銀の特長

銀は、金と同じように宝飾品の材料や通貨の代替手段として古くから利用されてきました。近代以降は、加工のしやすさや熱伝導率の高さなどから工業品としても数多く利用されており、かつては特にフィルムの材料としても知られます。金に比べると取引や保有の規制が緩いことなどから、しばしば投機マネーの買い占めの対象などにもなっており、投資商品としても長年高い人気を持っています。

銀の用途

銀は古代から人々に親しまれてきた金属であり、現在でも宝飾品や食器、通貨などの材料として広く利用されています。熱伝導率が高い、加工がしやすいといった特徴から工業用の需要も高く、現在生産される銀の6割は工業品として使われています。かつては写真フィルムの材料として大きな需要を抱えていましたが、近年この需要は大きく減っており、代わりにプラズマテレビなどのエレクトロニクス産業、太陽光パネルや電池、化学触媒、抗菌性を活用できる医療などの分野で確実に重要を伸ばしています。

銀の取引要綱

取引の種類 現物先物取引
限月 新甫発会日の属する月の翌月から起算した12月以内の各偶数限月
当月限納会日 受渡日から起算して4営業日前に当たる日。
立会時間
  • 日中取引:8:45~15:15
  • 夜間取引:16:30~翌5:30
取引単位 10,000g(1枚)
呼値とその値段 1g当たり0.1円刻み
  • 0.1円の値動きで1,000円の差損益になります。

工業品としての銀(シルバー)

一方で、銀は20年以上も産業用としての需要が右肩上がりです。

すべての金属のなかでも最高の電気と熱の伝導性を持ち、いろいろな電気関係製品に使われます。 耐熱性も高く自動車の窓のシールドや、接点の接着剤にも使われています。 このため、景気動向に値動きを左右されやすい銘柄と言えます。

銀と金の関係

銀と金を比較した場合、金の価格に比べて割安だと買われ、割高だと売られる傾向にあります。

非鉄金属相場との関係

銀の採掘の多くが、非鉄金属など(亜鉛やニッケルなど)の採掘とともに付属的に取れるもので、その割合はおよそ6割といわれています。そのため、非鉄金属相場や他の貴金属の影響を受けやすく、たとえば亜鉛やニッケルが多く採掘されれば、それだけ多くの銀も採掘されるため、価格は押し下げられる傾向にあります。

また、CO2排出量取引でも注目されていますが、太陽光電池での利用は爆発的に伸びています。 太陽光から電流を取り出し、それを電線に送る上で銀が広く利用されています。 太陽光電池のようなクリーンエネルギーに対する需要は高まる一方です。 原油価格の高騰もあり、成長が期待されています。

グラフ:銀(シルバー)の産業用需要と需要合計

(単位:トン データ:『World Silver Survey 2013』)

工業用 写真 宝飾品 銀器 コイン
および
メダル
加工用
合計量
生産者
ヘッジ
解消
投資 需要
合計量
2003年 11,459 5,999 5,809 2,646 1,110 27,023 653 - 27,675
2004年 12,120 5,562 5,834 2,123 1,318 26,957 62 168 27,188
2005年 13,385 4,987 5,858 2,164 1,246 27,640 - 1,963 29,603
2006年 14,090 4,423 5,489 1,973 1,237 27,212 362 1,228 28,801
2007年 15,124 3,658 5,718 1,913 1,235 27,649 750 - 28,398
2008年 15,268 3,151 5,570 1,860 2,031 27,880 269 291 28,439
2009年 12,553 2,467 5,559 1,711 2,450 24,740 541 3,616 28,898
2010年 15,576 2,242 5,997 1,642 3,092 28,550 - 4,924 33,474
2011年 15,173 2,057 5,800 1,502 3,681 28,213 - 4,116 32,330
2012年 14,490 1,797 5,771 1,396 2,884 26,339 1,289 4,976 32,604

無料商品先物取引をはじめるには、口座開設が必要です

  • ※証券総合取引口座をお持ちであることが必要です。
  • ※ログインには国内商品先物専用のログイン情報
    (ユーザーID・パスワード)が必要です。

文字サイズ

総合口座をお持ちでない方