本プログラムはエントリー不要です。

信用デビューでもれなく200ポイントプレゼント!信用デビュー応援プログラム

↓↓↓信用取引口座の開設が必要です。お申込みはこちらから↓↓↓

  • 本プログラムは、予告なく内容を変更・中止する場合がございます。
  • 同時期に同一商品を対象としたキャンペーンを開催している場合には、重複して特典を受けることはできません。
  • 法人および未成年口座のお客様ならびにIFA(金融商品仲介業)のお客様は、本プログラムの対象外とさせていただきます。
  • ポイント付与作業時に信用取引口座もしくは総合取引口座を閉鎖されているお客様は対象外とさせていただきます。
  • 現引、現渡のみの場合や返済注文のみの場合は対象外となります。

信用取引の3つのメリットをおさらい!

信用取引をはじめる前に、信用取引のメリットについてチェックしてみましょう!

約3.3倍のレバレッジ効果!手持ちの資金を有効活用できます!

信用取引は、資金や株式を借りて元手以上の売買を行う取引です。たとえば、株価が1株1万円以上する企業の株を買いたいと思っても、100万円以上の資金をその銘柄を買うためだけに用意するのは、簡単なことではありません。

ですが、信用取引は手持ちの資金の約3.3倍の取引ができるので、約30万円と取引手数料分があれば100万円の株を購入することができるのです。このように、売買できる銘柄の幅が広がるのも信用取引を活用するメリットの1つです。

1日に何度も取引できるから資金効率がいい

株の現物取引には、「同じ資金を使って1日のうちに何度も同じ銘柄を取引することはできない」というルールがあります。となると、現物取引で同じ銘柄を何度も取引をする場合にはたくさんの資金が必要となります。

しかし、信用取引を利用すれば同じ資金で何度も同じ銘柄を売買することができるのです。効率よく、資金を利用することができます。

取引を売りからはじめられるから下落相場でも

信用取引では「買い」からだけでなく、「売り」からも取引を始められます。「買い」からしか取引を始められない現物取引の場合、相場下降局面では損失が出てしまいます。

一方、信用取引では「空売り」をすることにより、収益チャンスに変えることが可能です。この空売りでは株価が下がれば下がるほど利益が大きくなるため、相場環境が悪いときに効果を発揮します。

さらに詳しく知りたい場合はこちら

もっと詳しく知りたい!

信用取引の仕組みや魅力について詳しくご説明いたします。はじめての信用取引のご参考に。

信用取引を始める前に、信用取引ガイドをチェックしよう!

これ1冊で大丈夫!

信用取引をまだやったことがない、という方はぜひ信用取引ガイドをご覧ください!

【本書のポイント】

  • イメージ図が豊富なので信用取引の仕組みがしっかり分かる
  • 信用取引のリスクを抑えて勝率を上げるテクニックを伝授
  • タイプ別診断でピッタリの取引が見つかる
  • 現物取引しかしない投資家にも役立つ情報が満載

プログラム詳細

プログラム内容 はじめての信用取引で、もれなく200ポイントをプレゼントいたします。
  • 本プログラムにエントリーは不要です。
プログラム対象者 はじめて信用取引されたお客様
  • 2012年12月31日以前に信用取引をされていても、2013年1月1日以降はじめて信用取引を行えば対象となります。
  • 現引、現渡のみの場合や返済注文のみの場合は対象外となります。
  • ポイント付与作業時点で総合取引口座もしくは信用取引口座を閉鎖されているお客様、IFA口座に転換済みのお客様は対象外とさせていただきます。
  • 法人および未成年口座(ジュニアNISA口座含む)のお客様ならびにIFA(金融商品仲介業)のお客様は、本プログラムの対象外とさせていただきます。
ポイント付与時期 はじめて信用取引された日の翌月中旬(予定)
  • 約定日を基準とします。
例)3月31日(金)に発注し、4月3日(月)に約定した場合
→デビュー日は4月とし、翌月5月中旬にポイント付与予定です。
ご注意事項
  • 同時期に同一商品を対象としたキャンペーンを開催している場合には、重複して特典を受けることはできません。
  • 証券総合取引口座開設のお手続きは1週間から2週間程度かかります。また信用取引口座の開設手続きは、さらに3営業日程度かかります。(信用取引口座開設には審査がございます。電話での面接が必要となる場合がございます。)
  • 本プログラムは、予告なく変更もしくは中止、または内容を変更する場合がございます。
  • ポイント付与時点で総合取引口座もしくは信用取引口座を閉鎖されているお客様、IFA口座に転換済みのお客様は対象外とさせていただきます。
  • 法人および未成年口座(ジュニアNISA口座含む)のお客様ならびにIFA(金融商品仲介業)のお客様は、本プログラムの対象外とさせていただきます。

↓↓↓信用取引口座の開設が必要です。お申込みはこちらから↓↓↓