はわやかり投資物語その2 3分でわかる資産運用

預貯金と投資の違い

銀行などでできる預貯金と投資は、何が違うの?

一番の違いは、『資産が増えたり減ったりするかどうか』なんだ。

●預貯金→もともと預けたお金(元本)が減ることはなく、利率が保証されている。
●投資→投資対象の値動きによって資産が増えたり減ったりする。

右のグラフを見て。
預貯金は線がまっすぐで安定しているね。預けたお金は減らないけれど、大きく増えることもほとんどないんだ。

波線は投資だよ。ときどきマイナスになることもあるけれど、元の額よりも大きく増える場合もある。
つまり、うまく投資すれば、預貯金よりも資産を増やせる可能性があるんだ。

へぇ! ボクも大きく増やしたいな。

でも、マイナスになるのは嫌だなぁ。

じゃあ、うまく運用するコツを教えるね。

うまく運用するコツ1-資産を分散する-

コガネムシくんはどうやって運用しているの?

ボクは分散投資をしているんだ。

たとえば、アリくんは家に食べ物を保管してるよね。それを1カ所に保管していたとしよう。もし、大雨が降ってその部屋に水が入ってきたら…。 食べ物が全部ダメになってしまう。

でも、4つくらいの部屋に分けて、保管していたら? 1カ所が水浸しになっても、他の部屋の食べ物は無事だよね!

投資もそれと同じ。1つにかたよらないで、いくつかに分散して投資をすることが大切なんだ。

なるほど!

そう。リスクとリターンは表裏一体。投資で大切なのは、資産を大きく減らさないことなんだ。

1つに投資

メリット

  • 大きく利益を出せる可能性がある。

デメリット

  • 損失が出た場合、マイナスが大きくなる可能性が高い。
  • 購入するのに大きな金額が必要になることがある。

4つに分散して投資

メリット

  • 1つがマイナスになっても、その損失を他の3つがカバーしてくれる可能性がある。

デメリット

  • 1つあたりに投資している金額が少ないので、大きな利益が出にくい。

うまく運用するコツ2 -時間を味方にする-

もうひとつのコツは、なるべく早く投資を始めること。

時間が関係あるの?

下の図を見て。たとえば積立。毎月の積立額は少額でも、長く続ければ大きな資産に育てることができるよね。また、株式や投信などの分配金や配当金が出るタイプの金融商品なら、運用期間が長いほど分配や配当の回数が多くなるし、積み立てた額が多いほど、金額も多くなるんだ。だから、少しでも早く始めることが効果的なんだよ。

時間を味方にするんだね!

長く運用するほど、利息や分配金がもらえる回数が多くなる

早く始めることのメリットはほかにもあるよ。

  • 短い期間でみると買った額よりも下がる場合があるけれど、長い期間でみると買った額よりも上回る傾向がある。
  • 成長前の企業の株や、これから成長する発展途上国に投資して、大きな利益を得られる可能性がある。
  • 少しずつ資産を増やしていけば、結婚や転職などのライフイベントに備えることができる。

投資で資産をうまく運用すれば、人生を楽しむことができるんじゃないかな。

預貯金ばかりじゃなくて投資も大切なんだね。

よーし。ボクもやってみよう!

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設