現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 投資信託 > 泉田良輔「Fund Picks」 > 第12回 低コストでリスクを抑えアクティブリターンを追求する-ひとくふう日本株式ファンドの工夫とは
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

泉田良輔「Fund Picks」一覧へ

2016年3月11日

第12回 低コストでリスクを抑えアクティブリターンを追求する-ひとくふう日本株式ファンドの工夫とは

大和住銀投信投資顧問株式会社 クオンツアナリスト 飯塚正昭 × Longine投信部

大和住銀投信投資顧問株式会社 クオンツアナリスト 飯塚正昭氏に、同社の日本株アクティブファンド「ひとくふう日本株式ファンド」[リスク費用]におけるクオンツを活用した運用手法についてお伺いしました。

Longine投信部より投資家に伝えたい3つのポイント

  • 「ひとくふう日本株式ファンド」は、クオンツを活用して、リスクが最小になるポートフォリオを構築します。
  • 中長期的にインデックス運用を上回るリターンの獲得を目指します。
  • クオンツを活用することで人間の手間を省き、効率的に運用することができるような設計をしています。

価格変動リスクをおさえ、アクティブリターンを狙う工夫

Longine投信部(以下、Longine)
大和住銀投信投資顧問株式会社 飯塚正昭(以下、飯塚)

Longine
日本株式の新規アクティブファンドとして「ひとくふう日本株式ファンド」の提供を開始します。ファンド名にも含まれていますが、どのような「ひとくふう」があるファンドなのでしょうか。
飯塚
当ファンドは、インデックス運用に対し「ひとくふう」をしています。JPX日経インデックス400の構成銘柄を投資対象としていますが、400銘柄全部に投資するわけではありません。クオンツ(定量的な分析手法)を活用することで、リスクが最も小さいポートフォリオとなるよう銘柄及びその組み入れ比率を決定します。
Longine
ポートフォリオのリスクを最小化するというのは、具体的にどのようなことなのでしょうか。
飯塚
リスクとは価格変動リスクを指しています。クオンツを活用することでJPX日経インデックス400に対し、当ファンドの価格変動リスクを低く抑えることを目指しています。市場の下落局面でリスクは拡大する傾向がありますので、当ファンドは市場の下落局面でインデックス対比強みが発揮できると期待しています。

大和住銀投信投資顧問株式会社
クオンツアナリスト 飯塚正昭

Longine
「ひとくふう日本株式ファンド」はクオンツを活用したファンドということですが、同様の運用手法のシミュレーションはどのような内容だったのでしょうか。
飯塚
図表1は当ファンドと同様の運用手法のシミュレーションを2005年末から2015年末まで行ったものです。赤の折れ線が、当ファンドのシミュレーションのパフォーマンス、グレーの折れ線がJPX日経インデックス400、オレンジの棒グラフが当ファンドのシミュレーションとJPX日経インデックス400との月次パフォーマンスの差異となります。オレンジの棒グラフが、0(ゼロ)を上回っていれば、当ファンドのシミュレーションがJPX日経インデックス400のパフォーマンスを上回っていることを示しています。

ここでのポイントは、2008年のリーマン・ショックによる相場の下落局面でも当ファンドのシミュレーションのパフォーマンスはJPX日経インデックス400を大きく上回っている局面が続いています。株式市場の下落局面でしっかりとJPX日経インデックス400のパフォーマンスを上回っていたといえます。また、2012年末からのいわゆるアベノミクスによる株式市場の上昇局面でもその上昇トレンドにしっかりとついていきました。

図表1:ひとくふうと同様の運用手法とJPX日経インデックス400、その差異

Longine
なぜJPX日経インデックス400を投資対象のインデックスとして選択されたのでしょうか。
飯塚
JPX日経インデックス400は、売買代金や時価総額に加え、定量面や定性面から企業の質を重視した銘柄選定が行われています。米国ではROE(株主資本利益率)が高い企業の株価パフォーマンスが良い傾向にあります。日本の株式市場でも企業の質への投資家の関心がさらに高まるような環境となれば、そうした質を重視し選定された銘柄の株価パフォーマンスがこれまで以上に改善する可能性を期待しています。当ファンドでは、JPX日経インデックス400を投資対象としていますので、それ自体に付加価値があると考えています。

銘柄選択とポートフォリオ構築のプロセスでの工夫

Longine
「ひとくふう日本株式ファンド」では、ポートフォリオ構築にあたってどのような工夫が行われるのでしょうか。
飯塚
JPX日経インデックス400構成銘柄すべての過去データを分析しています。その分析結果をもとにポートフォリオとして価格変動リスクが最小となるように銘柄を選別します。単純にポートフォリオの価格変動リスクを最小化すると、少数の銘柄となる傾向があり、 時期によってはたとえば医薬品や電力といった特定の業種に銘柄が偏り過ぎる傾向にあります。過去のデータとその分析結果のみに基づけば、特定の業種偏重のポートフォリオを構成することになりますが、当ファンドでは過去のデータに反映されていないリスクなどもあるということも考慮し、業種分散、銘柄分散ができるよう銘柄数を調整しています。また、実際の運用では売買に伴う流動性を考慮する必要があります。こうした状況に対応するため、1銘柄当たりの保有比率に上限等を設けることで、流動性のリスクを抑えるようにしています。結果として、最近のポートフォリオの銘柄数は100から200銘柄で推移しています。
Longine
「ひとくふう日本株式ファンド」では、売買と運用はどのように行われるのでしょうか。
飯塚
3か月おきにポートフォリオのリバランスを行います。リバランス終了後は、原則3か月間はそのポートフォリオの銘柄構成を維持します。
Longine
今後、ポートフォリオ構築をしていく中で、苦労しそうだなというのはどのような場合でしょうか。
飯塚
JPX日経インデックス400の構成銘柄が一気に入れ替わってしまうと、当ファンドもJPX日経インデックス400の構成銘柄を対象に組み入れているため、売買をすることが必要となりますが、各銘柄を保有する上限比率を設定しているため運用上大きな影響はないと見ています。

低コストを実現するための工夫

Longine
「ひとくふう日本株式ファンド」の信託報酬は税抜きで年0.25%(25ベーシス)と現在個人投資家が購入可能なJPX日経インデックス400を対象としたインデックスファンドの信託報酬よりも低い水準にあります。また、日経225を対象としたインデックスファンドの信託報酬の最低水準と比較してもわずかな差しかありません。なぜ「ひとくふう日本株ファンド」はアクティブファンドに関わらず、このような低コストでの販売が可能なのでしょうか。
飯塚
クオンツを最大限活用することで、効率的に運用することができるような設計をしていることがカギとなります。また、インターネット中心の販売とすることで、販売にともなうコストを削減することも可能となっています。
Longine
日本の株式市場を代表する指数のインデックスファンドと比較しても遜色のない信託報酬で、アクティブリターンを追求できるのは個人投資家の資産運用の選択肢を広げるという意味ではありがたいですね。どのような個人投資家に「ひとくふう日本株式ファンド」を保有してもらいたいのでしょうか。
飯塚
長期で資産形成を目指される個人投資家の皆様にご活用いただけるように設計いたしました。今後もそうした投資家の皆様の期待に応えられるように運用していきますので、是非ともご活用いただければと思います。
Longine
本日はお時間を頂きましてありがとうございました。
飯塚
こちらこそありがとうございました。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

Longineは、トップクラスの証券アナリストが質の高い投資アイデアを提供する、個人投資家向け経済メディアです。

機関投資家と個人投資家の間にある「投資情報の格差」を埋めるのがLongineの役目です。(ロゴをクリックするとロンジンサイトへ遷移します)

泉田良輔

Fund Picks

投資信託の運用責任者であるファンドマネージャーと対談し、人物像や運用の考え方に迫るインタビュー記事です。個人投資家にとって遠い存在のファンドマネージャーにインタビューをし、ファンドマネージャーがどういう方なのか、投資信託の運用方針について質問していきます。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。
このファンドをお気に入りに追加 注文 積立