現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第391回 株も国債も発行している張本人が最大の買い手、過程は無視して結果を動かす胴元相場とその見通し

「外為市場アウトルック」一覧へ

2015年3月19日

第391回 株も国債も発行している張本人が最大の買い手、過程は無視して結果を動かす胴元相場とその見通し

株も国債も発行している張本人が最大の買い手

日本株の上昇が止まらない。政府と中央銀行が市場に直接手を入れるという「ケインズもびっくり」の相場が展開されている。現在の日本株の上昇をけん引しているのは、ご存じのとおり公的資金と自社株買いである。国家の意を受けた中央銀行が国債を買い、国家の意を受けた公的・準公的資金が株を買い、企業が自社の株を買うという動きから、現在の相場を<胴元相場>と呼ぶ運用者は多い。

日本企業の自社株買いは<ROE10%台への包囲網>に向けた動きである。今年の自社株買い需要は4~5兆円あるとも言われており、そうした動きが数年間は続くと言われている。これだけ自社株買いが出ていると、エクイティ・ファンナンスの意義に対する疑問が出てくるが、2月だけで日本円に換算して12兆円、年間100兆円規模の自社株買いが行われている米国株式市場に比べれば、日本企業の自社株買いの規模など可愛らしいものだ。

日経平均(日足)25日エンベロープ 国内買い需要で下値は堅い・・
(移動平均乖離)±5%(赤)・±10%(青)

(出所:石原順)

本来、株価も物価も景気がいいから上がるものである。結果としてそうなるのだ。しかし、日本ではそうした<過程>は無視されて、<結果>を動かす相場が展開されている。物価目標にしても、本来はディマンド・プル型インフレを目指すべきだが、コストプッシュ型インフレ(スタグフレーション)でも、「2%を達成すればなんでもよい」という感じが否めない。

株も国債も胴元が買うのはよいとして、胴元が株の最高値を買い上がったり、国債の歴史的な高値水準を買っているため、現在日本株を買っている海外投機筋も「日本市場に買い手がいるのはあと1年くらいではないか?」と観ているらしい

一方、為替市場は世界中で通貨安戦争となっており、また為替は相手があるので(2国間の国債の交換取引)露骨な操作を行うと政治問題や通商問題となってしまう。ドル/円は、統一地方選に向けた「為替固定・株高歓迎」の意を汲んだかのような相場展開となっている。選挙前事情と米国の急激なドル高を牽制しそうな雰囲気を察してか、ドル/円の上値では準公的機関の売りが出ていると噂されている。

ドル/円(日足)13日エンベロープ
(移動平均乖離)±1%(青)・±2%(赤)・±3%(紫)

(出所:石原順)

今年、賃上げを発表している企業は自動車と電気がほとんどであり、円安=株高という図式は整合的であるが、胴元買いの事情から、現在、円安と日本株高が連動しなかったり、米株高と日本株高が連動しない相場展開となっている。

注目のFOMCは「辛抱強く」の文言はずしとフォワードガイダンスの放棄

今回のFOMCも基本的には、「利上げは今後のデータ次第」ということ以外、何も言っていない。イエレンFRB議長は会見で「忍耐強くの文言を声明から削除したからといって、われわれが忍耐強くならないというわけではない」と述べている。以前のレポートに書いたが、FOMCは事実上、フォワードガイダンスを放棄している。

「FRBが今後行うことを詳しく説明するのを期待するのは禁物だ。なぜかと言えば、FRBはそれが分からないからだ。われわれは1年後に何をしているかを知らない。将来の正確性を追求し過ぎるのは間違っている」というスタンレー・フィッシャーFRB副議長の方針に沿った運営になっているのである。

昨日のFOMCでは「辛抱強く」の文言が予想通り削除されたが、一方で、米国経済やインフレ率、政策金利見通しを軒並み引き下げるなど、ハト派(バブル容認)的な内容となった。レイ・ダリオやジェフリー・ガンドラックといった大手ファンドの代表が「FRBは利上げに慎重になるべきだ」と発言しているが、イエレンFRB議長が同じスタンスを示したことで、米国株市場関係者は「ビハインド・ザ・カーブだ」と、金融(カネ余り)相場の延命に大喜びだ。

NYダウ(日足) イエレンが出てくると株が上がる
上段:18日エンベロープ(移動平均乖離)±3%(赤)
下段:ストキャスティクス(5.3.3)

(出所:石原順)

FOMCで公表された17人の政策金利予測のドット・チャートをみると、2015年末時点で政策金利1%以上が適切な水準だとした人数は4人となり、2014年12月時点の9人から大幅に減少した。

FOMCメンバー17人による政策金利予測 2015年末時点の政策金利見通しの中央値が0.625%に大幅に引き下げられた

(出所:FRB)

フェデラルファンド(FF)金利先物
10月の利上げ確率が58%としている。9月の確率は61%から38%に低下

(出所:石原順)

大局的なドル高相場にまだ変化はない?

先週のレポートで、グローバルマクロファンドの<強すぎるドルへの懸念>を紹介したが、今回のFOMCでイエレンFRB議長は「今年の成長率見通しは若干下方修正された。ドルに関しては、輸出の伸びが鈍化していることを確認しており、ドル高がその一因である可能性がある。一方で、ドル高は米経済の力強さを一部反映している。ドル高はまた、輸入物価抑制の一因だ。これは現時点で、少なくとも一時的にインフレ率を押し下げている。われわれは海外での動向を勘案している」(18日 ロイター)と述べた。

ドル高は輸出には不利だが、輸入物価が下落するのは米国民にとって良いことであろう。しかし、上記の発言を読むと、ドル安で輸入物価が上がり物価が上昇する(コストプッシュ・インフレ)のは良いことだとも受け取れるような発言をしている。そもそも物価目標とドル高を関連付けて論じても意味はない。どうでもいいような発言だが、この発言と利上げ後ずれ予測を<ドル高牽制>と受け取った市場はドル売りで反応し、ストップロスを巻き込んだ大変動相場に発展した。

ユーロ/ドル(日足) 大局はユーロ売り、21日移動平均線を超えられるか?
上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

筆者は大局的なドル高相場にまだ変化はないとみているが、ユーロを中心としたドル買われ過ぎの状況にあったことでポジションの巻き戻しが出たようだ。ドル買いトレンド相場はいったん終了し、ここから相場は調整相場に移行するだろう。

ドル/円は昨日のNY市場で、押し目買いの第一段階の目安である13日移動平均線の1%下(-1%乖離)まで下がった。この水準で昨日ドルを買ったが、この-1%乖離から-2%乖離の水準は、ドルの押し目買いで対応する予定である。

ドル/円(日足) 13日エンベロープ
上段:13日移動平均線±1%乖離(黄)13時間移動平均線±2%乖離(赤)
下段:21日標準偏差

(出所:楽天FX マーケットスピードFX)

ドル/円(1時間足) 13時間エンベロープと平均回帰を狙った押し目買いポイント
13時間移動平均線±0.3%乖離(黄)13時間移動平均線±0.6%乖離(赤)

(出所:楽天FX マーケットスピードFX)

ドル/円(日足) 一目均衡表と三角保合

(出所:楽天FX マーケットスピードFX)

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

今中能夫

国内株式 2017/05/26

特集:半導体製造装置(東京エレクトロン、アドバンテスト、アドテックプラズマ、平田機工)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/05/26

なぜ減産を延長したのに原油価格が急落したのか?問題は延長の仕方にあり。

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/05/26

外食、金券が充実の6月優待。あの超人気「パンケーキ」も♪

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/26

不確実性を乗り越える?日本の配当貴族に注目(香川睦)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

石原順

FX 2017/05/25

「チャートで為替・株式相場を読む・昨日のドル/円乱高下相場での実践的トレードテクニック」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/05/25

必見!株式投資で成果が出にくい個人投資家の共通項とは?(その1)

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/05/24

フランスの国民議会選挙

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

堀古英司

海外株式 2017/05/24

アップルとグーグル、5年後の検証と今後

堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」

吉田哲

コモディティ 2017/05/24

商品先物取引入門講座「ドル建てと円建て」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)