市場規模は急速に拡大!eスポーツ関連銘柄

2019年2月26日

eスポーツの市場規模は急速に拡大!将来的にはオリンピック種目にも?

【注目点】

  • 市場規模(売上高)は2021年に16.5億ドルに達し、2018年から8割程度増加する見込み。
  • 将来的にはオリンピック種目にも採用されるとの見方も。
  • 関連銘柄として、ゲーム制作会社の他、半導体メーカーにも注目。

市場規模(売上高)は2021年に16.5億ドルに達し、2018年から8割程度増加する見込み。

最近何かと話題になっている「eスポーツ」をご存知でしょうか?eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)はいわゆるTVゲーム・ビデオゲームを用いた対戦競技で、個人で戦う大会もあれば、サッカーの大会のようにチームを組んで戦う大会も開催されています。また、賞金が1億円を超える大会も数多く開催され、昨年開催された「The International 2018」という大会では、賞金総額が日本円で25億を超えています(1ドル=100円換算)。

また、多額の賞金が出る大会が数多く開催される中で、eスポーツの関連市場も急拡大しています。オランダの調査会社Newzooの推計では、2018年の市場規模は2017年から4割近く増加した模様。さらに、2021年には2018年から8割程度増加し、市場規模は16.5億ドルに達すると予想されています。

eスポーツの市場規模(売上高)推計2012年-2021年

単位:百万ドル 出所:Newzoo ※2018年以降は予想値

eスポーツの視聴者数推計2012年-2021年

単位:百万人 出所:Newzoo ※2017年以降は予想値

将来的にはオリンピック種目に採用されるとの見方も。

過去にはパリオリンピック招致委員会が2024年のパリオリンピックにeスポーツを公式種目として採用することを検討した事例もあり、オリンピック種目にeスポーツが採用されるのではとの議論は活発に行われてきました。しかしながら、国際オリンピック委員会(IOC)は2018年12月、eスポーツをオリンピックの正式種目に採用することは時期尚早との声明を出しており、近い将来にオリンピック種目に採用されることはどうやらなさそうです。

もっとも、2020年の東京五輪に合わせてeスポーツの大規模な世界大会が日本で開催されるとの報道や、2022年に開催されるアジア競技大会でeスポーツが公式種目に採用されるとの見方もあり、今後eスポーツの普及とともに、状況はまた変わってくる可能性もあります。

関連銘柄として、ゲーム制作会社などの他、半導体メーカーにも注目。

eスポーツ関連の銘柄としては、大会などでプレイされるゲームを製作している企業が最初に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。また、人気のゲームは複雑な3DCGを多用しているものが多くあり、CPUやGPU(画像処理用半導体)メーカーの他、DRAMメモリメーカーなどの半導体関連企業も候補となるかもしれません。以下に主な関連銘柄をリストアップさせて頂きましたので、ご参考になれば幸いです。

ゲーム関連銘柄

銘柄
コード
銘柄名 取引所 注目点
4751 サイバーエージェント 東証1部 国内最大級のeスポーツ大会「RAGE」を開催。また、「グランブルーファンタジー」や「ドラガリアロスト」などのスマートフォン向けゲームを展開している。
6758 ソニー 東証1部 ゲーム部門の売上高は全体の約3分の1を占め、「プレイステーション4」の累計販売台数は2018年末時点で9,000万台を突破している。傘下企業が展開するスマホゲーム「Fate/Grand Order」も好調。
7974 任天堂 東証1部 多額の賞金が支払われるeスポーツ大会は開催していないが、「Nintendo Live 2018」などの大会を開催。ゲーム機「Nintendo Switch」は2018年末時点で累計販売台数が3,227万台に達した。
9684 スクウェア・エニックス・HD 東証1部 人気のRPGゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズや「ファイナルファンタジー」シリーズなどを手掛ける。家庭用ゲーム機向けからスマートフォン向けゲーム、PC用オンラインゲームなど幅広く事業を展開。
9697 カプコン 東証1部 2018年には北米を中心に実施していたeスポーツ事業について、日本国内でも本格的に展開することを決定。「ストリートファイター」シリーズを活用したeスポーツ大会の開催などを行っている。
9766 コナミホールディングス 東証1部 世界累計販売本数が1億本(2018年3月末時点)を超えたサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズが各種eスポーツ大会に採用されている他、「プロ野球スピリッツ」シリーズも人気。
ATVI アクティビジョン・ブリザード NASDAQ 6人ずつのチームで対戦する「オーバーウォッチ」は、2018年5月時点で約4,000万人のプレイヤーがいる模様。第二次世界大戦などを舞台としたFPS「コール オブ デューティ(CoD)」シリーズも人気。
EA エレクトロニック・アーツ NASDAQ 同社が開発したサッカーゲーム「FIFA」シリーズを用いたスポーツリーグを開催している。また、戦争を題材としたFPSゲーム「バトルフィールド」シリーズも人気タイトルです。
TTWO テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア NASDAQ 米プロバスケットボール協会(NBA)と共同で「NBA 2Kリーグ」と呼ばれるeスポーツの大会を開催。「グランド・セフト・オート」や「バトルボーン」などのゲームも有名。
HUYA フヤ NYSE 中国のゲーム・ライブストリーミング企業で、ADRとしてNYSEに上場。ゲームプレイの実況や、トーナメント、ゲームショーの企画などを手掛ける他、バーチャル・アイテムの販売なども行っている。
700 テンセント 香港メイン 2016年に月間アクティブユーザー数が1憶人に到達した「リーグ・オブ・レジェンド」制作会社を傘下に持つ他、「クラッシュ・オブ・クラン」を制作したスーパーセルも傘下にある。

半導体関連企業

銘柄
コード
銘柄名 取引所 注目点
AMD アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD) NASDAQ エヌビディア(NVDA)と同様にGPUを手がける他、インテル(INTC)と同様にCPUも手がける。「Ryzen」シリーズのCPUは業界で圧倒的な地位にあったインテルに対する有力な対抗馬となっている。
MU マイクロン テクノロジー NASDAQ ゲームが高度化し、多くのメモリを消費するようになったことでDRAMメモリに対する需要が増加している。また、HDDよりも読み込み速度の速いSSDに対する需要も増加し、NANDメモリの追い風に。
INTC インテル NASDAQ CPU市場で圧倒的なシェアを誇る、世界最大級の半導体メーカー。また、世界的なeスポーツ・トーナメント・シリーズである「Intel Extreme Masters」をeスポーツ企業のESL社と共同で開催。
NVDA エヌビディア NASDAQ 3DCGのゲームをプレイする上で、同社のGPUが幅広く使われている。2018年にはリアルタイム・レイトレーシングに対応し、従来よりもリアルな表現ができる新型GPU、「GeForce RTX 20」シリーズを発表。

文字サイズ


国内株式のリスクと費用について

■国内株式 国内ETF/ETN 上場新株予約権証券(ライツ)

【株式等のお取引にかかるリスク】

株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。

【信用取引にかかるリスク】

信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

【株式等のお取引にかかる費用】

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 50円(55円)
10万円まで 90円(99円)
20万円まで 105円(115円)
50万円まで 250円(275円)
100万円まで 487円(535円)
150万円まで 582円(640円)
3,000万円まで 921円(1,013円)
3,000万円超 973円(1,070円)
※()内は税込金額

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 90円(99円)
20万円まで 135円(148円)
50万円まで 180円(198円)
50万円超 350円(385円)
※()内は税込金額

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで 100円(110円)
50万円まで 238円(261円)
100万円まで 426円(468円)
150万円まで 509円(559円)
3,000万円まで 806円(886円)
3,000万円超 851円(936円)
※()内は税込金額

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
50万円まで 0円
100万円まで 858円(943円)
200万円まで 2,000円(2,200円)
300万円まで 3,000円(3,300円)
以降、100万円増えるごとに1,100円追加。
※()内は税込金額
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

【貸株サービスにかかるリスクおよび費用】

リスクについて
貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」になります。株券等を貸し付けいただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
当社の信用リスク
当社がお客様に引き渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いすることになりますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様が取得できないことになります。
投資者保護基金の対象とはなりません
なお、貸し付けいただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管の対象とはならず、投資者保護基金による保護の対象とはなりません。
手数料等諸費用について
お客様は、株券等を貸し付けいただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。
配当金等、株主の権利・義務について
貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸出期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。
株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、権利を獲得するため自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出し設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。
貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。
株主優待、配当金の情報について
株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。お取引にあたりましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。
大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について
楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
税制について
株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。
税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。

外国株式等の取引にかかる費用

1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.45%(0.495%)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:20米ドル(22米ドル)
中国株式 約定代金の0.5%(0.55%)・最低手数料:500円(550円)・上限手数料:5,000円(5,500円)
アセアン株式 約定代金の1.00%(1.10%)・最低手数料:500円(550円)・手数料上限なし
※()内は税込金額
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,000円(税込2,200円)が追加されます。