現在地
ホーム > 投資信託

最初に買うならこの1本

最初に買うならこの1本

投資信託業界での販売・運用・評価分析という幅広い経験を持つ、楽天証券経済研究所のファンド・アナリスト 吉井 崇裕が、新たに投資信託を始めるお客様の「ファンドの選び方がわからない」といったご要望にお応えし、定量・定性の両面から分析し攻め・守り・おまかせの1本をご紹介いたします。

攻めの1本!

積極的にお金を増やしたいならば、長期で大きな値上がり益が期待できる株式投信での積立投資を始めてみましょう。株式投信ではじめの1本を選ぶのであれば、世界の株式に分散投資するものを選ぶのがよいでしょう。「朝日Nvestグローバル バリュー株オープン」は、日本を除く世界の割安株に投資するファンド。株式投資の王道は「割安な銘柄を買って、値上がりしたところで売ること」ですが、運用初心者にはなかなか難しいのではないでしょうか。このファンドの良さは「質の高い企業を割安な株価で買って、その企業の本来の価値まで値上がりしたところで売る」ことに徹底的にこだわるところにあります。設定来、約14年間の運用実績は+321.1%(2014年2月末時点)と約4.2倍に成長。投信評価会社モーニングスターが過去10年から優秀な成績をおさめたファンドとして、「ファンド オブ ザ ディケード2013(国際株式型部門)」を受賞しています。

合わせて買うならこの一本

守りの1本!

値下がりのリスクを抑えながらじっくり増やしたいならば、金利収入の積み上げが主な収益源となる債券投信に投資しましょう。債券投信ではじめての1本を選ぶのであれば、世界のさまざまな債券に分散投資するものが良いでしょう。また、債券投資で重要なのは為替リスクです。運用初心者にとって、将来円安になるか、円高になるかを予測することは至難の業です。金利収入を積み上げても、円高で為替差損が発生すれば、ファンドの基準価額は値下がりしてしまいます。そこでおすすめするのが運用会社が為替リスクを管理してくれるファンド。「マニュライフ・フレキシブル戦略ファンド Cコース(為替ヘッジあり・年2回)」は、世界のさまざまな債券に分散投資し、さらに景気動向や投資環境の変化に応じて、債券や通貨の配分を柔軟かつ機動的に変更してくれます。このタイプの債券投信は、資産運用で一歩先を行く米国でもとても人気があり、まとまった資金の運用先として活用されています。

合わせて買うならこの一本

おまかせの1本!

攻めか?守りか?自分では判断できないので、投資信託に任せたい。あるいは、市場環境が良いときは攻めたいけど、悪くなったら守りたい、という方には「攻め」と「守り」の配分を自動的に変えてくれる投信はいかがでしょうか。「トレンド・アロケーション・オープン」は、そうした投資家のニーズに応えることを目指すファンドです。このファンドは、世界のさまざまな資産に分散投資を行いますが、株式、REIT、コモディティ(金、原油等)など値動きが大きい資産を「高リスク資産」、先進国の国債や短期債・現金など比較的安全性の高い資産を「低リスク資産」の2種類に分けて、各資産の値動きの方向性に応じて、「高リスク資産」と「低リスク資産」の配分を調整してくれます。さらに、各資産クラスが大きく値下がりするような局面では、過去1年の高値から下落率が15%以内に収まることを目指して現金の組み入れを高めてくれます。なお、為替ヘッジを行うため、為替の動向を気にする必要もありません。

合わせて買うならこの一本

吉井 崇裕 (よしい たかひろ)

楽天証券経済研究所 ファンド・アナリスト
AFP、ファイナンシャル・プランニング技能士

<略歴>
モーニングスター、三菱アセット・ブレインズでは、ファンド・アナリスト、朝日ライフアセットマネジメントでは、販売および、運用関連業務に従事し、投資信託業界での販売・運用・評価分析という幅広い経験から業界の裏事情まで熟知。定量・定性の両面から投資信託を評価できるファンド・アナリスト。

投資信託のリスクと費用について

投資信託は、商品によりその投資対象や投資方針、買付手数料等の費用が異なり、多岐にわたりますので、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託の取引にかかるリスク
  • 主な投資対象が国内株式

    組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が円建て公社債

    金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

  • 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの

    組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

各商品は、銘柄ごとに設定された買付又は換金手数料(最大税込4.32%)およびファンドの管理費用(信託報酬)等の諸経費をご負担いただく場合があります。また、一部の投資信託には、原則として換金できない期間(クローズド期間)が設けられている場合があります。

  • お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「買付手数料」:ファンドによって異なります。

  • 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用

    「ファンドの管理費用(信託報酬)」:ファンドによって異なります。

  • ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用

    「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

買付・換金手数料、ファンドの管理費用(信託報酬)、信託財産留保額以外にお客様にご負担いただく「その他の費用・手数料等」には、信託財産にかかる監査報酬、信託財産にかかる租税、信託事務の処理に関する諸費用、組入有価証券の売買委託手数料、外貨建資産の保管等に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息等がありますが、詳細につきましては「目論見書」で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また、「その他の費用・手数料等」については、資産規模や運用状況によって変動したり、保有期間によって異なったりしますので、事前に料率や上限額を表示することはできません。
各商品のお取引にあたっては、当該商品の目論見書、契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解いただくよう、お願いいたします。

投資信託に関する情報提供について

  • 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。
  • 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

登場人物紹介

外貨建てMMF・MRF年換算利回り(税引前)

直近7日間(更新日:

米ドルMMF(GS)
米ドルMMF(ニッコウ)
豪ドルMMF
NZドルMMF
カナダドルMMF
南ア・ランドMMF
トルコリラ建てMMF
ダイワMRF
MHAMのMMF

当該実績は、過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。


口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

Fund Picks 投資信託の運用方法を披露

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?