投資信託の振替とは(出庫)

  • 投資信託

他の金融機関(証券会社や銀行など)でお買付けになった投資信託は、簡単なお手続きで、楽天証券のお取引口座に預け替えかえることができます(楽天証券から他の金融機関へのお振替えも可能)。複数の金融機関で保有なさっている投資信託を当社でまとめて保管すれば、資産の管理が一元化でき、運用状況も把握しやすくなります。

  • 投資信託のお振替えは、証券保管振替機構を通じておこなわれますので、安全で確実にお手続きができます。
  • 当社で取扱っていない投資信託のほか、一部、お振替えができない投資信託がございます。お振替えをご希望の場合は、必ずカスタマーサービスセンターまでお問い合わせください。

お手続きの流れ

  • 振替出庫は1銘柄あたり3,000円(税込3,240円)の手数料をいただきます。
  1. 移管先の金融機関が投信振替サービスに対応しているかご確認ください。投信振替サービスに対応していない場合、振替出庫は承れません。ご了承ください。
  2. 振替可能ファンドのご確認

ファンドによってはお振替えの条件やお振替え後の取引に制限がある場合がございます。
お振替えをご希望の場合は、移管先の金融機関へ振替え可能ファンドの対象かどうかご確認ください。

注意事項

MMF・MRF・外貨建てMMFはお振替えの対象外とさせていただきます。
移管元の金融機関で口数等の取扱いが当社と異なる場合は、お振替えに制限が生じる場合があります。

  1. 振替依頼書のご請求

当社カスタマーサービスセンターに「投信口座振替依頼書」をご請求ください。「投信口座振替依頼書」に必要事項をご記入のうえ、返信用封筒にて当社にご返送ください。ご記入方法についてご不明な点がございましたら、カスタマーサービスセンターまでお問い合わせください。なお、「投信口座振替依頼書」の振替先(受け方)口座明細欄につきましては、移管先の金融機関の情報をご記入願います。詳細については、移管先の金融機関にお尋ねください。

注意事項

投資信託の名称は正確にご記入ください。決算期間の違いにより名称が変わるものや、為替ヘッジありコース/為替ヘッジなしコースなどの違いにご注意ください。
お預けいただく口座区分毎(特定口座、一般口座)に書類をご請求ください。
当社で特定口座にてお預けの場合は、移管先の金融機関で特定口座の開設が必要となります。

  1. 振替手続きの完了

手続き完了後は、移管先の金融機関の残高に反映されます。「投信口座振替依頼書」を当社にお送りいただいた後は、お客様がお手続きをなさる必要はございません。

注意事項

当社に「投信口座振替依頼書」を提出されてから手続きが完了するまで、最長で2ヶ月ほどかかる場合があります。なお、決算日などを挟む場合や移管先の金融機関の諸事情でそれ以上かかる場合があります。

ご注意事項

移管先の金融機関での登録内容(住所・氏名・生年月日等)と当社での登録内容が一致しない場合は、登録内容を同一に変更してからお手続きをお願いいたします。

当社に書類が到着してから移管先への振替手続きが完了するまで、インターネットでの投資信託のお取引を停止させていただきます。なお、お振替えになるファンドと異なる銘柄の取引をご希望の場合は、当社カスタマーサービスセンターにて承ります。

当社にて「投信口座振替依頼書」を受付けた後は、内容の変更・取消しを承ることができません。

移管の手続き中に分配金が支払われた場合、当社のお取引口座に支払われる場合があります。

同一ファンドでも移管先の金融機関と当社でのお買付け単位が異なる場合があります。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設