現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「海外先物レポート」 > 第13回 居心地のよい中立相場

第13回 居心地のよい中立相場

2011年4月20日

現在の相場はQE2(量的緩和第2弾)による過剰流動性相場である。この過剰流動性相場では株やコモディティといったリスク商品が選好される。カネ余り下の通貨市場では単純なロジックが好まれ、結局、金利差相場となる。

中東・北アフリカ情勢、日本の東日本大震災、ユーロ圏の債務不安、米国の格下げ見通しなどいくつものネガティブな材料を抱えながらも、投資家の不安心理を映すVIX指数は(俗称:恐怖指数)まったく反応していない。少々、不気味ではあるが、「カネ余り相場」を象徴する現象と言えよう。

VIX恐怖指数(日足) オプションの変動率が上がらない


(出所:石原順)

このような状況のなかで、ファンド勢は一体、今何を考えているのだろうか?

先物やオプションを中心に運用を行っているCTAの間では、「直近の相場を一言で言えば、居心地のいい相場なのだ」という声が多く聞かれる。

要するに、マーケットが短期的にはニュートラル(中立)になってしまって、相場が「安くもない、高くもない」という水準に落ち着いているということらしい。「安くもない、高くもない」ということは、「売る気もないし、買う気もない」ということである。

CTAは、株式・コモディティ・通貨など投資対象を問わず、先物やオプションなら何でも投資するが、彼らが現在考えている戦略とマーケットの連関は以下の通りである。

方針

  1. カネ余り状況の中、とりあえず株とコモディティは押し目買い戦略でいく。
  2. 5月のファンドの中間決算前に、利益の出ているものは決済する。

市場連関

  1. 円と豪ドルはトレンド(方向性)を持ちにくく、これらの通貨はNYダウの動きに連動する。

NYダウ(日足)

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ


(出所:ストックチャーツ)

豪ドルインデックス(日足)

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:ストックチャーツ)

円インデックス(日足) 調達通貨である円は株式市場の影響を受けやすい

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:ストックチャーツ)

  1. ユーロとスイスはトレンド(方向性)を持ちやすい。これらの通貨はドルインデックスの動きに連動する。
  2. ユーロは原油価格と連動している。

NY原油(日足)

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ


(出所:ストックチャーツ)

ユーロインデックス(日足)

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:ストックチャーツ)

ドルインデックス(日足)

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド1σ


(出所:ストックチャーツ)

以上の連関を大雑把に言えば、円や豪ドルは株を取引しているのと同じで、ユーロは原油を取引しているのと同じである。

上記のチャートを見て頂ければわかるように、現在、NYダウ・原油・豪ドル・円・ユーロ・ドルとほとんどの商品がトレンドを失って、中立相場となっている。

唯一、トレンド相場となっているのがゴールドなので、短期の投機資金が一斉にゴールド市場に向かっているのが現在の相場である。

ゴールド(日足)

上段:14日ADX
中段:26日標準偏差ボラティリティ
下段:21日ボリンジャーバンド0.6σ


(出所:ストックチャーツ)

ゴールド先物2011年6月限


(出所:楽天証券マーケットスピード)

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに