現在地
ホーム > お知らせ > シンガポール上場REIT ケンブリッジ・インダストリアル・トラストを新規取扱い!

シンガポール上場REIT ケンブリッジ・インダストリアル・トラストを新規取扱い!

楽天証券では、2016年12月16日(金)現地約定分から、シンガポール市場に上場しているREIT大手の「ケンブリッジ・インダストリアル・トラスト」の新規取扱いを開始いたします。

ケンブリッジ・インダストリアル・トラストは、2006年7月25日に上場したシンガポールで最初の独立産業REITであり、主に産業用、倉庫用、及び物流用に使用される、収益を生む不動産及び不動産関連資産に直接又は間接に投資しています。

本信託は以下の通り、シンガポール国内に多様な産業用不動産を保有 しています。

物件数51件
物流、倉庫、軽工業、一般工業、産業地区、車のショールーム、工場まで幅広いポートフォリオ構成
延べ床面積:789,675平方メートル
不動産評価額の合計:14.2億シンガポールドル
稼働率:~94.1%
テナント数:193

今回の銘柄追加により、シンガポール株式の弊社取扱い銘柄数は合計で98銘柄となります。(2016年12月16(金)時点)

シンガポール産業REIT(S-REIT) の特徴:

潜在的なキャピタルゲインといった利点に加え、投資家へ安定した所得分配を提供する債券に似た上場証券(「配当銘柄」)
SGXにおける上場は投資の流動性を保証
産業型S-REITの大半(CITを含む)は、中央積立基金(CPF)投資スキームに承認されているため、より広範に投資家を募ることが可能である
REITのポートフォリオに組み込まれている産業用不動産は専門のREITマネジャーにより管理されている
S-REITはポートフォリオの多様化も提供
最低限の資本支出で得られる産業用不動産へのエクスポージャ

新規取扱い銘柄

ティッカー 銘柄名 取引所 業種 情報
CMIT ケンブリッジ・インダストリアル・トラスト シンガポール 投資信託 株価 企業情報 チャート

注文受付開始日時

2016年12月15日(木)日本時間20時30分(予定)

海外株式・ETFのリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は、連動を目指す株価指数等の変動等により損失が生じるおそれがあります。
米国株式等の取引にかかる費用
米国株式等の委託手数料は、約定代金の0.45%(税込0.486%)/1回がかかります(ただし、最低手数料5米ドル(税込5.4米ドル)/1回、手数料上限20米ドル(税込21.6米ドル)/1回)。売却時は通常の手数料に加え、SEC Fee(米国現地証券取引所手数料)が約定代金1米ドルあたり0.0000231米ドル(米セント未満切り上げ)。
中国株式等の取引にかかる費用
中国株式等の委託手数料は、約定代金の0.5%(税込0.54%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回、手数料上限5,000円(税込5,400円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。
アセアン株式等の取引にかかる費用
アセアン株式等の委託手数料は約定代金の1.0%(税込1.08%)/1回がかかります(ただし、最低手数料500円(税込540円)/1回)。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に2,000円(税込2,160円)追加されます。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?