金・ゴールドスポット100(金限日)・金ミニ

金の特徴

金は古くから貨幣としても用いられ、また現代に至っても装飾品などとして、多くの人々に親しまれています。金の特長は腐食や変質がなく、熱伝導の性質を持つことから、宝飾品だけではなく、医療や電子工業用など、さまざまな分野で必要とされ、需要が高い点にあります。

日本の金は純度が高い

金は鉱石で採掘された後、精製されて「金地金」が作られます。日本では純度が1000分の995以上のものと法定されていますが、実際には999.9のものが作られ、流通しています。ちなみに欧米では995以上、香港などでは990以上のものが流通しています。

金の品位区分

金含有率(%) 99.99 91.5 83.5 75.0 62.5 58.5 50.0 41.7 37.5
区分表示 K24 K22 K20 K18 K15 K14 K12 K10 K9

景気に左右される

金はインフレヘッジ機能を持つといわれ、インフレ率が高まるとその需要が増え、低くなると需要が抑えられる傾向にあります。また、国際情勢に敏感に反応し、各国の株式市場の大暴落などが起こると、現物資産である金へ資金がシフトされる傾向もあります。

通貨に左右される

金は世界の主軸となるドル通貨と密接な関係にあり、ドル建ての金はドルの上昇傾向においては下落し、逆にドルの下落傾向においては上昇します。日本は輸入国ですから、金の価格は、円安では高値に、円高では価格の安値につながります。

金の取引要綱

取引の種類 現物先物取引
限月 新甫発会日の属する月の翌月から起算した12ヶ月以内の各偶数限月
立会時間
  • 日中立会:8:45 ~ 15:15
  • 夜間立会:16:30〜翌日5:30
取引単位 1000g(1枚)
呼値とその値段 1g当たり1円刻み
  • 1円の値動きで1,000円の差損益になります。

ゴールドスポット100(金限日)の取引要綱

取引の種類 限日現金決済先物取引
限月 なし
立会時間
  • 日中立会:8:45 ~ 15:15
  • 夜間立会:16:30〜翌日5:30
取引単位 100g(1枚)
呼値とその値段 1g当たり1円刻み
  • 1円の値動きで100円の差損益になります。

金ミニの取引要綱

取引の種類 現金決算先物取引
  • 差金決済のみですので、現物による受渡決済はできません
限月 標準取引と同様
立会時間
  • 日中立会:8:45 ~ 15:15
  • 夜間立会:16:30〜翌日5:30
取引単位 100g(1枚)
呼値とその値段 1g当たり1円刻み
  • 1円の値動きで100円の差損益になります。

金、ゴールド100(金限日取引)、金ミニの比較

金(標準) ゴールド100
(金限日取引)
金ミニ
取引の種類 現物先物取引 限日現金決済先物取引 現金決済先物取引
取引単位 1,000g 100g 100g
最終決済価格 - - 標準取引の日中立合の始値
限月 新甫発会日の属する月の翌月から起算した12か月以内の各偶数限月 - 新甫発会日の属する月の翌月から起算した12か月以内の各偶数限月

このページの先頭へ