現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > 石原順「外為市場アウトルック」 > 第352回 通貨ファンドが今後有望と考えている通貨ペアは何か?
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

「外為市場アウトルック」一覧へ

2014年6月19日

第352回 通貨ファンドが今後有望と考えている通貨ペアは何か?

低ボラ・バブル相場

ここ数年、ヘッジファンド全体の運用収益は悪化している。ブルームバーグが集計したデータによれば、マクロファンド全般の2013年の運用成績はマイナス2.2%である。長期にわたって高収益を上げ続けてきたファンドの運用者からも、「この2~3年の相場はリスクだけ高くて、リスクに見合うリターンがない」との嘆きが聞こえてくる。

そして今年も非常に変動率の低い「低ボラ・バブル相場」がここまで続いている。下のチャートは米国の株価指数S&P500の日足と投資家に人気のあるMACDの売買シグナルである。このシグナルに従って売買をしても<骨折り損のくたびれ儲け>的な成果しか得られていない。日足ベースの順張り的なスウィング売買がなかなかうまくいかないのである。

S&P500(日足)とMACDの売買シグナル

(出所:石原順)

ジリ高のうちは米国株も安心?

S&P500はずっと上げ続けているのに、なぜ順張りが儲からないのか不思議に思われるかもしれないが、チャートを見るとS&P500の相場が上に走り出したのは5月下旬からである。年初から4月末まではプラス2.8%しか上昇していない横ばいレンジ相場だった。昨日の高値更新でプラス6.8%まで上昇してきたが、米国株の運用者の間では「相場が走り出すと逆に怖い。ジリジリ上がっていく方が安心できる」と警戒する声も出ている。急騰の後には急落がつきものだからである。

S&P500(日足) 年初からの上昇率とトレードチャネル

(出所:石原順)

運用の要諦はボラティリティ(価格変動率)管理

2014年の運用で成績が安定しているファンドは、徹底したボラティリティ(価格変動率)管理を行っているところが多い。ボラティリティをみるにはATR(アベレージトゥルーレンジ=最大値幅の平均値)か、オプションボラティリティを使うのが一般的だ。

NYダウの日足チャートを見てみよう。下のチャートの緑のゾーンがボラティリティの低下している局面である。ボラティリティがピークアウトして(天井を付けて)低下していくこのゾーンでの「買い」は、比較的リスクを軽減できると思われる。

上げ相場はジリジリとしか上がらないが、下げ相場はあっという間に下げることが多い。よって、価格変動の測定は実践の売買で有効なツールとなり得るのである。

<本当に強い買いトレンド相場>ではATRやボラティリティが上がりながら株が上げることもあるが、ファンドのなかには上昇6年目に入った米国株の秋相場に対する警戒もあり、「ボラティリティの高いところは買いたくない」との慎重な見方をしているところが多い。

NYダウ(日足) ボラティリティの低下期間中は安定した「買い」相場となりやすい?

18日移動平均線の+3%乖離局面は周期的な天井圏か?

(「相場の変動率」を解析する指標(計算式)が「ATR(アベレージトゥルーレンジ)」で、相場の変動が大きい傾向なのか小さい傾向なのかを分析する場合に有効)

上段:8日ATR(赤)・20日
中段:日足と18日移動平均線3%乖離
下段:オプションボラティリティ(緑)

(出所:石原順)

S&P500(日足) 大きな買い場はストキャスティクスのダブルループ発生場面?

上段:1日ATR(緑)・8日ATR(赤)・20日ATR(青)
中段:21日ボリンジャーバンド±2シグマ
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

日本株はPLO(Price Lifting Operation)で長期抵抗線を再び試す展開

史上最高値を更新してきたS&P500の上昇を受けて、日経平均も連動性を強めてきた。先週のレポートで「年金勘定の株買い」について述べたが、ファンド勢は「これはPKO(Price Keeping Operation=株価維持操作)ではなく、 PLO(Price Lifting Operation=価格吊り上げ操作)だ」 との認識を持っている。

その動きに便乗した海外投資家の日本株買いが4週連続続いているが、彼らは成長戦略を評価しているのではなく、日本株が上がっているから買っているだけである。あとは空売りの買戻しだ。

15000円台に入っても年金勘定の株買い(PLO)が続いているが、PLOが効くのは米国株が上がっているからである。PLOで日本株だけが上がることはないので、日本株に投資している投資家は、やはり米国株の動向に注意を払うべきであろう。

日経平均(月足)1990年代からの長期抵抗線(赤) 昨年12月以来の長期抵抗線超えが視野に・・

(出所:石原順)

日本株投資主体別売買動向 5月から信託(年金勘定)が買いの主役に

(出所:石原順)

米国株上昇6年目のハードル

日本も米国も自作自演の株高・通貨安・金利安(金融抑制策)作戦が展開されているが、過去の相場では、<米国株上昇期間は概ね5年>となっている。現在の米国株は既に5年3か月間上げ続け、今年は<上昇6年目という高いハードル>に直面している。

米S&P500株価指数月足の対数(LOG)チャート 上昇6年目のハードルは高い?秋以降の相場には注意が必要?

(対数チャートとは、縦の目盛りに値動きの絶対値ではなく値動きの比率をとったチャート) 

(出所:石原順)

株や通貨のボラティリティが上昇すると、保有量は一定でもそれにあわせてポートフォリオのリスク量は上昇していく。ファンドや年金などは上がったリスク量を減らすため、株や通貨を売却する動きに出る。バブル相場に便乗しながらも、今後の相場はボラティリティの上昇に注意すべき時間帯に入っている。

通貨ファンドが今後有望と考えている通貨ペアは何か?

インフレ率をみると、ユーロ圏は消費者物価の下落傾向が続いているが、米・英は消費者物価が2%近辺、日本は3%を超えてきている。消費者物価が2%を超えてくると、さすがにインフレ懸念から追加の緩和はやりにくい。現在、追加緩和の余地があるのは欧州である。

通貨を専門に運用するファンドによれば、このうち、米・日はまだ中央銀行のポートフォリオの拡大が続いており、欧州はこれからポートフォリオの拡大に動く。となると、メジャーカレンシーとしては、消去法でポンドが買われやすいのだという。

消費者物価の推移(対前年比) 

(出所:石原順)

中央銀行の総資産の変化率

米・日はまだ中央銀行のポートフォリオの拡大中、一方で欧州はこれからポートフォリオの拡大に動く

(出所:石原順)

6月13日にはカーニー英中銀総裁が、「利上げは市場予想より早期に実現する可能性がある」と発言しており、「今年の10月から来年の1月までに英国は利上げに動く」という観測が強化されている。

筆者はポンドという通貨があまり好きではないが、通貨ファンドの一部はポンド買いに熱心なようだ。もちろん、彼らもポンドのようなトリッキーな動きをする通貨の高いところは買わない。ひたすら、急落時の押し目買いに徹しているようだ。

ポンド/ドル(日足)と底値買いのシグナル

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:21日ボリンジャーバンド
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

ポンド/円(日足)と底値買いのシグナル

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:21日ボリンジャーバンド
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

このようなストキャスティクスを使った底値買い手法は、ポンドと同じく利上げサイクルとなっているNZドルや相対的に金利の高い豪ドルなどの円キャリー・トレードでも利用されているようだ。

相場に絶対はない。また、長期にわたって必ず儲かるといったテクニカル指標も存在しない。特にカウンタートレード(逆張り)はストップロスが必須の売買手法である。ストキャスティクスやRSIなどの「買われすぎ・売られすぎ」指標は、トレンドが発生すると壊滅的な損失を被ることがある。これらの指標はあくまで、「そろそろ買ってもいいかな?」という「目安」として使うべきであろう。

NZドル/円(日足)と底値買いのシグナル

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:21日ボリンジャーバンド
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

豪ドル/円(日足)と底値買いのシグナル

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
中段:21日ボリンジャーバンド
下段:ストキャスティクス5.3.3

(出所:石原順)

ドル/円は短期も長期も三角保合(もちあい)

ドル/円は現在、稀にみる低ボラ相場が続いている。ファンド運用者の多くが「政府や中央銀行が相場の主役となった副作用が低ボラ相場だ」と語っているが、「短期」も「長期」も三角保合(もちあい)相場となっている。

さすがの投機筋もドル/円の値動きの乏しさには辟易しているらしく、「とりあえず日足の三角保合をブレイクしたら電話してください」と、様子見に徹している。米長期金利に方向感が出てくるまで、いましばらく低ボラ相場が続きそうだ。

ドル/円(日足)と三角保合相場

(出所:石原順)

ドル/円(月足)と三角保合相場

(出所:石原順)

米10年国債金利(日足) 金融抑制政策で金利は上がりにくい?

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:21日ボリンジャーバンド

(出所:石原順)

日々の相場動向についてはブログ『石原順の日々の泡』を参照されたい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

石原順

「外為市場アウトルック」

海外のヘッジファンドを運用する現役のファンドマネジャーが、相場の周期および変動率を利用した独自のトレンド分析や海外情報ネットワークを利用した「生」の情報を提供いたします。

新着レポート

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

池水雄一

金・プラチナ 2017/07/25

Gold 1,250ドル超え ほか

池水雄一「他にはない特別な金のレポート Bruceレポート拾い読み!」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/25

FRBはハト派?タカ派?円高で日経平均下落(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

土信田雅之

国内株式 2017/07/24

さらなる上値追いは、主力バリュー株の動向次第?

土信田雅之「テクニカル風林火山」

出島昇

国内株式 2017/07/24

「柴田法則」個別銘柄分析 7月第4週

出島昇「柴田法則個別銘柄分析」

福永博之

先物取引 2017/07/24

もち合いが続くなか、上下いずれかのトレンド発生に要注意

福永博之「週間先物テクニカル分析」

今中能夫

国内株式 2017/07/21

特集:半導体・半導体製造装置セクターの最近の動き(東京エレクトロン、ディスコ、アドテックプラズマなど)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/21

リグ増加が鈍化しても米国の原油生産量が減らない訳

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

石原順

FX 2017/07/20

「相場の急落が起きる時のコンディション・トランプVSメルケルはブラックマンデーの構図か?」

石原順「外為市場アウトルック」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)