現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート・コラム&コメント > お金にまつわるお役立ちレポート > 白鳥光良「ランナー必見!マラソン愛好家のための【サブ4】資産管理・運用教室」 > 第2回 個人の資産管理も【サブ4】が実現できれば安心できる!
投資情報メディア「トウシル」がオープン!レポート・コラムはこちらでご覧いただけます。

白鳥光良「ランナー必見!マラソン愛好家のための【サブ4】資産管理・運用教室」一覧へ

2015年10月7日

第2回 個人の資産管理も【サブ4】が実現できれば安心できる!

秋のマラソンシーズンに突入しましたが、今季の目標は決めましたか?

マラソンと資産運用を愛するファイナンシャルプ・ランナーの白鳥光良です。

先月は久しぶりにハーフマラソンの大会に参加。26度の暑さでバテましたが1時間40分は切れた(この時期にしては好調!)ので「今季はフルで3時間20分を目指す」と、こんなところで自分のハードルを上げながら本題に入ります。

最も注意すべき故障の原因は2つある!

第1回のコラムでは、人生が10年、20年、30年・・・と続くあなたにとって「資産運用は100メートル走ではなくて、マラソンだ」という心構えを展開する中で、以下のポイントをお伝えしました。

  • マラソンは「故障」さえ避ければ、大抵のレースは完走できます
  • 資産管理は「大損」さえ避ければ、あなたの資産は着実に増えます

では、資産管理における「故障」を避けるためには何が必要でしょうか? 個人投資家を取り巻く最新の環境において、必ず注意したい故障原因は「レバレッジ」「破たん」という2つのリスクです。

「レバレッジのリスク」は前回も述べましたが、信用取引やFX等を通じた過剰なレバレッジの利用により資金が吹き飛ぶリスクです。「損失限定注文」を活用すればリスクは軽減できますが、それでも注意が必要です。マラソンでタイムロスを取り戻そうと無理すると転倒や故障のリスクが高まるように、損切り後に損を取り返そうとすると(過剰に追加資金を投入して)最終的に当初の投資額を上回る損失が生じることも珍しくありませんから。

「破たんのリスク」を軽減する現実的な方法は?

もう1つ故障の原因となりうるのは、特定の企業や国が破たんする(または破たんが懸念されて大暴落する)影響を大きく受けてしまうこと。いわゆる信用リスク(デフォルトリスク)が表面化するようなシナリオです。

直近5年の例を挙げれば、震災後の東電や、再上場する前のJAL。「2011年、2000円以上あった東京電力の株価は震災後に一時200円未満になった」「旧JALが2010年に上場廃止された際は株価が実質0円になった」など、破たんリスクの影響で資産を大きく減らした人は少なくありません。

どんなに安定した大企業も破たんするリスクがゼロになることはありませんが、2つの方法(調査と分散)を通じて軽減が可能です。1つは対象となる会社等を徹底的に調査して「ここは99.9%大丈夫。それでもダメなら仕方ない」と腹をくくること。もう1つは徹底的に分散投資して「ここが破たんしても自分の資産全体への影響は殆どない」という状態にすること。

そして、金融資産の投資では投資信託等を活用した分散投資でリスク軽減を図ることが現実的です。たとえば私が代表を務める会社では、2007年から法人名義の証券口座を開いて(そして現在は楽天証券にて)余裕資金を運用していますが、「故障」が許されない資産の運用では価格変動リスクは取っても信用リスクは取らない(徹底分散する)という方針で投資信託だけで運用してきたことで、2008年の金融危機を乗り越えて資産を殖やすことができています。

個人の資産管理・運用における適切な目標リターンは?

マラソンでは「4時間を切りたいなら、直前3か月で合計600キロ走ろう!」のように、目標レースとタイムを決めて3か月以上前からトレーニングを開始すれば希望に近い結果が得やすくなります。しかし、資産管理・運用においては「リターンは多ければ多いほど良い」という漠然とした目標で始めて、気がつくとリスクを取りすぎて後悔する事態に陥る人が多いように感じます。

では、個人の資産管理・運用における目標リターンは何%くらいが適切でしょうか? 最終的には、長期的に「あなたが心から望む人生を送るために必要なお金」が準備できる水準が適切といえますが、これまでに30代から50代を中心とした弊社のお客様のライフプラン・シミュレーションを実施した経験では、積極運用に回したお金が長期的に年4~5%で回れば希望する人生を送るだけのお金は十分に足りるという結果がほとんどでした。

そこで、1つの目安として年4%弱(税引後)を目標としてみましょう。

税引き前で5%、税引き後で4%弱。このくらいのリターンを長期的に安定して実現する方法の追求を、私は【サブ4】資産管理と呼びます。

市民ランナーは「4時間未満(サブ4)で42.195キロを安定して走る」実力がつけば一生マラソンを楽しめますが、個人投資家は「年4%弱のリターン(サブ4)を長期的に安定して実現」できれば長い人生でお金に困る可能性は低いです。

では、どうしたら長期的に安定した【サブ4】資産管理が実現できるのか?

次回はさらに一歩踏み込んだ「マラソンと資産管理の両方に役立つ」知恵をお伝えしましょう。

次回掲載予定日は11月4日(水)です。

お知らせ

次回以降に【当レポート読者・東京マラソン完走経験者】限定の「ファイナンシャルプ・ランナー(=フルマラソン完走経験のあるFP)による資産管理相談」モニターを5名募集の予定です。該当する方は、どうぞお楽しみに!

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

白鳥光良

白鳥光良

ランナー必見!マラソン愛好家のための【サブ4】資産管理・運用教室

市民ランナーは、4時間以内(サブ4)で42.195キロを安定して走る実力がつけば、一生マラソンを楽しめる。個人投資家は、年4%弱のリターンを長期的に実現できるなら、長い人生で必要なお金に困る可能性は低い。フルマラソン完走25回、お客様の総合的な資産管理のサポートを15年以上にわたって継続しているファイナンシャルプ《ランナー》が、資産運用とマラソンの両方に役立つ知恵をお伝えします。

新着レポート

最新の情報は、投資情報メディア「トウシル」で公開中です。
窪田真之/香川睦

国内株式 2017/07/31

嵐の前の静けさ 日経平均膠着はいつまで?(窪田)

窪田真之/香川睦「3分でわかる!今日の投資戦略」

今中能夫

国内株式 2017/07/28

決算コメント:任天堂、日本電産、東京エレクトロン

今中能夫「楽天証券投資Weekly:セクター・投資テーマ編」

吉田哲

コモディティ 2017/07/28

原油価格上昇の裏側に潜む、弱材料の7つの芽

吉田哲「週刊コモディティマーケット」

足立武志

ライフ 2017/07/28

相続時精算課税での上場株式贈与は要注意!

足立武志「個人投資家なら誰もが知っておきたい「相続」の基礎知識」

石原順

FX 2017/07/27

「ここから3~4カ月の相場は要注意」

石原順「外為市場アウトルック」

足立武志

国内株式 2017/07/27

ファンダメンタル分析入門(7)~配当金にまつわるアレコレ

足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」

ハッサク

FX 2017/07/26

物価の見通し

ハッサク「ハッサクのなるほど為替超入門」

優待主婦 まる子

投資を楽しむ 2017/07/26

人気優待が多い8月。流通系や外食銘柄も多く、定番のクオカード、食事券も。

優待主婦 まる子「優待マニアが選んだ!今月のお宝優待株」

山崎俊輔

投資信託 2017/07/25

分からないことを認める勇気と、分からないことがある場合の投資方法について

山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」

出島昇

国内株式 2017/07/25

今週は、ドル売り要因多く、日経平均の上値は重い

出島昇「柴田罫線をベースとした相場分析」