現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第381回 金融戦争とボルカー・ルールで原油バブルは崩壊、波乱含みの1~2月相場

「外為市場アウトルック」一覧へ

2015年1月8日

第381回 金融戦争とボルカー・ルールで原油バブルは崩壊、波乱含みの1~2月相場

金融戦争とボルカー・ルールで原油バブルは崩壊

OPEC(石油輸出国機構)と米シェールオイル企業との「我慢比べ」が続いている原油相場が下げ止まらない。このシェールオイル企業潰しの動きの中で大きなダメージを受けているのはロシア経済であろう。

原油先物(日足) ついに50ドル割れ・・

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

Eog Resources(日足)

Eog Resourcesはシェールオイルの優良企業で採算コストは40ドルと言われている

(出所:石原順)

ロシアRTS指数(日足) 原油安を受けてロシアRTS指数は半値以下に・・

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

原油下落の背景には世界的な需要の低迷があるものの、今回の原油の暴落は「サウジの体力勝負によるシェールオイル企業や新興産油国潰し」がマーケットテーマになっている。これに米国のロシア・イラン包囲網などの政治的な思惑も重なり、<原油を使った金融戦争>の様相を呈している。サウジは原油価格が20ドルになっても減産しないと発言しており、原油相場は底なし沼のようになっている。

原油安は日本や米国経済にとって良いことである。それでも年初から相場が荒れているのは、オイルマネーのファンド解約が出ていることと、昨年末にロシアのクルディン元財務相が「来年ロシアはデフォルトするかもしれない」と発言したことで、ロシアが意図的に2015年分の1200億ドルの対外債務をデフォルトする(債務の利払いや償還を一時停止する)かもしれないという観測が浮上しているからだ。

<売り>を得意とするファンドの運用者は、「国民には2年間辛抱しろと言っているが、このままプーチンが座して死を待つとは思えない。プーチンはロシア包囲網への報復として軍事行動を起こすか、あるいは国や民間の対外債務をデフォルトさせることで、欧州や米国を道ずれに金融危機を起こす可能性がある。ロシアの民間の対外債務が焦げ付いて一番困るのは欧州(ドイツ)だろう」と語っている。このまま原油安・ロシアルーブル安・ロシア国債金利上昇が止まらなければ、そういった観測も無視できなくなってくる。

ドル/ロシアルーブル(日足) ロシアルーブルはいったん下げ止まったが、再下落相場に

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

ロシア10年国債金利(日足) 通貨防衛の利上げはもう限界か・・

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

筆者は原油の下落は40ドル近辺まで下がればいったん終了するのではないかとみているが、NY原油先物の投機筋の買いポジションが相変わらず高水準なのが気になっている。「銀行が証券、デリバティブ、商品先物・オプションの短期的な自己勘定取引を行うことは禁止される」というボルカー・ルールの影響で商品先物市場は参加者が少なくなったが、トレンドフォロー系の投機筋の商いが原油先物市場に集中しているため、買い建て玉は減っているものの歴史的にみると高水準だ。

NY原油のポジション(2014/12/30時点 CFTC発表)

買い建て玉は減っているものの歴史的にみると高水準

(出所:石原順)

また、原油先物は1998年の10ドル近辺から2008年には150ドル近辺まで上昇したが、この間の上昇は約15倍である。他の物価水準や賃金の上昇と比較すると、異常な上がり方となっている。現在の50ドル近辺の値段でも1998年と比較すると約5倍の上昇である。1973年の第1次オイルショックでも5ドル、1979年の第2次オイルショックでも10ドルまでしか上昇しなかったことを考えれば、現在の原油価格が異常なのかもしれない。いずれによ、原油価格が落ち着くまでは金融市場もボラタイルな展開となりそうだ。

原油先物(月足) 他の物価水準や賃金の上昇と比較すると、2000年以降の上がり方が異常なのか・・

(出所:石原順)

投機筋は動きの悪いドル/円からユーロ/ドルに乗り換え

ギリシャは昨年12月29日に次期大統領を選出する3回目の投票を行ったが、与党候補の就任が否決された。これにより議会は解散となり、総選挙が1月25日に行われることになった。野党急進左派連合(SYRIZA)は緊縮財政と引き換えに金融支援を確保してきたこれまでの方針を「破棄する」としており、仮に野党急進左派連合(SYRIZA)が政権を取った場合、欧州連合(EU)との摩擦は避けられないことから、欧州債務危機が再燃するのではないかという思惑が拡がっている。

ギリシャの総選挙が実施される1月25日まではユーロ売りで攻めたいという投機筋がユーロ売りを進め、ユーロ/ドルは1月7日に1.1801まで下落した。また、ユーロ圏12月消費者物価指数が2009年10月以来のマイナスに低下しており、1月22日のECB理事会での追加緩和期待が高まっている。とりあえず1月22日のECB理事会の結果が相場の流れを決めそうだ。

ユーロ/ドル(日足)

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

ユーロ/円(日足)

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

2015年 FOMC・ECB・日銀 金融政策会合開催スケジュール

(出所:石原順)

ユーロを売る材料には事欠かないことから、投機筋は動きの悪いドル/円からトレンドの出ているユーロ/ドルやユーロクロス相場に乗り替えている。ドル/円は10月末の黒田バズーカ2以降、円売りポジションが積み上がったが目先は目新しい材料がない。そのため、高値掴みのポジションの一部が巻き戻されている。

ドル/円は相変わらず次のトレンド待ちの状況で、現在は相場の方向性を示唆していない。12月8日高値の121円83銭を上抜かない限り、しばらくレンジ相場が続きそうだ。明日の米雇用統計がその足掛かりとなるか注目したい。

シカゴIMM 円のポジション(2014/12/30時点 CFTC発表)

円売りポジションが積み上がっている

(出所:石原順)

ドル/円(日足) 次のトレンド待ち

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

(出所:石原順)

ドル/円 2015年相場の予想レンジ

(出所:石原順)

米雇用統計の推移

明日発表される12月の米雇用統計の予想中央値は、非農業部門雇用者数は+24万人、失業率は5.7%

(出所:石原順)

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

ハッサク

FX 2017/05/24

フランスの国民議会選挙

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

堀古英司

海外株式 2017/05/24

アップルとグーグル、5年後の検証と今後

堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」

吉田哲

コモディティ 2017/05/24

商品先物取引入門講座「ドル建てと円建て」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/05/24

消化不良のロシア疑惑 今後の展開は?(窪田真之)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

出島昇

国内株式 2017/05/23

アメリカの政治リスクを前に、19,500〜20,000円の中での日柄調整続く

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/05/23

米政治ドラマは続く ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

土信田雅之

国内株式 2017/05/22

「アイランド・リバーサル」と「ブロードニング・フォーメーション」

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/05/22

「柴田法則」個別銘柄分析 5月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/05/22

引き続き5日移動平均線上を回復できるかが持ち直しのカギ

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/05/19

決算コメント:東芝、ルネサス、小野薬品

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)