現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > お金にまつわるお役立ちレポート > 白鳥光良「ランナー必見!マラソン愛好家のための【サブ4】資産管理・運用教室」 > 第3回 ランナー向きの「世界株式マラソン積立戦略」とは?
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

白鳥光良「ランナー必見!マラソン愛好家のための【サブ4】資産管理・運用教室」一覧へ

2015年11月4日

第3回 ランナー向きの「世界株式マラソン積立戦略」とは?

全国2000万人のランニング愛好家の皆さん、こんにちは!
マラソンと資産運用を愛するファイナンシャルプ・ランナーの白鳥光良です。

この11月から2月までに、私は5つのフルマラソンに出走します。
今シーズンのあなたのレース計画は決まりましたか?

39歳・貯蓄ゼロでも【サブ4】資産管理が実現すれば大丈夫!?

前回は、弊社(住まいと保険と資産管理)に相談されるお客様のシミュレーション結果などをご紹介しつつ、コラムの最後にこう締めくくりました。

市民ランナーは「4時間未満(サブ4)で42.195キロを安定して走る」実力がつけば一生マラソンを楽しめる。そして、個人投資家は「年4%弱のリターン(サブ4)を長期的に安定して実現」できれば長い人生でお金に困る可能性は低い。

これに対して、あなたは

「ランナーの話はわかるけど、資産運用の話は疑問だね~。4~5%のリターンでは、老後のお金が不足するんじゃないの?」

というかも知れません。

しかし、たとえば現在39歳で貯蓄ゼロの家庭でも・・・なんとかなります!
フルマラソンのペース配分を考えるように、ざっくり計算してみましょう。

仮に、世帯年収600万円の家庭が収入の1割(年60万円)を積立に回したとしましょう。月5万円を26年間にわたって投信積立を行って平均5%のリターンが実現したならば、65歳のときには税引前で3191万円になります。元本相当額1560万円から増えた金額の20%が税金として引かれても2879万円は残りますし、「NISA口座」「確定拠出年金」などの非課税枠を活用していれば3000万円以上は手元に残るでしょう。

そして、65歳からは3000万円の資金を保守的に年2%で運用しながら(年金だけでは不足する分として)毎年150万円取り崩しても25年は持ちますので、90歳まで生きても何とかなる計算が成り立ちます。

しかも、ランニング愛好家の方は60代以降も心身ともに驚くほど健康で、その気になれば年齢不問のパート・得意分野を活かした自営業・クラウドワークなどで働けそうなケースが多いので、フルタイムの仕事を辞めた後も楽しめる範囲で5年~10年ほど働いて総額1000万円程度の収入をプラスで得やすいと考えれば、老後の不安はさらに減少するでしょう。

ランナー向きの「世界株式マラソン積立戦略」と、その注意点とは?

「【サブ4】資産管理ができれば、老後がなんとかなるのは分かった。でも、4~5%の運用は難しいんじゃないの?」

と、あなたは言うかも知れません。

確かに、世界的に低金利が続いている現状において、円建ての債券や先進国の国債だけで年5%の運用を実現するのは困難です。
一方で、世界中の株式にマラソン並みの長い目を向けると違う景色が見えます。

3名の学者(Dimson、Marsh、Staunton)の研究によると、20世紀すべてを含む101年間の世界先進12か国の株式の実質リターン(物価上昇率の控除後)は5.6%でした。物価上昇率を引く前のリターンは8%以上あるでしょう。

そこで、粘り強いランナーのあなたに合った戦略を1つ紹介しましょう。

この戦略の基本はシンプルです。「世界中の株式に分散投資できる投資信託に、10~20年以上にわたって毎月積立をする」だけです。株式は超長期で年7~8%前後のリターンに収束しやすい資産であり、今後も世界全体の人口は(国連によると現在の73億人から2050年に97億人まで)増えると予想されているので、平均より運が悪くても年5%前後は達成する可能性が高いでしょう。

これを「世界株式マラソン積立戦略」といいます。

しかし、この戦略を実行する場合、あなたの60代以降の収支状況を想像しながら前もって対策を考えておきたいことが1つだけあります。

それは「ゴール前の大失速」というシナリオの可能性です。

次回は、この「世界株式マラソン積立戦略」を深めながら「ゴール前の大失速」が生じても制限時間内にゴールできるようにする(=人生の最後までお金に困らない)対策についてお伝えしましょう。

お知らせ

東京マラソン2016(私も走ります)まで4ヶ月を切りました。次回は【東京マラソンを完走したことがある方】限定の「ファイナンシャルプ・ランナー(=フルマラソン完走経験のあるFP)による資産管理相談」モニターを5名募集(2名は完全無料、3名は半額優遇)の予定です。該当する方は、どうぞお楽しみに!
次回掲載予定日は12月2日(水)です。

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

白鳥光良

白鳥光良

ランナー必見!マラソン愛好家のための【サブ4】資産管理・運用教室

市民ランナーは、4時間以内(サブ4)で42.195キロを安定して走る実力がつけば、一生マラソンを楽しめる。個人投資家は、年4%弱のリターンを長期的に実現できるなら、長い人生で必要なお金に困る可能性は低い。フルマラソン完走25回、お客様の総合的な資産管理のサポートを15年以上にわたって継続しているファイナンシャルプ《ランナー》が、資産運用とマラソンの両方に役立つ知恵をお伝えします。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」