【確定拠出型年金(iDeCo)】国民年金基金連合会から、登録情報の変更に関する通知を受領した方へ(1月)

2021年1月19日

国民年金基金連合会(以下、国基連)から、対象となるお客様に、以下の書面が送付されています。
『「第2号加入者の加入資格に関する届出書」提出のお願い』

  • 令和2年11月30日時点の国基連における登録状況を基準にして書面が送付されています。行き違いにお手続き済の方にも送付されていますことをご了承ください。

お手続き

『第2号加入者の加入資格に関する届出書』(以下、届出書)の下段に印字されている事業所(会社等)に引き続きお勤めの方

事業主様より【事業主証明欄】に証明(ご記入)をいただき、同封の返信用封筒により、国基連にご提出ください。

  • ご提出期限:令和3年2月26日(金)(国基連必着)

退職などにより、届出書の下段の事業所にお勤めでない方

以下に該当する方は、通知書をお読みになってお手続きをお願いいたします。

  • 転退職等により、届出書の下段に印字されている事業所(会社等)に既に勤務していない方
  • 勤務していても厚生年金の被保険者でなくなっている方
  • お手続き期限:令和3年2月26日(金)(楽天証券宛必要書類提出)

ご提出が必要な書類は、下記PDFを印刷してください。

  • 印刷する用紙は白紙をご利用ください。裏面に印刷されている用紙の場合、不備返却させていただきますのでご注意ください。
  • 用紙は以下のサイズで印刷してください。

A3サイズ 「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」
A4サイズ  上記以外の書面すべて

  • 書面を印刷することができない場合は諸変更書類を請求するから郵送請求をしていただくことができます。
    主な請求方法は画面サンプルをご参照ください。
会社員の方が他企業に転職された場合(転職後も会社員、転職先でiDeCoに加入できる)

加入者登録事業所変更届
事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書(会社員用)

共済組合員の方が転職された場合(転職後も共済組合員)

加入者登録事業所変更届
第2号加入者に係る事業主の証明書 (共済組合員用)

共済組合員の方が転職された場合(転職後は会社員(厚生年金の被保険者)になる)

加入者登録事業所変更届
事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書(会社員用)

※お勤め先の制度によって、事業主払いが可能となる場合がありますので、勤務先の担当部署にご確認ください。
毎月定額もしくは年払いはご自身の払込方法をご選択ください。

会社員の方が自営業・無職・学生になった場合

加入者被保険者種別変更届(第1号被保険者用)

会社員の方が専業主婦(主夫)になった場合

加入者被保険者種別変更届(第3号被保険者用)

会社員の方が転職をされて、転職先の規約等によりiDeCoに加入できない場合

掛金の拠出ができなくなり、運用指図者としてそれまでの積立金で運用を継続することになります。
iDeCo 運用指図者とは?

加入者資格喪失届
個人型年金の加入者資格喪失に係る証明書

よくあるご質問

Qなぜ「第2号加入者の加入資格に関する届出書」の提出が必要なのですか?
A個人型確定拠出年金の第2号加入者は、法令により年1回、加入資格の有無について、国基連に届け出ることが定められています(確定拠出年金法施行規則第45条)。

個人型年金規約第50条に基づいて、国基連からご加入者様がお勤めの事業主様あてに、ご加入者様の加入資格を確認するための書類を送付していましたが、基準日時点(令和2年11月30日)で、加入資格の確認ができていない方に、『「第2号加入者の加入資格に関する届出書」の提出のお願い』が送付されています。
(事業主様からのご回答が未提出、遅延、もしくは、ご回答内容に不明な点がある、書類不備がある、等の理由により確認できていない状況です。)
Q手続きをしなかった場合はどうなるのですか?
A上記期限までにお手続き等を終了されていない場合は、令和3年4月26日より掛金引落しが停止されますので、ご注意ください。 
なお、引落しが停止された分の掛金について後納はできませんので、あらかじめご承知おきください。