現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 石原順「海外先物レポート」 > 第6回 コモディティ投資入門(2)商品指数と取引所

第6回 コモディティ投資入門(2)商品指数と取引所

2010年12月28日

コモディティ・インデックス(商品指数)

最近では、日本でもコモディティ投信や商品指数ファンド(Commodity Index Fund)といった商品指数に連動する形でのコモディティ投資が増えています。しかし、ベースになっている商品指数(Commodity Index)にはそれぞれ特色がありますので、主要なものについて見ておきたいと思います。

1 ロイター・ジェフリーズCRB指数

1957年に米国のCRB社(Commodity Research Bureau)により開発されたもので、指数は1967年の平均を基準値=100として算出されています。2005年の改定でエネルギー・貴金属・穀物など19品目で構成されるようになりました。50年以上の歴史を持ち、世界的な物価や景気の代表的な指標として使われ、特に、インフレ動向の先行指標として国際的に注目されている最も代表的な商品先物指数です。商品はグループ分けされ、グループ1は石油関連の3品目、グループ2は取引量が多く流動性も高い7品目、グループ3は流動性のある4品目、そしてグループ4は価値ある分散に資する4品目の計19品目で構成されています。グループ2、3、4はそれぞれ、そのグループ内で同じウェイトを割り与えられています。

商品構成
エネルギー 39.0% 農産物 34.0% 産業用金属 13.0% 畜産物 7.0% 貴金属 7.0%

2 S&P-GSCI(Goldman Sachs Commodity Index)商品指数

1991年に米証券会社大手のゴールドマン・サックス社によって商品価格のベンチマークとなるよう設計されたもの。2007年2月に米格付け会社のS P(スタンダード&プアーズ)社に買収され、S&P-GSCI商品指数に名称変更されました。この指数はニューヨーク証券取引所に上場されており、日本からも投資できます。

S&P-GSCI商品指数は、原油や貴金属、穀物など24の商品先物で構成されていますが、下記の通りエネルギーのウェイトが極めて高いことが特長です。

商品構成
エネルギー 73.6% 農産物 13.2% 産業用金属 7.8% 畜産物 3.2% 貴金属 2.2%

3 DJ-UBSCI(Dow Jones-UBS Commodity Index)商品指数

コモディティ投資のためのベンチマークを提供することを目的として、米メディア大手のダウ・ジョーンズ社と米保険最大手のAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)社が算出し始めた指数ですが、破綻したAIGの後をスイスの銀行大手のUBSが引き継いでいます。この指数は19の商品先物で構成されています。

商品構成
エネルギー 36.4% 農産物 27.7% 産業用金属 19.7% 畜産物 7.12% 貴金属 9.0%

4 ロジャーズ国際商品指数(RICI)

世界的には主要な商品指数ではありませんが、日本では比較的知られた指数です。かつてファンドマネージャーだったジム・ロジャーズ氏が世界を旅する中で得た感覚をベースに作成した商品指数で、1998年8月より算出されています。現在は36品目の商品先物で構成されており、ジム・ロジャーズ氏が議長を努めるRICI委員会で、原則年1回、先物市場の流動性などを勘案して見直しが行われているとのことです。構成品目数の多さと、農産物セクターの品目数が突出しているのが特長です。現在の構成内容は、農産物セクターが20品目、金属セクターが10品目、エネルギーセクターが6品目となっています。

以上のように商品指数もいろいろとありますから、商品指数に組入れられている個々の品目の構成によって指数の騰落率にかなりの差がでてきます。例えば、投資している(或いは投資しようと考えている)コモディティ投信などのベース(ベンチマーク)がS&P-GSCIのようにエネルギーのウェイトが極端に高い指数の場合は、WTIの動きが指数の騰落率の大半を左右することになりますから気を付けなければなりません。

商品に投資できればそれでよいと考えている人は別にして、例えば、クリーンエネルギーや穀物などから作られる代替エネルギーが今後は石油に対する需要を抑制すると予想するのであれば、S&P-GSCIに連動するコモディティ投資は避けるべきなのかも知れません。

主要な商品(先物)取引所

世界には数多くの商品(先物)取引所があります。また、多くの商品が複数の取引所に上場されていますが、そこで取引されている個々の商品の価格が世界の指標となる取引所は決まっています。多くは米国の取引所ですが、商品によって世界の指標となる取引所が異なりますので、下記に主要な取引所とそこで取引される個別の商品をまとめておきます。

ニューヨーク商品先物取引所(COMEX)
金、銀、銅など貴金属の先物取引で世界の指標になっている。
ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)
WTI原油、天然ガス、灯油などエネルギー先物の世界指標で、貴金属でもプラチナはここでの取引が指標になっている。
ニューヨーク商品取引所(NYBOT)
コーヒー、ココア、砂糖、綿、オレンジジュースなど穀物を除く農産物(ソフト)の代表的取引所。
シカゴ商品取引所(CBOT)
トウモロコシ、大豆、小麦など穀物先物で世界の指標となっている。
シカゴ マーカンタイル取引所(CME)
金融先物がメインで日経平均先物の取引も活発。肉牛、赤身豚肉など食肉先物の世界指標となっている。CBOTを買収し、金融も含めれば世界最大の先物取引所。
ロンドン金属取引所(LME)
アルミニューム、ニッケルなど非鉄金属で有数の市場。
ロコ・ロンドン
金の現物取引で世界の中心になっている。金の現物価格はここで値決めされたものが世界の指標になっている。
大連商品取引所
中国最大で取引高は世界3位。ただし、外資が自由に取引できないため、世界の指標となる商品はない。
ドバイ金・商品取引所
オイルマネーの運用市場として貴金属を上場しており、WTIも取引している。
タイ商品取引所
米(ライス)の世界指標となっている。

本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに