第13章 投資信託のリスク

  • 投資信託

投資信託は、値動きのある株式や債券に投資・運用します。そのため、投資信託の価額(基準価額)も変動します。つまり、リスクがあるわけです。したがって、預貯金とは異なり、元本や利息が保証されているわけではありません。
投資信託には、次のようなリスクがあります。

価格変動リスク

個々の企業の活動や一般的な市場・経済の状況によって、組入有価証券の価格が変動するリスクです。

信用リスク

発行企業が経営不安、倒産等に陥った場合に、組入有価証券の価格が下落したり、投資資金が回収できなくなったりするリスクです。

流動性リスク

小型株など時価総額が小さく、流動性の低い株式が含まれている場合などに、価格変動率が比較的高くなったり、市況によっては大幅な安値での売却を余儀なくされたりするリスクです。

金利リスク

金利の上昇局面では、債券や不動産に対する投資価値が相対的に低下し、市場価格の低下につながるリスクです。

為替リスク

外貨建の有価証券に投資する場合に、為替レートの変動によるリスクが伴います。

カントリー・リスク

特定の国や地域へ投資する場合は、その国の政治経済情勢、通貨規制、資本規制等様々な要因による影響を受けます。

デリバティブ取引のリスク

デリバティブに投資する場合、ヘッジする商品とヘッジされるべき資産との間の相関性を欠いてしまう可能性、流動性を欠く可能性、証拠金を積むことによるリスク等様々なリスクが伴います。

解約申込みに伴うリスク

短期間に多額の解約申込みがあった場合には、解約資金を手当てするために組入有価証券を市場実勢より大幅に安い価格で売却せざるを得ないことがあります。この場合、基準価額が下落する要因となります。

市場の閉鎖等に伴うリスク

証券市場および外国為替市場は、世界的な経済事情の急変、その国における天災地変、政変、経済事情の変化、政策の変更等の諸事情により閉鎖されることがあります。これによりファンドの運用が影響を被り、基準価額の下落につながることがあります。

この他にも、ファンドには投資対象とする国、地域、有価証券の種類によって、さまざまなリスクがあります。それぞれのファンドのリスクについては、必ず目論見書で確認してください。

リスクの大きさの目安

では、投資信託の基準価額はどれくらいの値動きがあると考えればいいのでしょう。

グラフは、投資信託のベンチマーク(運用の指標)として使われる代表的な指数の過去のリスク(リターンの年率標準偏差)を表したものです。

大まかに、国内株式を主要投資対象とするファンドは年15~20%、国内債券を主要投資対象とするファンドは年2~5%、主要先進国の株式を主要投資対象とするファンドは年12~18%、主要先進国の債券を主要投資対象とするファンドは年7~14%が、リスクの一応の目安と考えられます。

(注 ファンドによってはリスクの大きさが大きく異なる場合があります。また、リスクの大きさ自体、年によって変化しますので、「これだけ見積もれば絶対に大丈夫」ということもありません)

当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではありません。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設