ガソリン

ガソリンの特長

ガソリンはレギュラーやハイオクといった純度によって分別され、その多くは自動車燃料に利用されます。しかし、その値段を大きく決定付けるのは主に、原油価格と為替動向に加え、自動車の需給動向も大きく関係してきます。自動車の販売台数は、景気にも左右されますので、価格を見据える上で着目するべき点は多いといえそうです。

原油相場が大きなカギとなる

ガソリンは、原油から精製されるため、原油価格の動向によって、ガソリンの価格も大きく変わります。特にニューヨーク市場の原油相場の動向は、日本の市場においても影響を与えることになりなり、原油価格高騰は、ガソリン価格の高騰に直結します。

ガソリンの取引価格は税抜きで

通常、我々がガソリンスタンドなどで、給油する際は、1L(リットル)あたりのガソリン価格がガソリン税や消費税といった税込みで表示されますが、商品先物取引市場においては、1KL(キロリットル)あたりのガソリンを税抜き価格で売買されます。値段を見れば、どれだけ日本のガソリン税が高いかがわかります。

東京ガソリンの取引要綱

取引の種類 現物先物取引
限月 新甫発会日の属する月の翌々月から起算した6月以内の各限月
当月限納会日 当月限の前月25日(当日が休業日に当たるときは、順次繰り上げる。)
立会時間 東京ガソリン
  • 日中取引:8:45~15:15
  • 夜間取引:16:30~翌5:30
中京ガソリン
  • 日中取引:8:45~15:15
  • 夜間取引:16:30~翌5:30
取引単位 東京ガソリン 50キロリットル(1枚)
中京ガソリン 10キロリットル(1枚)
呼値とその値段 東京ガソリン 1キロリットル当たり10円刻み
  • 10円の値動きで500円の差損益になります。
中京ガソリン 1キロリットル当たり10円刻み
  • 10円の値動きで100円の差損益になります。
  • 中京ガソリンにつきましては、当社では2013年8月1日より新規での取引を停止させていただいております。

このページの先頭へ