現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > お金にまつわるお役立ちレポート > 圦本弘美「ママのための 資産運用はじめの一歩」 > 第2回 そもそも投資信託って何ですか?
投資情報メディア「トウシル」が7月末オープン予定!レポート・コラムの最新記事はこちらでご覧いただけるようになります。

圦本弘美「ママのための 資産運用はじめの一歩」一覧へ

2016年4月20日

第2回 そもそも投資信託って何ですか?

みなさまこんにちは。家計の窓口のゆりもとひろみです。資産運用をこれから始める人にとって困るのが、聞きなれない投資関係の用語がたくさん登場することです。中でも分かったようで分かりにくいのが、「投資信託って何だろう?」ということです。資産運用のセミナーに出ても、本を買ってきて勉強しようとしても、「投資信託」という金融商品(お金を活用してお金を増やす商品の総称)を、知っている前提で話が進むことに、少し焦ってしまいますよね。今回は、「投資信託の仕組みと始め方、これだけは知っておきましょう!」という内容をまとめてみました。

投資信託ってなに?

投資信託は言葉通り、投資を「信用して」「託する」という仕組みの金融商品です。誰に「託す」のかというと、資産運用を仕事にしているプロの方々に、ということです。たくさんの人から集めたお金を、運用のプロが株式や債券・不動産などに投資し、利益がでると投資した人に持ち分に応じて配分していきます。資金が運用で10%増えれば、100万円投資した人は10万円儲かり、1万円投資した人は1,000円儲かる、というイメージです(実際は投資信託を運営するコストや税金が差し引かれます)。投資信託はファンドと呼ばれる場合もあります。

投資信託のメリットとは?

投資信託を活用するメリットは大きく2つあります。

ひとつ目は、プロに自分のお金の運用をお任せできる点です。初心者がちょっと勉強しただけで株式や債券に投資して、利益を上げ続けるのは大変難しいことです。「何に投資をするのか」「いつ買って、いつ売って利益を確定するのか(あるいは損切りをするのか)」と言った重要な投資判断を、全てプロにお任せできるというのが、とても優れた点です。

二つ目は、個人では投資できない金融商品でも、投資信託を通じてなら投資ができ、運用の幅が広がることです。例えば、A社の株式が単位株100万円だとします。あなたの投資に回せる予算が1万円の場合、A社の株式を買うことはできません。けれどA社を含む数十社の会社に投資する投資信託は、通常1万円から購入することが可能です。

投資信託は、たくさんの人からお金を預かることで数億円、数十億円という大きなお金を運用できるため、個人では買えないような高額の金融商品にも投資ができます。小さな資金でも人気のある商品に投資したり、分散投資(資金をいろいろな種類の金融商品に分けて投資をし、一時的に経済環境が悪くなっても、いっぺんに損する確率を減らす手法)を実践したりすることができます。

投資信託の始め方

投資信託は日本で数千本は販売されており、楽天証券でも約2,000本もの投信が購入できます。運用の本には、「ポートフォリオを組みましょう」「手数料をしっかり調べましょう」などと、ムズカシイことが山のように書いてあり、「教科書通りに運用したいと思って勉強するうちに、何年も経ってしまいました」という方もよく相談に来られます。

資産運用は自動車の運転と同じで、ペーパー上の勉強だけをしていても限界があります。少額でも投資を始めることで、逆に格段に勉強が進みます。ただ、分からない時にはできるだけ慎重に、小分けに投資する方がよいでしょう。例えば、これはと思う投資信託を、毎月少額積立でスタートするのが一つの方法です。楽天証券では月1,000円から積立購入が可能ですので、気軽に始めることができます。最低3~5年は無理なく続けられる積立金額を予算にして、はじめの一歩を踏み出してみましょう。

FPに相談して家計の「困った」を解決!家計の窓口

http://kakeinomadoguchi.com/

家計のお役立ちコラムがご覧になれます

http://kakeinomadoguchi.com/column/

次回掲載日は5月18日(水)です!

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

圦本弘美

圦本弘美

ママのための 資産運用はじめの一歩

株式会社FPフローリストのゆりもとひろみがお届けする、運用ビギナーのためのマネーコラムです。ジュニアNISAがスタートし、ママ達から運用の相談を受けることが多くなりました。「今さら聞きづらい」「そもそもから教えてほしい」というご要望にお応えして、資産運用の仕組みや活用法をお届けします。家計の未来を担うママ達の、運用デビューを応援しています!

新着レポート

今中能夫

国内株式 2017/07/21

特集:半導体・半導体製造装置セクターの最近の動き(東京エレクトロン、ディスコ、アドテックプラズマなど)

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/21

リグ増加が鈍化しても米国の原油生産量が減らない訳

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/21

トランプ相場は終焉も、歓迎したい「スーパーサイクル」(香川)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

石原順

FX 2017/07/20

「相場の急落が起きる時のコンディション・トランプVSメルケルはブラックマンデーの構図か?」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/20

ファンダメンタル分析入門(6)~配当利回りに着目した銘柄の選び方

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

広瀬隆雄

海外株式 2017/07/20

銀行セクターの近況

広瀬隆雄「わかりやすいグローバル投資レポート」

ハッサク

FX 2017/07/19

G20と日欧EPA

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

出島昇

国内株式 2017/07/19

今週も為替の動きを横目に、2万円をはさんだもみあいへ

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」

吉田哲

コモディティ 2017/07/19

商品先物入門講座「注文の有効期限」

吉田哲「商品先物取引入門講座」

土信田雅之

国内株式 2017/07/18

それでも消えぬ調整への警戒

土信田雅之「テクニカル風林火山」