現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > 投資信託 > 泉田良輔「Fund Picks」 > 第9回 じぶんにぴったりの分散投資を手数料無料で最も安く-「たわらノーロード」シリーズ活用法
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

泉田良輔「Fund Picks」一覧へ

2015年12月18日

第9回 じぶんにぴったりの分散投資を手数料無料で最も安く-「たわらノーロード」シリーズ活用法

DIAMアセットマネジメント株式会社 投信企画部長 原田規子 × Longine投信部

DIAMアセットマネジメント株式会社 投信企画部長 原田規子氏に、2015年冬に順次リリースされる投信「たわらノーロード」シリーズの活用方法についてお伺いしました。

Longine投信部より投資家に伝えたい3つのポイント

  • 「たわらノーロード」シリーズは国内外の株式、債券、REIT(リート)という資産形成に必須の6つの資産クラスをカバーする、業界最低水準の低コストのインデックスファンド群としてスタート(2015年12月2日時点)。
  • 投資をこれからはじめる方、はじめて間もない方は6つの資産を均等に積み立てるのも選択肢のうち。
  • すでに資産形成をしている方は、6つの資産クラスから投資していない資産クラスを選んで分散投資をすることが可能。

「たわらノーロード」シリーズ6本の投信を解説

Longine投信部(以下、Longine)
DIAMアセットマネジメント株式会社 投信企画部長 原田規子氏(以下、原田)

Longine
前回は「たわらノーロード」シリーズの第一弾となる「たわらノーロード 日経225」[リスクと費用]を中心に、そのコスト優位性や投信としての利便性などをお伺いしました。残りの5本のインデックスファンドの概要を教えてください。
原田
国内資産については、前回お話をした「たわらノーロード 日経225」、「たわらノーロード 国内債券」[リスクと費用]「たわらノーロード 国内リート」[リスクと費用]の3本です。また海外資産については、「たわらノーロード 先進国株式」[リスクと費用]「たわらノーロード 先進国債券」[リスクと費用]「たわらノーロード 先進国リート」[リスクと費用]となります。
Longine
投信の購入・売却の手数料はノーロードということでゼロでしたね。ベンチマーク、信託報酬を教えて下さい。
原田
国内債券のベンチマークはNOMURA-BPI総合で信託報酬は年率0.15%です。国内リートのベンチマークは東証REIT指数(配当込み)で信託報酬は年率0.30%です。先進国株式のベンチマークはMSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)で信託報酬が年率0.225%、先進国債券のベンチマークはシティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース、為替ヘッジなし)で信託報酬が年率0.200%、先進国リートのベンチマークはS&P先進国REITインデックス(除く日本、円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)で信託報酬が年率0.350%になります。これらも日本の年金などで採用される標準的なベンチマークです。なお、いずれも為替ヘッジがありませんので、円安になるほど円ベースのリターンへの貢献が期待されます。
Longine
確認ですが、6本全て購入・換金手数料なし、信託報酬は各カテゴリーで業界内最低水準なのですか。
原田
その通りです。

図表1:「たわらノーロード」シリーズと以前の業界最低・業界平均の信託報酬

出所:会社資料をもとにLongine投信部作成。業界平均はDIAM調べ

「たわらノーロード」シリーズ活用法のカギは自由な組み合わせ

Longine
バランス型ファンドは国内外の資産のインデックスファンドへ分散しています。「たわらノーロード」シリーズはバランス型ファンドとどう違うのでしょうか。また、個人投資家は「たわらノーロード」シリーズをどのように活用すればよいのでしょうか。
原田
バランス型ファンドは複数の資産クラスを組み合わせて運用していますが、資産の組み合わせや構成変更が運用会社にゆだねられています。いわば、「添乗員付きのパッケージ旅行」のようなものです。「添乗員付きのパッケージ旅行」では、以前に行ったことのある場所も皆で一緒に行動して観光しなければならないように、バランス型ファンドは投資家ごとのニーズにあわせた資産クラスの組み合わせになっているとは限りません。一方、「たわらノーロード」シリーズでは個人投資家の方が、自分の資産内容やライフステージに合わせて自由にインデックスファンドを組み合わせていただけます。いわば「自由旅行」のように自分のニーズに合わせた資産運用が可能となります。
Longine
6つのファンドで十分なのでしょうか。
原田
今回「たわらノーロード」シリーズで展開する国内株式(日経225)、国内債券、国内リート、先進国株式、先進国債券、先進国リート(海外投資分はいずれも為替ヘッジなし)の6本があれば、一般的な個人投資家の方が、網羅的に内外の分散投資を行うことが可能だと考えます。ご負担いただくコストも最小限におさえてありますので、あとはおひとりおひとりがニーズにあわせて6本を組み合わせていただければと思います。自分にとって最適なバランス運用が可能ということですね。

DIAMアセットマネジメント株式会社
投信企画部長 原田規子

【たわらノーロード活用法(その1)】6資産均等投資-投資経験のない・少ない投資家向き

Longine
「たわらノーロード」シリーズで6資産を自由に組み合わせることができるとはいえ、自分で資産配分をするとなると難しさを感じる個人投資家もいるのではないでしょうか。どの資産をどの程度保有するかを決めかねている方は、たとえば、「たわらノーロード」シリーズの6資産すべて均等に投資をするというのはいかがでしょうか。
原田
投資をこれから始めるという方にお勧めできる方法のひとつです。こうした投資家の方には、6つの資産クラスへの分散をしっかりしていただき、リスクを抑えながらリターンをしっかり狙っていただきたいと思います。また、少額ずつで結構ですので、積立をして投資のタイミングを分散することをお勧めします。これは目先の相場の上げ下げに一喜一憂しないための工夫です。常に均等投資を貫くと決めれば、例えば1年経ったら、構成比の上がったものを減らして構成比の下がったものを増やし、あらためて6つの資産クラスが均等になる調整することも簡単です。

【たわらノーロード活用法(その2)】国内債券抜き投資-すでにバランス型ファンドをお持ちの投資家向き

Longine
既にバランス型ファンドを保有している投資家はどうしたらよいのでしょうか。
原田
現在お持ちのバランス型ファンドの資産クラスの配分比率をご覧になって、ご自身のニーズと照らし合わせていただきたいと思います。そして「たわらノーロード」シリーズの6本のなかから必要な資産クラスを選んで補充していただきたいです。
Longine
一般的なバランス型ファンドの資産構成をみると、国内債券の比率が高いケースもあるようです。国内債券が安定運用にとって必要な選択肢であることは理解できるのですが、将来十分なリターンが出るのかどうか疑問も持つこともあります。国内債券を除いて、それ以外の5資産でポートフォリオを組むことはいかがでしょうか。
原田
それは検討に値する方法です。たしかに日本国債をはじめとする国内債券の利回りは歴史的にみてかなり低水準です。将来のインフレに備えるためには今の利回りが不十分とお考えの方もいらっしゃることでしょう。一定のリスクを取る準備ができているのであれば、国内株式、国内リート、先進国株式、先進国債券、先進国リートの5つの資産クラスに絞って投資するというのは理にかなうと思います。

【たわらノーロード活用法(その3)】国内・先進国債券抜き投資-リスクを取って長期資産形成を考える投資家向き

Longine
債券の利回りは国内だけでなく、先進国全体で歴史的に低い水準にあるので、国内株式・国内リート・先進国株式・先進国リートの4つの資産クラスへ分散投資するという考え方はいかがですか。
原田
先ほどの国内債券抜きの方法をさらに一歩進めて積極的に長期投資する考え方になりますね。十分あり、と考えます。

【たわらノーロード活用法(その4)】全部海外資産投資-国内資産はもう十分という投資家向き

Longine
国内株式を中心に投資しており、また国内債券の利回りの低さに満足していないような投資家はどうしたらよいでしょうか。投資家の保有する資産全体の分散効果をあげるために、「たわらノーロード」の先進国株式、先進国債券、先進国リートで海外資産中心のバランス型ファンドを作ってみるというのはいかがでしょうか。
原田
国内資産にはすでに十分に投資をしているという投資家も多いと思います。そういった投資家であれば追加的に投資可能な資金は海外資産に集中させるという選択肢は意味がありますね。
Longine
海外資産もどのように資産配分したらよいかわからないので、分散投資の手始めとして「たわらノーロード」の海外資産の3資産を均等投資してみるというのはいかがでしょうか。
原田
そうですね。一定時間が経過したのちに資産構成の比率が上がったものを減らし、比率の下がったものを増やす作業をすれば管理はしやすいですね。

「たわらノーロード」を使って自分の資産構成に最適なポートフォリオを構成する

Longine
「たわらノーロード」シリーズは、一人一人のニーズに応じていろいろな使い方ができますね。
原田
はい。「たわらノーロード」シリーズは、内外への分散投資に重要な6つの分かりやすいインデックスファンドを低コストで提供しています。投資が初めての方、投資経験の少ない方から、投資のベテランまで柔軟にご利用いただける投信です。これを機会に国際的な分散投資を低コストで進めて、おひとおひとりの「俵」が増えていくことを楽しみにしています。そのために努力していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
Longine
本日は長時間ありがとうございました。
原田
こちらこそありがとうございました。

本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。お客様ご自身で投資の最終決定をおこなってください。本資料の内容は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手・編集したものですが、その情報源の確実性まで保証するものではありません。なお、本資料の内容は、予告なしに変更することがあります。

Longineは、トップクラスの証券アナリストが質の高い投資アイデアを提供する、個人投資家向け経済メディアです。

機関投資家と個人投資家の間にある「投資情報の格差」を埋めるのがLongineの役目です。(ロゴをクリックするとロンジンサイトへ遷移します)

泉田良輔

Fund Picks

投資信託の運用責任者であるファンドマネージャーと対談し、人物像や運用の考え方に迫るインタビュー記事です。個人投資家にとって遠い存在のファンドマネージャーにインタビューをし、ファンドマネージャーがどういう方なのか、投資信託の運用方針について質問していきます。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。