現在地
ホーム > マーケット情報 > フィスコ為替ニュース

フィスコ為替ニュース

ドルは下げ渋りか、米株安も3月利上げへの思惑残る/ドル・円週間見通し

2018/02/09

[為替週間見通し]
*16:24JST ドルは下げ渋りか、米株安も3月利上げへの思惑残る

 来週のドル・円は下げ渋りか。トランプ政権発足前後から右肩上がりで上昇基調の続い
た米株式が調整局面に入ったとみられ、リスク選好的なドル買い・円売りは後退しそう
だ。ただ、強い米インフレ指標を受け株安でも3月追加利上げへの期待は高まっており、リ
スク回避的なドル売りは抑制される見通し。

 今月2日に発表された米1月雇用統計の堅調な内容を受け、連邦準備制度理事会(FRB
)による利上げペースの加速をにらんだ米長期金利の上昇を嫌って米国株は大きく下げて
いる。米国株に連動する傾向がある日本株(日経平均株価)も弱含みとなっており、株安
を嫌気したリスク回避的な円買いが観測されている。また、ユーロ・円、豪ドル・円、カ
ナダドル・円などのクロス円の取引でも円買いが優勢となっており、ドル・円の取引に影
響を与えている。

 ただ、14日に発表予定の米1月消費者物価指数(CPI)と15日に発表予定の1月生産者物価
指数(PPI)などのインフレ指標が市場予想を上回った場合、3月追加利上げ観測が一段と
広がり、ドル買いが活発となる場面も想定したい。ドル・円は108円台で下げ渋っており、
110円台を回復した場合、ドルを買い戻す動きが広がるとの声が聞かれている。

【米・1月消費者物価コア指数(コアCPI)】(14日発表予定)
 14日発表の1月消費者物価指数(CPI)は、前年比+1.7%と予想されており、インフレ率
は12月実績の+1.8%を下回る見込み。ただし、市場予想を上回った場合、利上げ継続の方
針を後押しする材料として好感されよう。

【米・2月フィラデルフィア連銀景況調査】(15日発表予定)
 2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数は21.0と予想されており、1月実績野22.2を下
回る見込み。景気の良し悪しの境目であるゼロを大幅に上回っているものの、市場予想を
下回った場合、製造業の業況悪化に対する警戒感が高まり、ドル売り要因になる。


・2月12日-16日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

○(日)10-12月期国内総生産一次速報値 14日(水)午前8時50分発表予定
・予想は、前期比年率+1.0%
 個人消費は特に悪化していなかったようだが、輸入拡大によって外需の寄与度はゼロに
近いとみられている。住宅投資はピークアウトしているとみられており、昨年10-12月期の
経済成長率は7-9月期との比較で鈍化する見込み。ただし、設備投資はまずまず順調だった
ことから、1%程度の成長となる可能性は残されている。

○(欧)ユーロ圏10-12月期域内総生産改定値 14日(水)午後7時発表予定
・予想は、前年比+2.7%
 速報値は前年比+2.7%のやや高い伸びとなった。需要項目別の寄与度については、個人
消費と純輸出の寄与度が相対的に高いとみられている。参考指標となる12月のユーロ圏総
合PMI改定値は58.1と上昇基調にあることから、10-12月期のGDP改定値は速報値と同じ伸び
になると予想される。

○(米)1月消費者物価コア指数 14日(水)午後10時30分発表予定
・予想は、前年比+1.7%
 参考となる12月実績は前年比+1.8%だった。賃貸家賃は、帰属家賃の伸びが寄与した。
1月については、医療サービスや賃貸家賃が12月と同等の伸びを記録したとみられており、
コアの物価上昇率は12月実績と同水準の前年比+1.8%になってもおかしくない。

○(米)1月小売売上高 14日(水)午後10時30分発表予定
・予想は、前月比+0.3%
 参考となる12月実績は前月比+0.4%で順調な伸びとなった。商務省によると、建材・園
芸の分野が前月比+1.2%で特に好調。自動車は+0.2%だった。税制改革法が個人消費に
与える影響が注目されており、外食、服飾、運動・娯楽用品などの売上増が予想されてお
り、市場予想は妥当な水準か。

○主な経済指標の発表予定は、13日(火):(日)1月国内企業物価指数、14日(水):
(米)12月企業在庫、(独)10-12月期国内総生産、15日(木):(米)1月生産者物価指
数、(米)1月鉱工業生産、(米)2月NY連銀製造業景気指数、(米)12月ネット長期TICフ
ロー、16日(金):(米)1月住宅着工件数、(米)1月建設許可件数、(米)2月ミシガン
大学消費者信頼感指数速報値

[予想レンジ]
・108円00銭−111円00銭
《MK》





【株式会社フィスコ】

※上記のニュースは、フィスコ社により提供されております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても楽天証券およびフィスコ社は一切の責任を負いません。上記のニュースに表示されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でなさるようお願いいたします。


個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]