コモンズ投信とは

コモンズ投信とは

ごあいさつ

楽天証券をご利用の皆さま、はじめまして!これから2020年以降、日本は新しい時代を迎えます。その新しい時代では、「現状維持」に甘んじることなく、「持続性」のために行動する人々が報われることになるでしょう。将来が不安で現金を抱え込めばジリ貧になる可能性が高まる一方です。デフレの時代からインフレの時代になるということは、現金に価値保全の不確実性(リスク)が高まるということに気づくべきです。
株式投資とは、「儲ける」ことだけが目的ではなく、資産形成のリスク分散という側面もあるのです。投資を始めるのに大金は必要ありません。必要なのは今日からちょっと動いてみようとスイッチを入れること。ご自身の生活の中で入ってくる月給など定期的な収入から無理がない範囲でゆっくりとコツコツと行えば十分です。現在からの積み重ねで形成されるのが未来です。

今日よりも、よい明日へ。
そのために、ゆっくりとしっかりと共に進みましょう。
Share the Vision!



取締役会長 渋澤 健 代表取締役社長 伊井 哲朗

コモンズ投信とは

「未来志向の日本人が全国から、長期投資を通じて最良な企業と出会える場を提供すれば、持続的な 価値創造が可能になる」そんな想いを持ったメンバーが集まってできた独立系の投信会社です。

こんな人におすすめです

じっくりコツコツ資産づくりを行いたい方。

これまでどんな商品にどんな風に投資をしてきましたか?
ご自分の資産を任せる運用者や経営者と直接会うことをぜひ大切にしていただきたいと思います。
私たちは日本株でも十分にリターンが上げられると考え、30~50銘柄に集中して投資をする日本株アクティブファンド(※)を運用しています。ファンドがどのような運用哲学に沿って投資しているかわかることを大切にしており、長期での資産づくりにふさわしい商品を提供しています。 また、大小あわせると年間約200日以上セミナーを開催し、ここでは運用者自らが講師となってファンドの説明や運用報告を行っています。セミナーに参加できない地域にお住まいの方には動画でお届けしています。ぜひ直接お会いしましょう。知らない、理解できないものに投資することはではあなたの資産づくりにおいて正しい選択ではありません。

ぜひ、比べてみてください。

(※)決められた運用方針に基づき、市場の平均以上の利益を目指そうとする運用手法

コモンズ投信のファンド活用例

ザ・2020ビジョンに積み立て月5千円と情勢を見てのスポット買いをしています

ドルコスト平均法と相場が下がったときのスポット買いを併用することで、買いのコストを低減しながらリターンを大きくしたい

30代男性

コモンズ30ファンドに3万円、ザ・2020ビジョンに1万円。
こども名義でもコモンズ30ファンドに1万円積み立てています。

一攫千金を狙うものではないので、貯金のつもりで毎月こつこつが良いと思って続けています

40代男性

好みに合わせて選べる2つのファンド

ザ・2020ビジョン

「ザ・2020ビジョン」は、国内株式を主な投資対象としたアクティブファンドです。具体的には、日本の新しい国づくりに向け“変化しはじめた企業”、“変化にチャレンジする企業”を中心に中長期的な視点で厳選し、ダイナミックな運用を行います。

キーワードは“変化

“変化を始めた企業“、“変化にチャレンジする企業”を中心に株価が割安と判断した水準で投資します。

50銘柄程度に厳選投資

大型株から小型株まで投資対象とし、50銘柄程度に投資します。50銘柄程度あれば、分散効果も十分得られます。※1

リスク回避のタイミングをコントロール

市場の下落リスクなどに基づき、株式の組入れや現金等の比率を調整。リスクを回避するタイミングのコントロールを目指します。※2

運用報告動画

  • ※1ボトムアップ・アプローチを重視し、ベンチマークは設けません。
  • ※2株式への投資は、信託財産の50%超(100~30%の範囲内を)が基本です。

ザ・2020ビジョン

「ザ・2020ビジョン」は、国内株式を主な投資対象としたアクティブファンドです。具体的には、日本の新しい国づくりに向け“変化しは じめた企業”、“変化にチャレンジする企業”を中心に中長期的な視点で厳選し、ダイナミックな運用を行います。

注文 積立 詳細はこちら

コモンズ30ファンド

「コモンズ30ファンド」は、ただ貯めて増やすだけのファンドではありません。自己資産の形成をしながら、成長を続ける日本の優良な企業を長期に渡って応援し、それらを通じて豊かな社会づくりをお子さん、お孫さんへと長い目線でつなげていく「日本株の長期集中投資ファンド」です。投資先は「真 のグローバル企業」を中心に約30銘柄を厳選し、企業との双方的対話を重視した企業価値の創造と共有を目指しています。

ゆっくりしっかり育む長期投資

30年は一世代の象徴です。企業の本質的な価値は世代を超える長期的な目線で見えてくるものです。

真のグローバル企業を中心に30銘柄へ集中投資

30社程度の進化を続ける優良企業に集中投資することで投資先の「見える化」と運用効果の向上に努めます。

「対話」する投資で価値の創造と楽しさを提供

投資先企業の「見える化」とつながりを促し、新しい価値創造に参加する交流タイプのセミナーなど積極的に取り組んでいます。

運用報告動画

コモンズ30ファンド

「コモンズ30ファンド」は、ただ貯めて増やすだけのファンドではありません。自己資産の形成をしながら、成長を続け る日本の優良な企業を長期に渡って応援し、それらを通じて豊かな社会づくりをお子さん、お孫さんへと長い目線でつなげていく「日本株の長期集中投資ファンド」です。

注文 積立 詳細はこちら

文字サイズ

楽天カード新規入会&投信積立をクレジット決済でポイントプレゼント! 積立手数料(消費税込み)を全額ポイントバック!あなたの好きな銘柄を長期で積み立て!

総合口座をお持ちでない方

口座開設

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式
組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が円建て公社債
金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの
組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.40%)およびファンドの管理費用(含む信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「買付手数料」:ファンドによって異なります。
保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。
ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用
「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。

毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について

投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。

毎月分配型ファンド・通貨選択型ファンドに関するご注意

投資信託に関する情報提供について

(楽天証券分類およびファンドスコアについて)

  • 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。
  • 情報提供:株式会社QUICK
    各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。また、予告なしに変更を行うことがあります。