現在地
ホーム > マーケット情報 > WTI原油先物(NYMEX)

WTI原油先物(NYMEX)

原油(エネルギー)関連銘柄特集

コモディティのe_warrantはこちら

デイリー金&原油コメント

2017/01/20

金:続落、ドル高やイエレン議長による発言が重しに/デイリー 金・原油


[デイリー 金・原油]
*06:53JST 金:続落、ドル高やイエレン議長による発言が重しに
COMEX金2月限終値:1201.50↓10.60

 19日のNY金先物は続落。1195.40ドルから1206.40ドルのレンジで推移した(時間外
取引含む)。ドル指数が一時101.730まで上昇するなど、為替市場でドルが対主要通
貨で強い動きを見せたことが重しとなった。また、前日のイエレンFRB議長による利
上げ前向き発言もマイナス氏された。

 日足チャートでは、25日移動平均線(1165ドル水準)を上放れている。リバウンド
を試す局面となっており、心理的な節目である1200ドルを回復。ただ、その後は短期
的な達成感などが意識されて上値は重くなっている。


原油:反発、IEA月報を材料視した格好に
NYMEX原油2月限終値:51.37↑0.29

 19日のNY原油先物は反発。51.02ドルから51.87ドルのレンジで推移した(時間外取
引含む)。国際エネルギー機関(IEA)発表した月報では、石油輸出国機構
(OPEC)16年12月に生産を前月から減らしており、17年1月には減産ペースが加速す
る可能性があると指摘。この内容を受けて、需給面を材料とした買いが入った。

 一方、米エネルギー情報局(EIA)が発表した米石油在庫統計では、原油在庫の増
加幅が市場予想を上回る格好に。米国での需給の緩みが重しとなり上値は限定的と
なった。

 チャートでは、25日移動平均線(52.5ドル水準)を割り込んでいる。11月24日安値
42.20ドルを起点に下値を切り上げる展開だが、上値はやや重くなっている。
《MT》





【株式会社フィスコ】

楽天会員の方の資料請求はこちら 楽天会員でない方の資料請求はこちら


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料でかんたん

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

今すぐご利用いただけます。

ポートフォリオ一覧を表示

楽天証券にログインしてご利用ください。

楽天証券へログイン

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

投資情報メールサービス「マーケットアロー」

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

[PR]