取引に必要な証拠金のルール(スパン)について

2011年1月4日から開始された、国内の商品先物取引における証拠金のルールについて、無理なくご理解いただけるようお知らせします。

特長は、個別の建玉ごとの証拠金を合計するのではなく、保有する建玉全体で必要となる証拠金額を算出する点です。
このため、建玉の組み合わせによっては、必要な証拠金の減少が見込まれ、投資効率が高まることになります。

  • お客様のご希望により、従来の本証拠金のような計算方法となる「枚数合算型」を選ぶこともできます。

必要な証拠金の減少が見込まれる建玉の組み合わせの一例

同一銘柄・同一限月での買いと売りの建玉の組み合わせ

(例)金の○月限の買いと金の○月限の売りの組合せ

同一銘柄で、異なる限月の買いと売りの建玉の組み合わせ

(例)金の○月限の買いと△月限の売りの組合せ、大豆の○月限の買いと△月限の売り・・・など

異なる銘柄の買いと売りの建玉の組み合わせ

(例)ガソリンの買いと原油の売りの組合せ、大豆の買いとコーンの売りの組合せ・・・など

証拠金のルール「スパン」の一般的な考え方

新しい証拠金のルールは、世界の主要取引所が採用しているもので、「スパンベース証拠金制度」と呼ばれています。
「スパン」とは、「Standard Portfolio Analysis of Risk」の略です。

「スパン証拠金制度」では、持っている建玉の全体のリスクの大きさから、必要な証拠金が決まります。

新しい証拠金のルール「スパン」の一般的な考え方

  • 実際の取引におきましては、買いと売りの建玉を同枚数もった場合でも、証拠金が0円になるわけではありません。

無料商品先物取引をはじめるには、口座開設が必要です

  • ※証券総合取引口座をお持ちであることが必要です。
  • ※ログインには国内商品先物専用のログイン情報
    (ユーザーID・パスワード)が必要です。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方