一目でわかる「投資信託のトータルリターン」サービス

トータルリターンと評価損益の違いは

トータルリターンと評価損益(譲渡損益)は、算出方法や使用目的が異なりますので、算出結果は一致しません。
トータルリターンは、お客様の投資収支(キャッシュフロー)で損益を評価する指標であるのに対し、評価損益は、 譲渡損益(課税対象)の損益を評価する指標です。
「どちらが正しい」という判断ではなく、目的・用途に合わせてご利用ください。

  トータルリターン 評価損益(譲渡損益)
目的・用途 お客様の投資収支を計算したもの。支払った金額(買付・再投資)に対する受け取った金額(分配金・解約金額)との差額で損益を評価。 譲渡損益(課税対象かどうか)に用いる金額を計算したもの。買付時の加重平均である平均取得価額と現在の基準価額の差で損益を評価。損益は課税対象。
算出式 現在の評価額+累計分配金額+累計解約金額-累計買付金額 現在の評価額-(平均取得価額×保有口数÷単位口数)
確定申告 利用できない 利用できる
分配金 受取分配金・再投資分配金ともに算出に含む 受取分配金は算出に含まない
元本払戻金
(特別分配金)
分配金額として算出に含む 個別元本の修正(切り崩し)を行う。

トータルリターンの考え方

お客様の投資収支を計算したもので、支払った金額(買付・再投資)に対する受け取った金額(分配金・解約金額)との差額で損益を評価します。なお、分配金は、元本払戻金か普通分配金かを問わず、支払われた分配金として算出します。

評価損益(譲渡損益)の考え方

譲渡損益(課税対象かどうか)に用いる金額を計算したものです。買付時の加重平均である平均取得価額と現在の基準価額の差で損益を評価します。損益は課税対象となります。なお、元本払戻金(特別分配金)が発生している場合は、個別元本から元本払戻金額(特別分配金)を修正(切り崩し)いたします。

  • 元本払戻金(特別分配金)とは株式投信の決算時に、分配金支払い後の基準価額が個別元本を下回った場合、その差額は元本に払い戻され、元本払戻金(特別分配金)となります。

元本払戻金(特別分配金の特徴

  • 元本払戻金のため、非課税です。
  • 元本払戻金のため、平均取得価額(または個別元本)が修正されます。
  • お客様の平均取得価額(または個別元本)によって、金額が異なります。

具体例

実際に、トータルリターンと評価損益に差が生じている場合のケースについて、確認方法をご案内いたします。

投資信託/取引明細画面例

 

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方

口座開設