【重要】トルコ金融市場の流動性低下にともなう「トルコリラ/円」相場変動に関するご注意

2019年3月28日

2019年3月25日(月)以降のトルコ金融市場におきまして流動性が低下しております。
その影響により「トルコリラ/円」のボラティリティ(相場変動率)が上昇しております。

お客様におかれましては、以下の点にご注意くださいますようお願いいたします。

なお、投資情報メディア「トウシル」にて、トルコリラの緊急レポートを掲載しておりますので、あわせてご参照ください。

一時的にトルコリラ/円の証拠金率を引き上げる可能性

証拠金率が引き上げられた場合、必要証拠金が増加いたします。
その結果、追証やロスカットになる可能性がございますので、お客様におかれましては保有建玉(ポジション)やご資金の管理に十分ご注意ください。
なお、当該引き上げに関しましては、市場環境により事前の告知なく実施される事がございますので、あらかじめご了承ください。

トルコ地方選挙による影響

今週末3月31日(日)にはトルコ地方選挙が予定されており、その結果次第では、翌週月曜日(4月1日)のトルコリラ/円 始値が前週末終値に対し大きく乖離するなど、週明けの為替相場に影響を及ぼす可能性があります。
週末と週初とのレートが大きく離れた場合、注文によってはお客様が指定したレートよりも大きく不利なレートで約定する可能性があり、意図していない損失を被ることがございます。
場合によっては証拠金額を上回る損失が発生する可能性がございますのでご注意ください。

トルコリラ/円のスワップポイントに関するご注意

トルコ金融市場全般の流動性低下にともなう相場変動のため、スワップポイントが大きく変動する場合がございます。また、金利情勢によっては買い建玉売り建玉ともにスワップポイントが払いになる可能性もございますのであらかじめご了承ください。

トルコリラ/円のスプレッド拡大・取引停止の可能性

やむなくスプレッドを拡大させていただく場合や、予告なくすべてのお取引を一時的に停止させていただく場合がございます。

お客様におかれましては今一度口座状況をご確認いただき、保有建玉(ポジション)縮小の検討など、お取引の管理に十分ご注意いただきますようお願い申し上げます。