注文方法

MetaTrader4での注文方法についてご説明します。

成行注文

STEP
取引したい銘柄を選択して右クリック→「新規注文」をクリックすると「オーダーの発注」画面が表示されます。

STEP
取引したい銘柄の確認や取引数量等を入力し、発注します。

オーダーの発注画面の見方

1通貨ペア 選択した銘柄が表示されています。また、右側の「▼」をクリックするとプルダウンから他の銘柄を選ぶことができます。
2数量 取引数量の入力欄です。プルダウンから選択、または任意で入力することもできます。(MT4の取引単位はLotとなりますのでご注意ください)
3決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P) 注文と同時に、任意で決済注文を出すこともできます。その場合は決済したい価格を入力してください。
4コメント 注文に対して、任意でコメントを残すことができます。
5注文種別 注文の種類が表示されています。プルダウンから指値注文に変更することもできます。
6成行売り、成行買い 成行で売り注文をする場合は「成行売り」、買い注文をする場合は「成行買い」をクリックします。

STEP
新規注文後、MetaTrader4下部のターミナル画面から「取引」タブを表示すると、注文中の建玉を確認することができます。

指値/逆指値注文

オーダーの発注画面の「注文種別」にて「指値注文(Pending Order)」に変更すると、指値注文のメニューに切り替わります。注文種別を選択し、価格を入力してください。発注ボタンをクリックすると指値注文を出すことができます。

注文種別は4種類あります

Buy Limit(買い指値注文) 注文時のレートよりも低い買いレートを指定します
Sell Limit(売り指値注文) 注文時のレートよりも高い売りレートを指定します
Buy Stop(買い逆指値注文) 注文時のレートよりも高い買いレートを指定します
Sell Stop(売り逆指値注文) 注文時のレートよりも低い売りレートを指定します

決済注文

決済注文を出す方法は3種類あります。

方法1

MetaTrader4下部のターミナル画面から「取引」をクリックし、決済したい建玉詳細の右上にある「×」をクリックすると、建玉を決済することができます。

方法2

MetaTrader4下部のターミナル画面から「取引」をクリックし、決済したい建玉詳細を選択して右クリック→「決済注文」をクリックすると、建玉を決済することができます。

方法3

チャート上の建玉のラインの上で右クリックし「閉じる」を選ぶと建玉が決済されます。

ワンクリック注文

ワンクリック注文を活用すると、スピーディに新規注文を出すことができます。ワンクリック注文は「成行」で発注されます。

  1. 取引したい銘柄のチャート上で右クリック→「ワンクリックトレード」をクリックすると、チャート上にレートパネルが表示されます。
  2. レートパネルの中央に取引数量を入力します。両側にある「▲」「▼」をクリックすると取引数量を変更することができます。直接入力することも可能です。なお、取引数量はLotとなります。
  3. 「Sell」または「Buy」レートの部分をクリックすると注文することができます。

トレイリング・ストップ

  1. MetaTrader4下部のターミナル画面から「取引」をクリックします。
  2. 決済したい建玉を右クリック→「トレイリング・ストップ」を選択すると、15~50ポイントの幅でトレール幅を選択することができます。「カスタム設定」から任意の数値を入力して設定することもできます。

「カスタム設定」を選択した場合

「カスタム設定」を選択すると、以下の設定画面が表示されます。
任意の数値を入力し、OKボタンをクリックするとトレール幅が設定できます。

トレイリング・ストップ使用時のご注意

  • MetaTrader4では、1ポイント=0.1pipsとなりますので、デフォルト最低値の15ポイントは1.5pipsです。
  • トレイリング・ストップは、決済の逆指値注文のレートがある一定の値幅で追従していく注文方法です。逆指値注文(STOP注文)は別途設定する必要があります。
  • トレイリング・ストップは、MetaTrader4の起動時のみ有効です。ログオフ時はトレールされず、最後に変更された逆指値注文が有効となりますのでご注意ください。

文字サイズ

FX口座をお持ちでない方

CFD取引のリスクと費用等について

CFD取引にかかるリスク

CFD取引は、お取引の対象となる銘柄の価格変動、金利相当額、配当相当額、価格調整額の支払い、各国の経済、社会情勢、金融政策、金融指標等の変動により損失が生じるおそれがあり、投資元本が保証されたものではありません。また、CFD取引は差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため大きな損失が発生する可能性があり、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。

CFD取引にかかる費用等

CFD取引の取引手数料は無料です。なお、取引にあたっては各銘柄の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは銘柄ごとに異なります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。

証拠金について

株価指数CFDは個人口座、法人口座とも取引の額に対して10%以上、商品CFDは個人口座、法人口座とも取引の額に対して5%以上の証拠金が必要となります。

ご質問は
ありませんか?