現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第387回 米国の利上げはいつか?10月末買い4月末売り戦略の見通し
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2015年2月19日

第387回 米国の利上げはいつか?10月末買い4月末売り戦略の見通し

米利上げ観測は後退?2月24日のイエレンFRB議長の議会証言を待つ

権力者の意向を代弁すると言われ、米国債市場に最も影響力を持つといわれるブラード・セントルイス連銀総裁は1月31日のブルームバーグのインタビュー記事で、「6月か7月の利上げ予想は妥当。原油価格の下落は米国経済にとってプラスである。失業率は第3四半期に5%を下回る見通し」と語り、市場で話題になっている(解釈が分かれている)「海外情勢を考慮する」という声明については、「特別な意味はない」という見解を示した。

米国の雇用統計は今年1月までの3カ月間の雇用者増は100万人と、米経済が絶好調だった第2期クリントン政権時(1997年9~11月)以来の高水準となった。これで米国債市場は年央の利上げを織り込みに行く格好となっていた。

ところが、昨日発表された1月開催分のFOMC議事録では、「多くの参加者は政策正常化の開始時期と関連したリスクバランスの評価を通じて、フェデラルファンド(FF)金利をより長期にわたり事実上の下限で維持するという考えに傾いたとの認識を示した」「FOMCは、リスクについてほぼ均衡しているとの認識を示す一方、ドル上昇、ギリシャやウクライナなど国外の懸念材料、緩慢な賃金の伸びが利上げ開始の正当性を弱めていると指摘した」(2月19日 ブルームバーグ)と報道されているように、「時期尚早な利上げは景気回復の腰を折りかねないと当局者が懸念を示していた」ことが判明した。

米雇用統計の推移 2000年~2015年 過去3か月の雇用者増は100万人

(出所:石原順)

米10年国債金利(左)と2年国債金利(右)の日足
FOMC議事録を受けて2年国債は金利急低下

(出所:石原順)

FOMCメンバーの主張は、(2013年11月のIMF会議でサマーズ元米財務長官がスピーチを行って以来筆者が何度も取り上げてきた)ローレンス・サマーズの<長期停滞仮説>をベースとした<MITコンセンサス>(バブル温存)が反映されたものである。

ローレンス・サマーズは、1月のダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)で、「今年利上げをしようとする米当局は、困難に直面するだろう。海外の経済の弱さと米国内のインフレの鈍さが理由だ。脅威がはっきりするまではインフレとの闘いを始めるべきではないし、それはまだまだ先のことだ。圧力が差し引きでデフレの方にかかっている限り、行動を考えるべきではない」と発言し、2月9日の英フィナンシャル・タイムズに「インフレの兆候がハッキリするまで米利上げは急がずに」という論文を寄稿した。

サマーズは英フィナンシャル・タイムズへの寄稿で、「実質賃金は停滞している。インフレの兆候はないし、長期停滞下ではインフレは多少加速する方が望ましい。米経済はグローバル経済とかつてないほどリンクしており、米国の利上げとドル高で、新興国企業の社債(ドル建て債務は日本円に換算して300兆円で75%がドル建て)の巻き戻しが起こる可能性がある」ことを指摘していた。

米国企業はドル高で業績が悪化しているが、それ以上に深刻なのはIMFが指摘しているドル建て債務を抱える新興国だ。経済というのは、自分だけが潤うということはできない。取引する相手が貧しくなれば、自分も富を失っていく。

当局者がFF金利をより長期にわたり事実上の下限で維持するという考えに傾いたとの認識を示したことで、にわかに利上げ後ずれ(ビハインド・ザ・カーブ)観測が盛り上がり、年央の米利上げを警戒していた投機筋は、昨日、「バブルが延命する可能性が出てきた」と多くがミーティングを行っている。

FF金利先物
FOMC議事録を受けて9月の利上げ開始見通しが64%から53%に低下

(出所:石原順)

もっとも、セントラルバンカーとしては金利を正常化したいだろうし、米国は日欧にQEをやらせて、出口(金融政策の正常化)政策に動いていることは間違いない。現在、「6月の利上げは困難で後ずれする」「年内は利上げなし」などの様々な憶測が出ているが、ファンド筋は2月24日のイエレンFRB議長の議会証言(金融政策および経済情勢に関する半期に一度の議会証言)を聞いて判断するという意向のようだ。

米国の利上げがあるなら、リスク商品への投資戦略は前半勝負となろう

仮に米国が今年利上げに動いた場合、その利上げは過去の引き締め局面とは比べ物にならない影響を金融市場に与える可能性がある。過去の利上げとは違うのだ。この7年間、FRBはひたすらカネをばらまき景気を刺激してきたが、QE3も終わり、米利上げとなればその副作用(金融市場で大きな変動が発生するリスク)に注意しなければならない。

米国の利上げの有無、実施時期などは見方が分かれているようだが、はっきりしているのは4月、確率的には6月までは利上げがないということである。そうであれば、今年もやはりリスクをとるのにふさわしい時期は年前半ということになる。

2015年 のFOMC・ECB理事会・日銀 金融政策会合開催スケジュール
6月までは米国の利上げはない?

(出所:石原順)

1月22日にドラギECBがQEを決定したことで、ドラギバブルはQEの賞味期限といわれる2カ月くらいは続きそうだ。3月後半あたりまで、株式市場は崩れにくいということである。日本株も本日の相場で日経平均が2007年7月9日高値18261円を上回り、約14年9カ月ぶりの水準に上昇している

日経平均(月足) 約14年9カ月ぶりの水準に上昇

(出所:石原順)

ファンドの間では、日経平均が2007年高値をしっかり上抜いてくると、19,000円が視野に入ってくるという見方も多い。今年は日銀、公的年金、自社株買いだけで10兆円規模の買い需要があることを考えると、まだしばらく上昇相場が続くだろう。

だが、内容はよくない。最近、メガバンクが上げていて、<金利上昇>が銀行株上昇の理由との報道がされているらしいが、これを聞いて腰を抜かしているのは海外の運用者である。

「金利が上がって銀行が儲かるなどという話はあまり聞いたことがない。日本の金利は金融機関が利ざやを大きくとれるほど上がっていないし、長期金利が上がると、銀行が保有する債券の損益が悪化する。金利が上がって株が上がるという循環は、業績相場の初期にみられる現象だが、現状の日本は官製相場というかPKO相場だろう」と、メガバンクがなぜ買われているのか理解しがたいという運用者も多い。

三菱UFJファイナンシャルグループ(日足)
上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ(緑)

(出所:石原順)

しかし、答えは簡単だ。2月18日の日経新聞の報道では、「株価指数連動型のETFに限れば、推計で銀行は時価総額の6割前後を保有しているともいわれる。日銀の買いを除いても、銀行はETFの主要プレーヤーとして存在感を高めている」という。銀行がTOPIX型のETFを買えば、時価総額の大きい銀行株は上がるだろう。

よく相場を見ていればわかるが、日本株も日本国債金利も米国市場と連動しているだけである。ここから、米利上げの後ずれ観測で米国株が上昇となるなら、日本株も上昇するだろう。連動しなければ日本市場の独自性ともいうべきPKOが入る。米国が実際に利上げ(政策転換)を行うまでは、バブル相場が続く可能性が大きい。いずれにせよ、4月までは押し目買いに分がありそうだ。

「10月末買い4月末売り」戦略の見通し

現在、株式インデックスの「10月末買い・4月末売り」取引は、概ねうまくいっている。円相場の方は、ドル/円はドル高相場で好調だが、ユーロ/円などのクロス円取引が不調である。筆者は確率に基づいたこの投資手法を毎年続けているが、1月に急落したクロス円相場が4月までに回復をみせるかどうかは、米国の利上げ観測が後ずれするのか否かが大きなポイントである。したがって、2月24日のイエレンFRB議長の議会証言が相場の方向性を決めることになるかもしれない。

日経平均(月足)「10月末買い・4月末売り」
(過去15年間で11勝4敗、65年間で48勝17敗)

(出所:石原順)

NYダウ(月足)「10月末買い・4月末売り」
(過去15年で12勝3敗、117年で79勝38敗)

(出所:石原順)

ドル/円(月足)「10月末買い・4月末売り」

(出所:石原順)

NZドル/円(月足)「10月末買い・4月末売り」

(出所:石原順)

ユーロ/円(月足)「10月末買い・4月末売り」

(出所:石原順)

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/07/25

Gold 1,250ドル超え ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/25

FRBはハト派?タカ派?円高で日経平均下落(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

土信田雅之

国内株式 2017/07/24

さらなる上値追いは、主力バリュー株の動向次第?

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/07/24

「柴田法則」個別銘柄分析 7月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/07/24

もち合いが続くなか、上下いずれかのトレンド発生に要注意

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/07/21

特集:半導体・半導体製造装置セクターの最近の動き(東京エレクトロン、ディスコ、アドテックプラズマなど)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/21

リグ増加が鈍化しても米国の原油生産量が減らない訳

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

石原順

FX 2017/07/20

「相場の急落が起きる時のコンディション・トランプVSメルケルはブラックマンデーの構図か?」

石原順「外為市場アウトルック」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)