現在地
ホーム > ヘルプ > 相続のお手続き > 戸籍謄本について

戸籍謄本について

相続手続きには被相続人が亡くなられたことや相続人の確定のため、戸籍謄本原本・印鑑登録証明書(原本)のご提出が必要となります。

なお、戸籍謄本のかわりに、「法定相続情報一覧図の写し」をご提出いただくことも可能です。

被相続人の本籍地を管轄する役所にて、戸籍謄本を請求する際は、

「故○○ ○○の相続手続きのため、出生から死亡までの連続したすべての戸籍を発行してください」

と申し出てください。

すべての戸籍謄本などが取得できなかった場合は、役所の担当者にご相談いただき、該当する役所へ取得できなかった戸籍謄本などの申請を行ってください。

生まれてから亡くなるまでのことが一枚の戸籍に書いてあるとは限りません。様々な理由で戸籍は作り直されます。
そのため、その戸籍(除籍)には、いつからいつまでの事実が書かれているのか、戸籍事項(改製・転籍・婚姻など戸籍の先頭に書いてある部分)にて確認が必要です。

なお、戸籍は、被相続人のご逝去からご出生へと遡って、取得されるとわかりやすいです。

まず、被相続人の本籍地にて、死亡の記載のある戸籍謄本を取得します。
その戸籍謄本の先頭に書いてある部分を確認ください。

そちらに、その戸籍が作成された理由と作成日が記載されています。
作成理由は【改製】、【婚姻】、【転籍】、【法律の改製】などです。

【作成理由の改製とは?】 全部事項証明書・改製原戸籍の違い

改製とは法令により戸籍が再作成されることです。
直近では、平成6年の法改正により、戸籍が電算化されました。電算化前後で戸籍を区分するために、呼称が変更され、電算化前を「改製原戸籍」、電算化後を「全部事項証明書」としました。

電算化以降の情報のみが記載されるため、全部事項証明書に加え、改製原戸籍の取得が必要となります。

【改製原戸籍】

戸籍記録電算化前のもの

【全部事項証明】

戸籍記録電算化後のもの

関連リンク


楽らくサポート

個人確定拠出年金iDeCo

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

よくあるご質問

お問い合わせランキング

マーケットスピード IIダウンロード

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?

ご質問は
ありませんか?