現在地
ホーム > お知らせ > 弊社代表取締役社長より年頭のご挨拶

弊社代表取締役社長より年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2012年の年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

今年は、1999年6月に日本初のインターネット・トレーディング専門の証券会社としてサービスを開始して以来、13年を迎える年となります。現在、120万超の口座を有しネット専業証券のトップグループの一角を占めつつ、業界トップの新規口座開設数をいただくことができていますのも、ひとえにお客様のご支援の賜と深く感謝申し上げます。

まずは、昨年3月に発生した東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

同時に弊社はこの震災を通じ、その後の相場の急激な乱高下や原発に起因する夏場の電力供給不安の中、何時いかなる時もお客様に安心してお取引いただけるよう、マーケットに携わる会社として安定したシステム・業務運営を果たすべきとの使命を改めて痛感した一年でした。

昨年、楽天証券では様々な施策を行いました。代表的なものをいくつか挙げますと、取引所のシステム刷新や時間延長、FXのレバレッジ規制等、新たな制度・仕組みへの対応。安定稼働体制に一層の磨きをかけるべく弊社基幹システムの刷新。スマートフォンやタブレット端末の急速な普及に合わせ、『iPhone』、『iPad』および『Android』に対応したトレーディングツール『iSPEED』を投入。弊社ウェブサイトでの取引におけるログイン後のお取引ページの8年ぶりのフルリニューアル。さらには金融サービスとしての利便性強化を推進するため、楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」、また同行の楽天スーパーポイントと連動したポイントサービス「ハッピープログラム」への参加、などを行いました。

今年は、証券業界にとって大きな転換の年となります。グローバルな金融不安を背景とした長期低迷相場において証券業界全体が生き残りを模索する中、東証と大証の経営統合は業界のあり方を大きく変えていくでしょう。そこに対応して成長戦略を描くことができない証券会社の統廃合や廃業が業界構造の変化を後押しすることになるのではと見ています。今後の証券業界は、資本力、顧客基盤、システム対応力を基礎とし、グローバルでダイナミックな構造変化に対応できる会社しか生き残ることができないのではないでしょうか。

弊社はこのような構造変化に柔軟に対応し、未だ先行き不透明感が漂う現在の金融・経済環境を踏まえながら、積極的にお客様の投資に貢献したいと考えています。FX取引におきましては現在の『楽天FX』を刷新し、新たなサービスの開始に向けて準備を進めております。また、皆様にとって成長市場をより身近にすべく外国株式の取り扱いを拡大してまいります。加えて、従来のネット取引のみならず投資アドバイスを必要とするお客様に対し、IFA(独立ファイナンシャルアドバイザー)によるサービスも積極的に推進しております。弊社は、今後も「スピード」と「イノベーション」を旨とし、サービス向上に全力を挙げてまいりますので、ご期待いただけますようお願い申し上げます。

今年も、楽天証券をご愛顧いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成24年1月1日

楽天証券株式会社
代表取締役社長 楠 雄治


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?