現在地
ホーム > お知らせ > 【楽天FX】機能をさらに充実「MARKET SPEED FX」Ver1.3

【楽天FX】機能をさらに充実「MARKET SPEED FX」Ver1.3 

さらに速く、さらに有利に

7/27にマーケットスピードFXは大幅に機能拡張を行いました。拡張機能の内容は以下をご覧ください。

主な拡張内容

ASストリーミング注文画面に、建玉数量、平均約定レート、評価損益の表示項目を追加

ASストリーミングのレートパネル直下に「建玉数量」「平均約定レート」「評価損益」の表示項目を追加しました。

ASストリーミング注文で重要な情報である、「建玉数量」「平均約定レート」「評価損益」が表示されるようになります。
※選択した通貨ペアの建玉情報が表示されます。

新規注文選択時も建玉一覧を表示

注文区分で「新規」を選択した場合も、現在保有している建玉が一覧表示されるようになりました。

従来は注文区分で「決済」を選択した時のみ、建玉が表示されておりましたが、「新規」を選択しても建玉一覧が表示されるようになります。

注文種類を切り替えたとき、今までの入力値が引き継がれるよう改善

注文種類を切り替えた時でも、注文区分や数量などの入力値が引き継がれるようになりました。

注文画面で注文種類を変更した際に、予め設定している入力値を保存できるように改善します。

  ASストリーミング ストリーミング リーブオーダー OCO (OCO1のみ) IFD (IFD新規のみ) IFO
注文区分 新規・決済 新規・決済 新規・決済
売買 売・買 売・買 売・買
数量 1,000~2,000,000 1,000~2,000,000 1,000~2,000,000 1,000~2,000,000 1,000~2,000,000 1,000~2,000,000
執行条件 指値・逆指値 指値・逆指値 指値・逆指値
スリッページ 0.0~99.0 0.0~99.0
注文レート
有効期限 本日中・今週中・
期限なし
本日中・今週中・
期限なし
本日中・今週中・
期限なし
本日中・今週中・
期限なし
  • 通貨ペア全決済は入力値を引き継ぎません。
  • 注文区分で「決済」を選択している場合、「ストリーミング」「リーブオーダー」「OCO」でのみ注文区分の入力値を引き継ぎます。
  • OCOの執行条件は注文パターンから選択するため、他の画面の入力値を引き継ぎません。

注文画面をコンパクト化

注文画面の頻度の高い入力項目を左側にレイアウトすることにより、注文画面の表示範囲が狭い時でも、画面スクロールの動作が少なくなるよう改善しました。

決済注文の数量は決済エリアで直接入力します。また、表示領域が一部表示されない場合は、「画面の一部が隠れています」の案内が表示されるようになります。
※ASストリーミングやストリーミングでは、「スリッページ」設定が右側領域にあります。

決済注文時の画面に見込損益を表示

決済注文を行う時や、予め決済注文を指定する際に「見込損益」が表示されるようになりました。

「ストリーミング」「リーブオーダー」「OCO」の決済注文時や、「IFD」「IFO」注文では、予め見込損益が表示されます。
※見込損益はあくまでも想定される損益金額であり、損益を確定するものではありません。

指値注文時の画面に指定可能なレート範囲をナビ表示

「リーブオーダー」「OCO」「IFD」「IFO」注文では、設定する条件に応じて指定可能なレート範囲が表示されます。指定できないレートが入力されると背景色がピンクで表示されます。

表示は等符号で表示されます。
例えば、「<100.000」は100.000未満のレートで入力が可能です。ボタンをクリックすると、この場合「99.999」のレートが自動的に入力されます。

文字サイズを大きく変更

表示するフォントを全体的に大きくし、見やすくしました。

上記は、テキストサイズ「中」で比較表示しています。

  • 旧バージョンよりお使いのお客様で、本対応により項目の一部(レートの小数点以下等)が表示されなくなってしまった場合は、以下の手順にて表示幅の調整を行ってください。

表示幅を変更したい項目の右端にマウスを移動していただくとサイズ変更の矢印が表示されます。この状態でドラッグ(マウスの左ボタン長押し)したまま左右に動かすことで表示幅を変更いただけます。

チャート印刷機能の追加

チャート印刷機能を追加しました。

チャートの右クリックメニューに「チャート印刷」を追加しました。チャート印刷を実行すると印刷プレビューが表示され、出力内容をあらかじめ確認いただけます。また、印刷は「カラー」または「モノクロ」から選択して表示することができます。

マイチャート機能の追加

チャート機能の設定保存を行う「マイチャート」機能を追加します。

チャート上の「テクニカル選択」を選択すると「マイチャート」メニューが表示されます。予め設定されている「Market Speed」「移動平均」「平均足+HL」や、お客様が設定したチャート分析を7種類まで登録保存することができます。

【チャートの塗りつぶし方法】
チャートの実体線(陽線・陰線)を塗りつぶすには、以下の操作を行ってください。

  1. チャートをクリック(設定画面呼び出し)
  2. 塗りつぶしたい線の歯車ボタンをクリック
  3. 「塗りつぶす」にチェックを入れ
  4. 「OK」をクリック

累計スワップ表示の追加

建玉照会画面に「累計スワップ」の表示を追加しました。

【一覧表示】

【詳細表示】

一覧表示では、対象となる建玉数量の「累計スワップ」の合算金額が表示され、詳細表示では、対象となる建玉ごとの「累計スワップ」が表示されます。


外国為替証拠金取引(FX)のリスクと費用等について

外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかるリスク
外国為替証拠金取引(FX)は、取引通貨の価格変動や、スワップポイントの支払いにより、損失が生じるおそれがあります。また、外国為替証拠金取引(FX)は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。
外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかる費用等
外国為替証拠金取引(FX)の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
証拠金について
〔楽天FX口座〕
レバレッジコースに応じて取引金額の4%~100%(最大レバレッジ25倍)の証拠金が必要となります。
(法人のお客様の場合は、取引金額に当社が定める証拠金率(*)を乗じた金額以上の証拠金が必要となります。)
〔楽天MT4口座〕
想定元本の4%以上の証拠金が必要となります。(法人のお客様の場合は、想定元本に当社が定める証拠金率(*)を乗じた金額以上の証拠金が必要となります。)

*当社は、金融先物取引業協会が算出した「為替リスク想定比率」以上となる証拠金率を通貨ペアごとに定めております。「為替リスク想定比率」とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを使い算出されるものです。

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?