現在地
ホーム > 先物・オプション > 入門講座 > Lesson 6 追証の発生と対処について

Lesson 6
追証の発生と対処について

  • 日経225先物/日経225ミニ

今回は、「日経225ミニ取引」をおこなうにあたって、必ず理解しておかなくてはならない「追証(おいしょう)」についてご説明いたします。

ここでは、楽天証券で「日経225ミニ」のみを取引している場合でご説明いたします。

追証(おいしょう)とは…
損失が増えていって、維持しなければならない証拠金の額(=「最低証拠金所要額」=「SPAN証拠金額」)を「受入証拠金」が下回った場合に、追加して差し入れなければならない証拠金のことです。

追証は15:15の日中立会終了後に判定します。追証になった場合の追証の入金期限は翌営業日の正午までです。

まず、2014年3月20日(木)時点の「追証」のラインである「最低証拠金所要額」は、大阪取引所の定める証拠金の額である「SPAN証拠金額」と同じ69,000円です。

2014年3月20日(木)時点の当社証拠金所要額におけるSPAN証拠金額の掛目は1.0倍なので、この場合には「日経225ミニ」を1枚注文を出す場合に必要な証拠金(=「当社証拠金所要額」)と「追証」のラインである「最低証拠金所要額」(=「SPAN証拠金額」)が同じになります。

よって、69,000円だけを証拠金に差し入れて1枚の取引をおこなった場合には「日経225ミニ」の価格が予想と反対方向に動いて含み損が生じると、「受入証拠金」が69,000円を割り込んでしまいますので、十分注意してください。

  • 実際に注文を出す場合には、証拠金+取引手数料分の資金が必要です。
  • 追証判定は15:15の日中立会終了後におこないます。

それでは、例として、2014年3月20日(木)に120,000円の証拠金を差し入れて「日経225ミニ」を1枚15,000円で買建てた場合を考えてみましょう(※ 手数料は考慮しておりません)。

2014年3月20日(木)時点の「追証」のラインは69,000円なので、120,000円の証拠金を差し入れている場合は、「追証」までに51,000円の余裕があることになります。

「日経225ミニ」の実際の売買代金は、価格を100倍した金額なので、15,000円×100倍=1,500,000円の買いポジションを持っていることになるため、51,000円の損失が発生する場合というのは、価格が510円下がった時ということになります。

つまり、15,000円で買って14,490円よりも価格が下がって15:15の日中立会終了をむかえると追証発生ということになるのです。

そこで、ここでは「日経225ミニ」を1枚15,000円で買って、価格が最終的に14,300円で15:15の日中立会終了をむかえたと仮定した場合について考えてみます。

この場合、買った価格から価格が700円下がっているので、最初に差し入れた120,000円の証拠金に対して70,000円の含み損が生じていることになります。つまり、「受入証拠金」はこの時点で50,000円になっています。
維持しなければならない証拠金の額(=「最低証拠金所要額」=「SPAN証拠金額」)は69,000円ですので、19,000円足りないことになるのです。

よって、この19,000円を証拠金に追加で差し入れてくださいというのが、一般的にいう「追証」です。「追証」は「追加証拠金」の略になります。

そして、この「追証」が発生した場合の追証の入金期限は、翌営業日の正午までです。
入金期限が短いので、余裕をもって証拠金を差し入れておいて、できるだけ追証が発生しないようにしておくことも重要です。

なお、15:15の日中立会終了時点で建玉を保有していない場合には「追証」になることはないので、前営業日の16:30から当日の15:15までにポジションを必ず解消するデイトレードをおこなう場合には、「追証」が発生することはありません。

ただし、前営業日の3:00から当日の9:00までの取引ができない時間帯に価格が大きく動くこともございます。そういったリスクをできるだけ回避するといった意味合いにおいては、16:30~3:00と9:00~15:15の時間帯ごとにポジションを解消するというリスク回避手法もございます。

今回は、以上になります。

先物・オプション取引のリスクと費用について

株価指数先物・株価指数オプション取引にかかるリスク
株価指数先物・オプションの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下しますので、これにより損失が生じるおそれがあります。また、株価指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。株価指数オプション取引はオプションを行使できる期間には制限があります。また、株価指数オプションの市場価格は、現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。
価格の変動率は現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。
株価指数オプション取引における買方特有のリスク
株価指数オプションは期限商品であり、買方が期日までに権利行使または転売をおこなわない場合には権利は消滅し、買方は投資資金の全額を失うことになります。
株価指数オプション取引における売方特有のリスク
売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、売方は、株価指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れまたは預託しなければなりません。その後、相場の変動により証拠金の額に不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れまたは追加預託が必要となります。所定の時限までに不足額を差し入れない場合等には、建玉の一部または全部を決済・処分させていただく場合もあります。この場合、その決済で生じた実現損失について責任を負う必要があります。
売方は、権利行使の割当てを受けた際には必ずこれに応じる義務があり、権利行使価格と最終清算指数(SQ値)の差額を支払う必要があります。
株価指数先物取引にかかる費用
株価指数先物取引の委託手数料は、278円(税込:300.24円)/1枚がかかります。日経225ミニ取引、東証マザーズ指数先物取引の委託手数料は、38円(税込:41.04円)/1枚がかかります。
株価指数オプション取引にかかる費用
株価指数オプション取引の委託手数料は、売買代金の0.18%(税込0.1944%)がかかります。
※ただし、最低手数料180円(税込194.4円)がかかります。
委託証拠金等について
株価指数先物・オプション取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)によって計算され、「(SPAN証拠金額×当社が定める証拠金掛目)-ネット・オプション価値総額+先物両建て証拠金」となります。
  • 先物両建て証拠金=(建玉枚数-ネットデルタの絶対値)×0.5×株価指数先物取引1枚あたりのSPAN証拠金×当社が定める証拠金掛目
  • 先物両建て証拠金は、価格の変動に損益が連動しない建玉(両建玉)を保有している場合であっても、上記算出式に基づく証拠金額が必要です。
  • 日経225ミニ取引は、日経225先物取引の1/10の証拠金でお取引が可能です。

楽ラップ

口座をお持ちでない方へ

まずは無料で口座開設

口座開設

口座開設中のお客様

クイック口座開設手続き中のお客様

システム関連のお知らせ

よくあるご質問

お問い合わせランキング

Marketspeedダウンロード

Marketspeed for Macダウンロード

MarketspeedFXダウンロード

 お友達紹介プログラム

お客様の声をカタチに

楽天証券へ資料請求して、今すぐご利用いただけます。

楽天証券資料請求はこちら

「ログイン前の登録銘柄と同期する」設定をしていただくことでご利用いただけます。

設定はこちらから

上記より楽天会員にログインしてください。

ポートフォリオ機能とは?

お気に入り登録機能とは?