ゴム

ゴムの特長

高層ビルの免震設備、航空機、産業機器、医療機器など、ゴムの需要はさまざまですが、日本国内における需要のなかで、その大半が自動車のタイヤやチューブで占められています。
よって、自動車の生産台数は、価格変動の要因の一つとなります。

RSS3号とは

ゴムの種類は天然ゴムと合成ゴムの二種類に分けられます。このうち、国内で取引されているのは、天然ゴムで、RSS3号(リブド・スモークド・シート)と呼ばれるシート状に加工されたゴムです。自動車業界は主にこれを利用しています。

生産国

ゴムは、東南アジアが主な供給国となります。その中で、日本のマーケットへ供給されるRSS3号は、主にタイが生産国となります。よって、タイの天候や政治経済によって、需給バランスが変わってしまうこともあります。
またタイに続く生産国として、インドネシアやマレーシアなどがあります。こちらの天候や政治経済においても同様のことが言えます。よって、タイ、インドネシア、マレーシアの3国の天候や政治経済事情は、把握しておきたい情報です。

為替変動にも注意

すべての商品にいえることですが、日本はほとんどのものを輸入に頼っています。
よって、為替変動は価格変動の要因となります。

東京ゴムの取引要綱

取引の種類 現物先物取引
限月 新甫発会日の属する月の翌月から起算した6月以内の各限月
当月限納会日 受渡日から起算して5営業日前に当たる日日。
立会時間
  • 日中取引:8:45~15:15
  • 夜間取引:16:30~19:00
取引単位 5,000kg(1枚)
呼値とその値段 1kg当たり0.1円刻み
  • 0.1円の値動きで500円の差損益になります。

このページの先頭へ