現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > FX > ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」 > 第22回 ドル円の年間変動幅
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

「ハッサクのなるほど為替超入門」一覧へ

2014年11月05日

第22回 ドル円の年間変動幅

ドル円は、先週末から日銀の追加金融緩和の発表により大きな上昇をしていますが、今回は年間の変動幅についてお話したいと思います。8月半ばから9月半ばにかけて102円台から109円台と約7円の円安が進行しました。スピードが速すぎるから調整があるのではないかという見方が多くなり、最初に109円台に乗せ109.46円を付けた後、一旦108円台半ばへの押しが見られました。ここまでの年間値幅は、8円70銭(109.46-100.76)です。約7円の値幅は年間の値幅の80%に当たることになります。マーケット参加者の多くが、「1ヶ月で7円は速すぎる。一旦調整があるだろう」と感じたのは、過去のドル円の年間の値幅が頭にあるからだと思います。通貨の動きや値幅には、それぞれ固有の特性があるため、過去の値幅を知ることは相場を予測する上で大切な道具のひとつになります。

ドル円 年間変動幅

※2014年は9月末時点の数値

上記の表は、1990年以降のドル円の高値、安値そして年間値幅と変動率を表しています。数字は絶対的なものではなく、どの時間帯の始値をとるか、ワンタッチの高値や安値をとるかで変わってきますので、参考値としてお読み下さい。

ドル円の値幅の特性

上記の表(1990年〜2013年)から推測されるドル円の値幅の特性をまとめてみます。

  • 最大年間値幅は1990年36.70円、最小値幅は2011年10.22円、平均18.95円
    2011年は円の史上最高値75.31円を付けた年(ドル円は戦後360円からスタート)
  • 変動率(年間値幅÷年初始値)最大1998年27.72%、最小2006年9.26%、平均16.99%

この過去の動きから今年の予想レンジの最大、最小、平均を推測すると、年間幅では、今年の安値(100.76円)に加えた高値は、137.46円、110.98円、119.71円
変動率では、今年の始値(105.26円)に変動率をかけると、29.18円、9.75円、17.88円、今年の始値(105.26円)に値幅を加えると、134.44円、115.01円、123.14円
ということになります。ひとつの目安として参考にして下さい。但し、2000年までの変動幅は大きく(平均22円)、近年はそれよりも小さくなってきていますので、参考までに直近5年、10年、15年の平均も下表にまとめましたので、ご参考にして下さい。個人的には、最近のボラティリティの低さや金融環境を考えると大変動にはなりにくい相場地合いと考えています。

また、上記の表には前年の終値から翌年の高値の値幅と安値の値幅も計算しています。下表はその直近5年、10年、15年を平均したものです。これは、翌年の相場レンジを予測するひとつの参考値になります。例えば、もし今年の年末に110円で終われば、来年の予想レンジは5年平均を使えば、104.88円〜119.13円になるということです。法人企業などで来年の予算を立てる時に役に立つかもしれません。それでは各表をじっくりと眺めながら読み解いて下さい。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

ハッサク

「ハッサクのなるほど為替超入門」

為替ディーリング歴22年。現役時代は行内で為替業務を社員に教示するなど、為替のイロハを熟知。「お金は、戦後最大の成長産業」と言い切るハッサク。「新聞などの身近な情報で為替分析」がモットー。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

外国為替証拠金取引のリスクと費用について

外国為替証拠金取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができ、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
委託証拠金について
外国為替証拠金取引をおこなうには、通貨ペアごとに、取引金額の4%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。 (法人のお客様の場合は、取引金額の1%(最大レバレッジ100倍)となります。)