現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 投資信託 > 澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」 > 第168回 本格的な長期投資ならではの良さ
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

澤上篤人「さわかみ経済教室~中長期の資産形成~」一覧へ

2014年4月16日

第168回 本格的な長期投資ならではの良さ

財産づくりの大きな船になっていく

年金は当てにできそうにない、そう考える人が増えている。とりわけ若い人たちの間では、もう年金に頼ってはいられない、といった意識が常識のようになっている。

それもあってだろう、国民年金未加入者に未払い者を含めると、毎月の積立てをしていない人々が全体の50%前後にも達しているという。このままいくと、少子高齢化もあって年金財政がパンクするのは時間の問題と思いたくもなる。

だからといって、これは毎週末の全国各地セミナーで確認していることだが、ほとんどの人が何の対策も講じていない。年金は当てにできないと誰もがわかっているのに、なんら行動をしていないのだ。まるで、このままユデガエルとなっていくのを覚悟しているかのように。

そんな日本の現実をみるにつれ、さわかみファンドのような本格派の長期保有型投信が、もっともっと広く世に知られなければならない、そう痛感する。なにしろ、こちらは長期の財産形成や自分年金づくりにおいても、時間がたてばたつほど真価を発揮する頼もしいパートナーなのだから。

第1に、さわかみファンドは目先の相場動向に振りまわされることなく、どっしりした長期投資で世界の成長を取り込んでいく。世界経済は長いめでならしてみると、ずっと4%成長をしている。したがって、それを上回る投資リターンはいくらでも期待できる。もっとも、成績の約束はできないが。

第2に、投資リターンの積み上がりを再投資にまわすことで、ぐんぐんと複利効果が効いてくる。そういった長期保有型ファンドを余裕資金でどんどん買い増していったり、毎月の積立てでファンドを上乗せ購入していけば、驚くほどの財産づくりとなっていく。

第3に、さわかみファンド購入者の財産づくりが加速しながら進んでいくのをみて、新規購入者の裾野が末広がりとなっていく。それはそのまま、さわかみ丸が大きな大きな長期運用の船となっていき、ちょっとぐらいの荒波ではビクともしない財産づくりを皆で一緒に楽しんでいけることになる。

積立て投資のつかい勝手と、すご味

よく「すこしまとまった資金があるけど、いつ買ったら良いのでしょう」といった相談を受ける。正直いって、こちらも今日なのか1ヵ月後なのか、はたまた2~3ヵ月ぐらい様子をみた方がいいのか判断に苦しむ。

はっきりしているのは、できるだけ早い段階でファンドを購入していただきたいということだ。どうせ長期投資するのだから、購入時点の基準価額でさしたる違いはない。それよりも、より長く運用にまわす時間を与えていただきたいというのが、こちらの願い。

そこでだ、「そのまとまったお金を、10ヵ月ぐらいの積立て購入にまわしたらいかがですか」と提案することにしている。たとえば、いま1千万円あるのなら毎月100万円ずつの定期購入にする。そうしておけば、いつ買おうか悩むこともない。「できるだけ早いうちに買っておいてね」も、ごく自然にクリアできる。

長いこと運用ビジネスに携ってきての実感だが、買いのタイミングをピンポイントで当てるなんて、まぐれ当たりでも難しい。そんなことにエネルギーを費やしている間に買いそびれてしまうことの方が、よほど痛手が大きい。とにかく買っておくことだ。

ここで大事なのは、さわかみファンドが本格派の長期保有型投信であるという点であろう。そもそも、日本における毎月の積立て購入制度の普及を先導してきたのも、本格的な長期投資をやっていくぞという強い方向性を、さわかみファンドがもっていたからのこと。

一般的な運用では、その時々の経済情勢や相場環境に大なれ小なれ影響を受ける。そういった、是々非々型の運用では、購入タイミングによって成績が意外と大きく左右させられる。それでは、おちおちと毎月の積立て投資などやってはいられない。

ところが、さわかみファンドでなら、毎月の積立て購入が理想的な長期運用となっていくのだ。よく14年間まったく運用がブレなかったと評価してくれるが、それ以上に広く認識してもらいたいのは、下げ相場でより多くのファンド口数を手にできることの価値の大きさだ。後々の雪ダルマ効果がすごいことになる。

【2014年3月17日記】

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

澤上篤人

さわかみ経済教室~中長期の資産形成~

「さわかみファンド」で著名なさわかみ投信の会長である澤上篤人氏の中長期資産形成を土台としたコメンタリーです。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。 各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。