セキュリティ強化に伴う「TLS1.0」「TLS1.1」無効化のお知らせ(5/8~)

2021年3月29日

インターネット通信の暗号化方式である「TLS」の一部バージョンには近年セキュリティの脆弱性が報告されていることから、2021年5月8日(土)以降、「TLS1.0」「TLS1.1」による接続を無効化し、よりセキュリティレベルの高い「TLS1.2」による接続のみとさせていただくことになりました。
お客さまに引き続き安心・安全にご利用いただく対策のため、何卒ご理解賜りたく存じます。

対象(すべての取引チャネル)

  • 楽天証券のパソコン用及びスマートフォン用のウェブページ
  • パソコン用トレーディングツール「マーケットスピード」「マーケットスピード II」「マーケットスピード for Mac」「マーケットスピードFX」「楽天MT4」
  • スマートフォン用・タブレット用アプリ「iSPEED」「iSPEED FX」「iSPEED先物OP」「iSPEED for iPad」

本対策による影響

2021年5月8日(土)以降、「TLS1.1」までしかサポートしていない一部のブラウザ、パソコン、スマートフォンをご利用の場合、基本的に楽天証券のすべてのページが閲覧できなくなります。
閲覧・動作推奨環境をご利用の場合、これまで同様、楽天証券のウェブサイトをご利用いただけるため影響はございません。

以下が影響を受けるOS・ブラウザとなります。

表は横にスクロールします

  パソコンをお使いのお客さま スマートフォン、
タブレットをお使いのお客さま
OS Windows Vista以前
Windows 8
MacOS X 10.8以前
Android 4以前
iOS 4以前
ブラウザ Internet Explorer 10以前
Chrome 29以前
Firefox 26以前
Chrome 29以前
Firefox 26以前

対応方法

  • 影響を受けるOSをお使いの場合、新しいOSへの入れ替えが必要です。
  • 影響を受けるブラウザをお使いの場合、ブラウザのバージョンアップを行うか「TLS1.2」対応の別ブラウザをご利用ください。

■ Internet Explorer、マーケットスピード、マーケットスピード II、マーケットスピードFXをお使いのお客さま(Windows)
「インターネット オプション」の設定で「TLS1.2」が有効なっているかご確認・ご変更をお願いいたします。

【手順】

① インターネットオプションの設定画面を開きます。
Internet Explorerの[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
または、パソコンのスタートメニューから[コントロール パネル]を選択し、[インターネット オプション]をクリックします。

② インターネット オプション]の設定画面から、[詳細設定]タブをクリックします。
設定のなかをスクロールして、[セキュリティ] カテゴリを以下のように設定します。
[SSL 3.0 を使用する]のチェックを外す(オフ)
[TLS 1.0 を使用する]のチェックを外す(オフ)
[TLS 1.1 の使用]のチェックを外す(オフ)
[TLS 1.2 の使用]のチェックを入れる(オン)

③ [OK]をクリックして、Internet Explorerを再起動します。