現在地
ホーム > 投資信託 > 専用投信一覧

専用投信一覧

  • 投資信託

楽天資産形成ファンド(楽天525)楽天証券専用ファンド

  1. 日本を含む世界の株式・債券に分散投資を行うことより、信託財産の成長と安定した収益の確保を目指します。
  2. 基本資産配分比率は、明治安田アセットメネジメントの年金向け手法を活用し、原則として年1回見直しを行います。
  3. 信託報酬率は純資産総額に対して年率0.54%(税込)と魅力的な低水準となっています。

詳細はこちら

自由の女神(ホリコ・フォーカス・ファンド) 楽天証券専用ファンド

  1. 堀古英司氏が運用する外国投資信託「HCフォーカス・ファンド」を主な投資対象とします。
  2. 割安株(バリュー)投資を基本とし、米国の株式を中心に運用をおこないます。
  3. リスクの分散を図りつつ、比較的少数(15~30銘柄)の銘柄に集中投資をおこないます。

詳細はこちら

リクソー日本株アクセル・スマート・ブル(0-250%、四半期下限ターゲット75%付)
(シフト・チェンジ)楽天証券専用ファンド

  1. 積極運用部分と安定運用部分に分けて運用されます。
  2. 積極運用部分では、日経225先物取引に対して5倍を目標にレバレッジをかけて投資を行います。
  3. 安定運用部分では、四半期毎の参照期間について下限価格を設定し、部分的な元本の確保を目指します。

詳細はこちら

リスクと費用

投資信託の取引にかかるリスク
  • 主な投資対象が国内株式

    組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が円建て公社債

    金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの

    組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用
  • ご購入時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「お申込手数料」:ファンドによって異なります。

  • 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用

    「信託報酬」:ファンドによって異なります。

  • ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

  • 各投資信託の費用等について、詳しくはそれぞれの投資信託の「目論見書」「目論見書補完書面」をご覧ください。

外貨建てMMF年換算利回り(税引前)

直近7日間(更新日:

米ドルMMF(GS)
米ドルMMF(ニッコウ)
豪ドルMMF
NZドルMMF
カナダドルMMF
南ア・ランドMMF
トルコリラ建てMMF
MHAMのMMF

当該実績は、過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。


口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

Fund Picks 投資信託の運用方法を披露

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?

ご質問は
ありませんか?