現在地
ホーム > お知らせ > 東京商品取引所の値段の決まり方と注文方法について(2016年9月20日時点)

東京商品取引所の値段の決まり方と注文方法について

(2016年9月20日時点)

「値段の決まり方が変わりました」

  • 引板合わせ(※1)が新しく導入されました
  • 日中立会は、8:45に寄板合わせ(※2)を行った後、15:10までザラバ取引(※3)を行います。
    15:10から15:15までの間、注文受付時間を設け15:15に引板合わせを実施します。
  • 夜間立会は、16:30に寄板合わせを行った後、翌暦日5:25までザラバ取引を行います。
    5:25から5:30までの間、注文受付時間を設け、5:30に引板合わせを実施します。
    なお、ゴムについては、18:55までザラバ取引を行い、18:55から19:00までの間、注文受付時間を設け、19:00に引板合わせを実施します。
  • ノンキャンセルピリオドの導入
    日中立会の寄板合わせ、夜間立会の寄板合わせ及び引板合わせ直前に、1分間の注文訂正及び取消しを行うことができない時間帯(「ノンキャンセルピリオド」という)が設定されました。
  • ※1東京商品取引所において、指定された時間に、市場に出されている注文の条件から、最も多くの注文が見合う単一値段で成立させる手法。
  • ※2東京商品取引所において、寄付き(現状午前9時)に行なわれている取引手法のこと。
    寄り板合わせは、市場に出されている注文の条件から、最も多くの注文が見合う単一値段で成立させる手法。
    寄り板合わせは、売り買いの枚数が完全に一致することは条件に入っていないため、売り買いどちらか一方に注文枚数が片寄ると、成行注文であっても必ずしも約定するとは限らず、ザラバ注文が開始される。
  • ※3ザラバ取引とは、取引時間内であれば、買いと売りの注文の条件が合えば次々と取引が成立するしくみ。

「注文の名称や方法が変わりました」(2016年9月20日時点)

  • 注文の名称が変更になりました
  • 引け条件付き注文(引成、引指)が導入されました
  • 発注可能値段が変更になりました
  • 注文方法が変更になりました

注文の名称変更について

旧システム 新システム 約定条件(変更なし) 備考
LO 指値注文 FAS,FAK,FOK  
MO 成行注文 FAK,FOK 全量約定を保証するものではありません
MTLO 対等値段条件付注文(※1 FAS,FAK,FOK 挙動が変更になります
SCO スタンダードコンビネーション注文
※2
LO,MO,MTLOの指定+各種類の
約定条件を指定
有効期限が変更になります
約定条件 説明
FAS 受付時に約定可能な数量を約定、残枚数は指定した有効期限まで残ります。
FAK 受付時に約定可能な数量は約定、残枚数はすべてキャンセルされます。
FOK 全量約定か全量キャンセルされます。
  • ※1価格を指定しないで発注する売買注文
  • ※2商品先物取引には限月があり、限月により価格の差がありますので、同一商品の2つの異なる限月における鞘価格を指定して、売・買同枚数をセットで発注する注文

注文の名称変更について

旧システム 新システム
引板合わせなし 引板合わせ時を執行条件とする引成注文、引指注文が発注可能です。(指成注文はございません)

発注可能値段が変更について

旧システム 新システム
前計算区域の帳入値段から上下に2,000tickの幅 サーキットブレーカー(※3)幅の範囲内

注文方法の変更について

SO、BLO、NSCOの提供を取り止めます。

旧システム(7種類) 新システム(5種類)
LO(リミットオーダー) 指値注文(LO)
MO(マーケットオーダー) 成行注文(MO)
MTLO(マーケットトゥリミットオーダー) 対等値段条件付注文(MTLO)
SCO(スタンダードコンビネーションオーダー) スタンダードコンビネーション注文(SCO)
SO(ストップオーダー) テイラーメイドコンビネーション注文(TMC)(※4
BLO(ベストリミットオーダー)  
NSCO(ノンスタンダードコンビネーションオーダー)  
  • ※3相場が急変動した際、市場に参加する人たちの不安心理を鎮め、冷静な投資判断を促すことを目的とした制度で、取引所が一定のルールに基づいて発動する、取引の一時中断措置。
    現行のサーキットブレーカー値幅はこちら(2016年5月現在)
  • ※4SCOのように、シリーズ間の値差を指定して、1つの注文として発注することが可能な注文。(金オプション取引のみ導入)
東京商品取引所の取引システムについて(2016年9月20日時点)

楽天IDでかんたん口座開設

口座開設

国内商品先物取引

国内商品先物取引にかかるリスク
国内商品先物取引は、証拠金取引であり取引に際して預託する証拠金の額は、総取引金額に対し概ね3~20%の額であり、総取引金額に比較して少額となります。
そのため、商品市場における相場の変動幅が小さくとも、大きな額の利益または損失が生じるハイリスク・ハイリターンの取引です。
また、商品市場の相場の変動により損失が一定額を超えた場合に取引を継続するためには、当初に預託した証拠金に加えて、証拠金を追加して預託することが必要となる場合があります。
なお、商品市場の相場が予測に反して変動した際には、損失が発生する可能性があると共に相場の変動幅によっては預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。
お取引に際しましては契約締結前交付書面等をお読みになり、リスクや取引の仕組み等を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い致します。国内商品先物取引にかかる取引手数料は「一律コース」「サヤトレーダーコース」の2コースから選択することができます。

〔一律コース〕
297円(税込320円)/1枚がかかります。なお、金ミニ・金限日と白金ミニの取引手数料は、56円(税込60円)/1枚がかかります。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に1,429円(税込1,543円)/1枚が追加されます。
デイトレード(※)の場合、片道1枚あたり手数料はオーバーナイト時の半額となるため、実質決済時の売買手数料は無料となります。※デイトレード:同一計算区域内で、新規建玉とその建玉の決済を行う取引

〔サヤトレーダーコース〕
サヤ取引画面からの取引手数料は、237円(税込255円)/1枚がかかります。その他の注文については、709円(税込765円)/1枚がかかります。
なお、金ミニ・金限日と白金ミニの取引手数料は、100円(税込108円)/1枚がかかります。カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎによる委託手数料は、通常の手数料に1,429円(税込1,543円)/1枚が追加されます。


楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?