドル/円購買力平価と実勢相場

(出所:公益財団法人 国際通貨研究所)

1ドル=130円でも黒田日銀総裁がインフレ目標としている2%に到達する可能性は極めて低いが、両者とも、「日本銀行は追加金融緩和を当面控えるべき」との見解を示している。積極的な金融緩和を支持するリフレ派論客二人の発言は海外でも報道されているが、今のところファンド運用者の間では、「これは安倍政権の総意というわけではなく、本田・浜田両氏の個人的な見解であろう」という意見が多い。

浜田宏一内閣官房参与は13日に日経新聞とのインタビューで、「インフレ目標はそんなに重要ではない」発言し、2%の物価目標に向けてがむしゃらに金融緩和を進める必要はないという考えを明らかにした。政府の立場もこれに近いと思われる。おそらく、本田・浜田両氏とも、インフレと<悪い円安>を懸念して上記のような発言を行ったのであろう。

財務省の立場に立てば、異次元緩和政策のプライオリティーは金利を上がらないようにして、金融抑圧(実質金利をマイナスにしてマイナス金利にして政府債務を減らす政策)を続けていくことにある。株高は結構なことではあるが、その副産物に過ぎない。だから、円安が走り過ぎて物価が上がるようなインフレになるのは避けたい。当局の本音としては、「インフレ目標なんて大義名分で、ゼロ金利を続けられるのが一番」ということだろう。実際に物価上昇率が2%になったら困るのである。

金融抑圧は預金や債券保有者に対する隠れた課税である。4月15日の日経新聞に、「高くつく低金利のコスト 預金者、5年で損失24兆円」という独フランクフルター・アルゲマイネの記事が載っていた。「低金利によってドイツの預金者は、過去5年間で総額1,900億ユーロ(約24兆円)を失った。これは1人当たり2,300ユーロを超える計算だ。1999~2009年の金利水準が続いていたと仮定すれば、定期預金で1,120億ユーロ、債券で310億ユーロ、保険関係で480億ユーロの金利収入が得られたはずだと、DZバンクは試算する。融資金利も下がっているため、ここでは780億ユーロ分の利払い費を節約している。だが差し引きすれば、家計にとって低金利で損をしていることがわかる。しかも今年だけでさらに700億ユーロのマイナス効果が加わるかもしれないのである。低金利は、資産価格の上昇スピードも鈍らせ、14年は0.9%の伸びにとどまった。ドイツ人は資産全体の10%しか株式に投資していないから、金融緩和によって生み出された株価上昇の恩恵をあまり受けていない」

ドイツはまだバランス感覚が残っている。日本では預金者の損失といった記事をあまり見かけない。それはともかく、日本もドイツも家計は似たような状況にある。日本の2015年度予算は96兆円(4割近くを借金である新規国債の発行で賄う)と過去最大で成立したが、現状の異次元緩和下で金融抑圧が成功しているから、政府は国債をさらに発行できるし、これまで以上のバラマキを続けられるのだ。

一方で、国民負担率は43.4%に上昇し、家計へのしわ寄せとなっている。このような環境では日本の景気はたいして良くならないが、もうしばらく株だけは上がっていくだろう。しかし、現在の世界的な株高は異常低金利によるバブル膨張であり、賞味期限を考えて投資する必要がある。いずれにせよ、日本の異次元緩和の目的が日本国債のPKOであることが誰の目にも明らかになってきた。株価の上昇は異次元緩和というカネ余りの副産物であることを、頭の隅に置いておきたい。

やはり4月はいったん手仕舞いの月なのかもしれない

先週のレポートに『筆者にとって4月は手仕舞いなので、今月は利食い優先の姿勢で相場に対峙している。「基本的に10月から12月の押し目を拾って来年の4月までに手仕舞えば、運用リスクを減らすことができる」という実感が筆者にはある。ドル/円相場は日足で円安トレンドが発生するか、相場が逆張りゾーンまで下落しないうちは、新規に大きなポジションを作ることを控えている。ドル/円相場に関しては13時間エンベロープを観ながら1時間足での押し目買い・吹き値売り売買を続けているが、これも大幅にポジションを縮小しての相場参戦である』と書いたが、筆者は現在小さいポジションでしか新規に相場参戦していない。

3月PKO相場の反動が出る4月相場の円安局面は第2週まで、大きく見るとやはり4月はいったん手仕舞いの月なのかもしれない。今年の相場はクロス円を含めた円相場全体でみると円高である。クロス円全体に円高なのでドル/円の上昇も緩慢となっている。下の円相場の年間変動パターンをみると、4月は秋相場ほどではないが円高のバイアスが強い月である。

米国の大統領選サイクルと円相場の年間変動パターン

(出所:石原順)

130円までは円安の旗を降ろさないだろう

現在、TPP問題・米国の為替報告書への考慮・週末のG20・日本の統一地方選挙事情といった、あまり円安が進んでほしくない事情を日本は抱えている。しかし、アベノミクス相場の延命のためには、「15年に及ぶデフレ脱却に向けて安倍政権が日銀に追加緩和を求める」という旗を降ろすわけにはいかないだろう。安倍政権の閣僚が黙っているのは、アベノミクス相場の象徴である円安の旗を降ろすわけにはいかないからだ。「さすがに127円~130円レベルとなると円安牽制が入るのではないか」というのが、筆者の周辺のファンドの見方である。

浜田宏一内閣官房参与は14日、ブルームバーグの電話取材に対し「一般的にこの辺ではかなり円が売りたたかれているところの限界にだんだん近づいているのだというシグナルを流すことは悪いことではないと思っている」と述べたが、いずれにせよ、現在の円安は<良い円安>である。良い円安は急激には進まない。上昇にも自ずと限界があろう。したがって、2015年の相場で筆者は逆張り的な投資手法をメインに使っている。

ドル/円相場は筆者の注目している13日エンベロープ(移動平均線乖離)の-1%付近まで下落してきた。ここは、第一弾のドルの買い場(ストップ注文は必須)である。この水準は一目均衡表の<雲>の下限である。しかし、ここが維持されないと、第二弾のドルの買い場-2%乖離までの下落も想定されるので注意が必要である。

ドル/円(日足) ドル/円は第一弾の買い場に接近中
上段:13日エンベロープ(移動平均線乖離)±1%(青)・±2%(赤)・±3%(緑)・一目均衡表の<雲>
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

ドル/円(日足) 21日ボリンジャーバンドが縮小、次のトレンド発生に警戒する局面だが、下値は限定的か・・
上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/07/25

Gold 1,250ドル超え ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/25

FRBはハト派?タカ派?円高で日経平均下落(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

土信田雅之

国内株式 2017/07/24

さらなる上値追いは、主力バリュー株の動向次第?

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/07/24

「柴田法則」個別銘柄分析 7月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/07/24

もち合いが続くなか、上下いずれかのトレンド発生に要注意

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/07/21

特集:半導体・半導体製造装置セクターの最近の動き(東京エレクトロン、ディスコ、アドテックプラズマなど)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/21

リグ増加が鈍化しても米国の原油生産量が減らない訳

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

石原順

FX 2017/07/20

「相場の急落が起きる時のコンディション・トランプVSメルケルはブラックマンデーの構図か?」

石原順「外為市場アウトルック」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)