現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 投資信託 > 吉井崇裕「ファンド分析レポート」

投資信託

吉井崇裕
ファンド分析レポート

投資信託の販売や運用、評価分析などを幅広く経験したファンドアナリスト吉井崇裕が、様々な投信をリサーチ。毎回、話題となっている投資テーマや、個別ファンドをクローズアップして解説いたします。

詳細

最新号

ここ数年、米国を中心に世界の株式市場は上昇し、為替市場も円安が進行しました。しかし、直近数カ月では株式市場は足踏み状態となり、為替市場も円高に振れています。トランプ政権への期待感が落ち着き、FRB(米連邦準備理事会)がバランスシートの縮小に言及する一方で、米株式市場は歴史的に見てバリュエーションがやや割高という声も一部で聞かれます。また、足元では米によるシリア攻撃や北朝鮮問題などの地政学リスクも懸念され、マーケットは身構えています。

レポートの続きを読む

バックナンバー

2016年
2015年
2014年