現在地
ホーム > マーケット情報 > レポート&コメント > 足立武志「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」 > 第191回 NISA特集(2) NISAってなに? ~最低限知っておきたいポイントを紹介

第191回 NISA特集(2) NISAってなに? ~最低限知っておきたいポイントを紹介

2013年7月11日

まずはNISAの概略を知ろう

NISA(愛称:ニーサ)は正式には「少額投資非課税制度」と呼ばれるもので、平成26年1月からスタートします。

この制度は、証券会社や銀行などの金融機関で少額投資非課税口座(NISA口座)を開設して上場株式や株式投資信託等を購入すると、売却益や配当金・分配金が非課税となるというものです。非課税枠は年間あたり100万円まで、非課税期間は5年間となっています。

NISA口座の開設可能期間は平成26年から平成35年まで、非課税期間は平成39年までとなっています。NISAの特徴として、「最大500万円まで非課税」とよくいわれますが、これは毎年限度額いっぱいまでNISA口座で株式等を購入して保有を続ければ、平成30年以降は最大で100万円×5年=500万円分の非課税措置を受けることができるという意味です。

NISA口座は、日本国内に居住の20歳以上の個人であれば誰でも開設できます。なお、開設できるNISA口座は1人当たり1口座のみとなっています。

NISA口座開設先はあわてずゆっくりと考えよう

NISA口座は1人1口座しか開設できません。特定口座のように、複数の証券会社に開設する、ということはできないのです。そのため、証券会社各社は、テレビCMを流したり、HPで特集を組んだりして、個人投資家の囲い込みに力を入れています。

筆者は複数の証券会社に口座を持っていますが、先日そのうちの1社からNISA口座開設申込書の入った封筒が勝手に送られてきました。こちらから何も要求をしていないにもかかわらずです。

しかし、NISAのスタートは来年からですから、まだ時間は十分にあります。あわてて口座開設の申し込みをする必要はありません。

いったんNISA口座を開設すると、平成29年まで金融機関を変更することはできません。口座を開設した後に、「やっぱりあの証券会社にしておけばよかった」と後悔することのないよう、あわてずじっくりと検討するようにしてください。

各証券会社が取り扱っている上場株式等以外の商品(株式投資信託や外国株など)やサービス、手数料、使い勝手・操作性などから、どの証券会社にNISA口座を開設するかを選びましょう。

NISA口座にはニューマネーを投資する必要がある

現時点で一般口座や特定口座にて保有している株式がある方も多いと思います。しかし、一般口座や特定口座の株式をNISA口座に移すことはできません。

つまり、新たな資金を使って購入した株式等でなければ、NISA口座に預け入れることはできないのです。

もし、新たに投資に回せるお金がないが一般口座や特定口座にて株式を保有している、という方は、一般口座や特定口座の株式を売却して現金化したのち、そのお金を使って株式等を購入し、NISA口座に預け入れるという形であれば問題ありません。

非課税枠を翌年以降に繰り越すことはできない

非課税枠が余っても、それを翌年以降に繰り越すことはできませんので注意してください。

「年間100万円」「5年間で500万円」という非課税枠の恩恵をフルに生かすには、毎年非課税枠をしっかりと使い切ることが必要になります。5年間で500万円分の投資をするのではなく、1年ごとに100万円分の投資を5年間続けることではじめて最大限の恩恵を受けることができます。

例えば、来年(平成26年)は投資金額30万円、再来年は(平成27年)100万円と平成26年に使わなかった70万円を合わせた170万円分をNISA口座にて投資、ということはできません。

あくまでも1年ごとに100万円が限度で、100万円に満たない分を翌年以降に繰り越すことはできないのです。

非課税期間は5年だがロールオーバーで実質10年可能

NISA口座の非課税期間は5年間となっています。例えば、平成26年にNISA口座に預け入れた株式の非課税期間は平成30年までです。5年経過後は、一般口座や特定口座に移管され、その後の売却益や配当金は課税されます。

ただし、5年経過後、翌年の非課税枠を使うことで、非課税期間を実質的にさらに5年間延長することができます。

平成26年にNISA口座に預け入れた100万円の株式は、平成30年で非課税期間が終了してしまいますが、これを平成31年の非課税枠を使ってロールオーバーすれば、平成35年までの都合10年間非課税期間を続けることが可能です。

なお、ロールオーバーする際は、時価で行います。したがって、例えば平成26年に100万円で購入した株式の時価が平成30年末で200万円になっていたら、そのうち平成31年の非課税枠である100万円分しかロールオーバーすることができませんのでご注意ください。

配当金非課税の恩恵を受けるために株式数比例配分方式の選択を忘れずに

実は、NISA口座を開設して、その口座内で株式等を購入・保有しただけでは、配当金・分配金につき非課税の恩恵を受けることができません。

配当金・分配金が非課税となるのは、NISA口座内に受け入れた株式等で、かつ配当金等の受取方法として「株式数比例配分方式」を選択している場合に限られます。

もし、株式数比例配分方式をまだ選択していないという方は、忘れないうちに早めに証券会社にて手続きを行うことをお勧めします。手続き方法は各証券会社により異なりますが、ネット証券であれば、ログイン画面から簡単に手続きができるはずです。

株式数比例配分方式以外の配当金受取方法を選択していても配当金を受け取ることはもちろんできますが、受け取り時に20.315%の税金が課税されてしまい、せっかくの非課税の恩恵を受けられませんのでご注意ください。

NISAについての詳しい情報はこちら

NISA


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]